パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

職場で必要とされていない感じたら?

投稿日:

職場で、必要とされていない。

そう感じた場合には、どう対処すればよいのでしょうか?

実は、仕事をさせないのも「パワハラ」に該当するんです。

 

【1】仕事をさせないのも、パワハラに該当する

厚生労働省は、

パワハラの6つの類型を出しています。

 

この類型に当てはまるからといって、

必ずしもパワハラと言えるわけではありません。

しかし、少なくともパワハラ行為であると、

認定されやすい行為類型ではあります。

 

その中の1つに「過小な要求」というものがあります。

これは、大雑把にいうと、仕事をさせないことです。

本来の職務内容ではない、雑用ばかりをさせるなども当たります。

 

【2】「過小な要求」への対処法

「過小な要求」への対処も難しいのですが、

かならずやっておくべきことはあります。

 

それは、次の2つです。

1 自分から積極的に仕事を求めること

2 仕事を求めているという証拠を残すこと

 

つまり、仕事を求めているのにもかかわらず、

仕事が与えられないということを、

証拠として残すことです。

 

【3】「いつでも会社を辞められる」という状況を作る

しかし、「過小な要求」というパワハラ類型は、

退職に追い込むための手段として使う

陰湿な会社も多いのが実情です。

 

ですから、会社を辞めても困らないと言う状況を作るため、

転職活動を始めたり、副業・起業の準備を始めることも、

忘れないでほしいと思います。

 

【4 】証拠と安全な環境ができたら、動く。

会社に仕事を求めるという行動自体は、

リスクは少ない行動だと思います。

 

会社に対して、「仕事を与えないのはパワハラだ」と主張するには、

かなりのリスクが伴います。

 

ですから、パワハラとして主張して改善を求める場合には、

まず証拠とあなたの安全確保を行いましょう。

 

証拠と安全が確保できたら、

行動開始です。

 

でも、やっぱり一番はそんな会社を見限ることだと思います。

給料をもらいながら、じっくりと時間をかけて、

転職活動や副業・起業に向けた活動を始めるのが、

賢い選択肢だと、私は思いますよ。

 

20160804

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ被害者は「コーチング」を受けることで、パワハラから脱出できるようになる。

パワハラ被害者の多くは、精神科や心療内科に通院をしています。 そこで定期的なカウンセリングを受けている人も多いでしょう。 しかし、カウンセリングだけでは、パワハラを解決することができません。 カウンセ …

no image

パワハラにNOを言うために、布石としてお世辞を言っておく。

パワハラをストップさせる確実な方法は、継続的にNOを言い続けることです。 パワハラ行為に対して継続的に「やめてください」と言い続ければ、パワハラはストップします。 しかし、それを言うには、とても勇気が …

no image

【雑記】パワハラ、職場モラハラは、命に関わる重大事件。

「人生で初めて殺意を持った。」 クライアントの中には、このようにおっしゃる方もいました。   仕事はEメールやメモを介して与えられ、 誰にでもできるような簡単な仕事だけが回される。 &nbs …

no image

パワハラ加害者がいる職場へ、復職せざるを得ない場合の対処法

パワハラを受けて、休職をせざるを得なくなると、次の問題が待っています。 復職をするかどうか、という問題です。 転職ができれば復職せずに転職するのが一番です。 ですが、多くの場合、精神疾患を抱えています …

あなたが抵抗できないのは、精神的な攻撃(モラル・ハラスメント)を受けているからです。

下記の本は、本当にお勧めです。 ものすごく太い本ですが、 必ずご一読ください。   モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない   自分が置かれた状況を認識できるだけで、 人 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。