パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラを受けて仕事を辞めたいけれど、辞めるのは悔しい!

投稿日:2016年9月8日 更新日:

パワハラを受けて仕事を辞めたい!

だけど、辞めるのは悔しい!

こんな気持ちになりますよね。

今回は、そのような場合の対処法について、です。

 

【1】まずはセーフティーネットを作る。

仕事を辞めたいと思ったときに、

最初にしてほしいことは、

セーフティーネットを作ること。

 

「いつでも辞められる」という環境づくりに向けて、

動き出すことです。

会社に依存しなくてもよい状況づくりとも言えます。

 

それは転職活動かもしれませんし、

副業・起業を始めることかもしれません。

 

【2】退職後に、仕返しをすればいい。

会社を辞めるのが悔しいなら、

会社を辞めた後に仕返し、復讐をすればいい。

 

ですから、まずはセーフティーネットを作り、

辞められる状況を作ることを目指す。

 

そして、実際にその状況ができたら、

辞めてしまって、復讐を開始すればいい。

 

【3】パワハラ問題のほとんどは、事後救済

もともと、パワハラ問題のほとんどは事後救済。

パワハラを受けて退職した後に、

損害賠償請求をするという形がほとんどです。

 

 

仕返しをする人は、ほとんど会社を辞めた後に行っているわけです。

 

悔しいから辞められないと思う必要はないのです。

辞めてから悔しい思いが残っていたら、

存分に仕返ししてあげればいい。

 

でも、それによってあなたの人生にリスクを負う必要はないので、

まずは自分の安全確保をすればいいのです。

 

悔しいからといって、そんな会社に残っている必要はありません。

辞めてからしっかりとお返しをしてあげればいい。

ですから、まずは辞めることができる状況づくりに向かって、

ぜひ動き出してくださいね。

 

 

20160804

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ご自身も、枠にはめられてきた内山さん

 昨日、    ありがとう出版の内山さんに、    ネット放送『非常識?教育会議』に出演していただきました。       『非常識?教育会議』は、    教育に …

no image

パワハラ(職場モラハラ)を法律上の戦いではなくて、心理戦

職場モラハラやパワハラは心理戦です。しかも圧倒的に不利な立場から始まる心理戦です。「あなたの心が折れる前に、加害者の心を折れば勝ち」という勝負です。 法律はそのための手段の1つにすぎません。法的に有効 …

no image

厚労省パワハラ6類型「個の侵害」の例

厚生労働省は、パワハラを下記のように定義しています。 職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身 …

no image

パワハラが法律上の定義を持ちました。

2019年5月29日、パワハラが条文上の定義を持ちました。 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/198/meisai/m198080 …

no image

「いい人」は、目的思考を持つことで、自分を守れるようになる。

「いい人」が損をする社会です。 しかし、「いい人」でも損をしない人は、います。 それが「自己利益の関心」が高い人です。 ですが、「いい人」は「自己利益」に対して、嫌悪感があります。 これを取り除くため …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。