パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

「いい人」は、「自分ではない、誰かのため」を意識するようにする。

投稿日:2016年12月11日 更新日:

「いい人」は「自分ではない誰か」のために動きます。

ですから、身動きが取れないときにこそ、

「誰かのため」を考える必要が出てきます。

 

【1】「誰かのため」を考えると、行動できる

「いい人」の特徴は、

「誰かのため」が強いモチベーションとなることです。

 

他人からみたら”きれいごと”かもしれません。

または、自己満足に見えるかもしれません。

でも、それでよいのです。

 

 

大切なことは、身動きできない状況から逃れること。

 

たとえば、パワハラで身動きできない状況から動くために、

家族のためだと考えて、転職活動を始めるのはよいことでしょう。

動かずに耐えているよりは、かなり建設的です。

 

また、会社のためと考えて、

職場の改善のための行動を起こすのもよいでしょう。

たとえば、トップに直談判したり、労働局に通報したり、

職場のために動き出すことができるなら、

それは素晴らしいことです。

 

【2】「誰かのため」を考えると、創造的になる。

「いい人」は、自分のためだとやる気がわきません。

そして、やる気も長続きがしません。

 

モチベーションは「誰かのため」にあるのです。

 

そうすると、自然と結果を求めるようになります。

 

パワハラ被害者を助けたいと思っているのに、

パワハラ被害者にメッセージが届かないのは

おかしなことです。

 

そうすると、さまざまな方法を自然と考えるようになります。

たとえば、私はブログ、Youtube、twitterをしているだけでなく、

電子書籍を出版したり、ポッドキャストも不定期で配信しています。

 

これはもちろん、私自身の利益のためでもあります。

ですが、さまざまな方法を思いつくのは、やはり、

どうやったらパワハラ等で辛い状況にある「いい人」を

サポートできるかを、ずっと考えているからです。

自分のためだと考えると、どうしてもやる気が続かず、

むしろむなしくなってくるものです。

【3】 「誰かのため」だと粘り強くなる。

『GRIT』という本の中で、やり抜くためには情熱が必要だとしています。

そして、その情熱とは、興味と目的があること。

言い換えると、他者にとって意味があることであり、

自分にとっての楽しいことです。

 

つまり、誰かのためであり、

それが自分の喜びにもつながっている場合、

人は自然と粘り強くなるのです。

 

だからこそ、行動を起こし、さまざまな解決策を探すのでしょう。

 

これも考えてみれば当然のことです。

あなたがそれをやめてしまえば、

その誰かがあなたの恩恵を受けられなくなります。

だからこそ、粘り強くいられるのです。

 

【4】素直に「誰かのため」を認める

私達は、家や学校では「誰かのため」を褒められてきました。

しかし、社会一般においては

「偽善的な行為」、「自己満足」と揶揄されるため、

「いい人」であることを隠さなければ、

ならなくなっています。

 

でも、人のためにを素直に認めてもいいじゃないですか。

 

誰もが、本音の部分では

社会のためや人のために働く人を求めています。

 

また、善行を偽善だと揶揄したり、

自己満足だと言う人を、

吐き気を催すぐらい嫌っているものです。

 

いわゆる「いい人」が好きか嫌いかは、

価値観の問題です。

ですから、あなたはその価値観を素直に認めればいい。

 

もちろん、「いい人」がハッピーに生きるには、

生きづらい部分はあるかもしれません。

しかし、「いい人」で生きることは無理なことではありません。

心理学的にも、「いい人」でありつつ、成功者と呼ばれる人は多いことが

分かっています。

 

素直に、「いい人」でいたいと認めましょう。

そして、そのために少しずつでも、

できることを行っていきましょう。

 

「誰かのため」だと思って進みましょう。

 

自分が辛い状況にあるときは特に、

「誰かのため」を考えるようにしましょう。

すると、きっとあなたの中に、

行動を起こす強いモチベーションが生まれてくるはずです。

 

〈追伸〉

もし今回の記事があなたのお役に立ったなら、

ぜひ私のメルマガにもご登録ください。

きっとあなたのお役に立つと思います。

minilp-mikuni entry-buttonpwhr

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラがフラッシュバックするのは、あなたが弱いからでは決してない。

パワハラは、その職場から離れた後でも悪影響を及ぼします。 その職場のある方向に向かうだけでもフラッシュバックして、体調が悪化することもあります。 それは誰にでもあることであって、あなたが弱いからではあ …

no image

パワハラ被害を相談して二次被害を受けたら、感謝を述べた上で、別の人に相談する。

パワハラ被害を相談して、「あなたにも悪いところがある」と言われたら、その相手は信用してはいけません。 もちろん、あえて敵に回す必要はありません。ですから、まずは丁寧に感謝を述べましょう。 その上で、別 …

no image

パワハラ加害者に対して、アサーティブな自己主張を心掛ける。

アサーション(またはアサーティブ・コミュニケーション)と呼ばれる自己主張法があります。   アサーションは、攻撃的にも、受動的にもならない、建設的な自己主張法です。 アサーションを身に付ける …

no image

パワハラで会社を辞めたいと思うのは、「甘え」なのか。

パワハラを受けて、 辞めたいと思うことは当然です。 そして、それは甘えではありません。   むしろ、「辞めたい」と思いながらも、 何も行動を起こさない方が、 現状に甘えているのではないのでし …

no image

パワハラに打ち勝つために必要なものは、「絶対に味方でい続けてくれる人」

あなたは、もともと強い人です。   なぜなら、陰湿な仕返しをしていないから。   パワハラという、人間の汚い部分を知った上で、 自分は正しくありたいと思っているからこそ、 適法行為 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。