コーチングで、パワハラ被害から脱出できる。

パワハラ被害から抜け出すときに、もっとも大きな障害となるのは「恐怖」です。

パワハラから脱出し、解決するための方法は、数多くあります。

しかし、恐怖のために、その解決策を実行に移せないのです。

 

証拠を集めればよいことが分かっていても、証拠を集められない。

証拠を持って、ハラスメント相談室に行けばよいと分かっていても、行くことができない。

リスクが大きいからではありません。

恐怖によって行動が制限されるからです。

ノーリスクの解決策であっても、恐怖によって動けないことは、たくさんあります。

The magic dustbinCreative Commons License Matthias Ripp via Compfight

【1】恐怖はリスクを高く見積もらせる

恐怖に支配されているとき、人はリスクを高く見積もります。

そして、リスクを減らすための予防策を考えようともしません。

理性が働かないからです。

 

恐怖を感じているとき、大脳辺縁系が優位な状態となっています。

そのとき、理性を司る前頭前野の活動は抑えられるのです。

 

ですから、恐怖を感じつつ、理性的な行動をとることはできません。

逆に、前頭前野優位状態を作ることで、恐怖をコントロールもできるのです。

 

【2】恐怖をコントロールする

恐怖をコントロールするためには、前頭前野を働かせなければなりません。

それはつまり、理性を働かせるということです。

 

では、どうやったら理性を働かせることができるのでしょうか。

それは、リラックスすることによって、です。

 

人間の脳には大きく分けて2つのモードがあります。

1つは「休止・計画モード」と呼ばれるもの。

もう1つは「闘争・逃走モード」と呼ばれるものです。

 

このうちの「休止・計画モード」こそ、理性が優位な状態です。

この脳のモードを作り、その上で恐怖をコントロールしていきます。

 

【3】「休止・計画モード」の作り方

恐怖をコントロールするためには、「休止・計画モード」が必要です。

このモードは、前頭前野優位状態であり、副交感神経優位状態。

つまりは、リラックスして、脳内イメージに臨場感を持つことができる状態です。

 

ですから、リラックスすることが大前提となります。

まずはリラックスをし、その上で頭の中に没頭をすることで、「休止・計画モード」に入れます。

リラックスした時点で恐怖感情をコントロールしやすくなっているので、あとは頭の中に没頭するだけ。

 

【4】ネガティブイメージへの対応策を考える

リラックスをしたとしても、あなたは不安からは解放されないでしょう。

しかし、不安や恐怖による影響を少なくすることができるようになるはずです。

 

その状態で、不安や恐怖を引き起こすイメージに対しての、予防策、対応策を考えましょう。

ハラスメント相談室に相談に行くことが怖いなら、まずは相談に行くときの様子をイメージします。

そして、担当者から「あなたにも責任があるのではありませんか?」と言われているイメージが出てきてしまうなら、それに対する対応を考えておくのです。

たとえば、その場でメモを取り出し「担当者が『あなたにも責任があるのではありませんか?』と言った」とメモをし、それをさらに上司に申し立てをすることができるかもしれません。

その上で、担当者を変えてもらうことができるかもしれません。

もしくは、そのメモを持って労働局に相談に行くという選択肢もあるでしょう。

 

まずはリラックスをし、その上でネガティブイメージへの対抗策をイメージするのです。

 

【5】セルフコントロールの技術

コーチングは、すべてをマインドの問題だと捉えます。

現在、生じている困った症状は、すべてマインドに根本問題があると捉えるのです。

ですから、コーチングの根本にあるのは、マインドを活用するための技術です。

 

現状を打破するために、やるべきことをやるための心理技術と言ってもいいかもしれません。

そこには当然、不安や恐怖への対処法も含まれています。

 

ですから、パワハラ被害にあるような、辛い状況を打破したい人には必須のものなのです。

そして、コーチングはマインドの使い方の技術です。

つまり、一生使うことができる心理技術なのです。

 

ですから、コーチングを受けて損をすることはありません。

 

もしあなたが現状を打破して、幸せな人生を歩みたいと思っていらっしゃるなら、ぜひ一度コーチングを受けてみてください。

 

会社脱出コーチング・セッション
多くの人が、「会社を辞めたいけれど、辞められない」と、悩んでいます。 あなたも、そうかもしれません。   もちろん、職場を変えたり、会社を辞めることは、大きなリスクがあります。 ですが、本当にリスクがあるから「辞めない」という選択肢を選んでいるのでしょうか   【1】辞められないことによるストレス 人間は、現状維持を好みます。 反対から言えば、リスクを避けようとする性質があります。 これは、人間の無意識の性質です。 ですから、リスクを避けようすること自体は、何も問題ではありません。   しかし、「会社を辞めたい」と思いつつ、「辞めることができない」。 このジレンマを持って毎日を過ごしていると、まず間違いなく体調を崩します。 パワハラ等を受けているなら、心身症になることさえあります。   リスクを避けようとすることにより、より大きなリスクを抱えているのです。   【2】私自身も、コーチングを受けて会社を辞めた 私も、会社を辞めると決めたときには、大きな不安がありました。 しかし、このままでは心身が持たないとも、感じ取っていました。 そのタイミングで、コーチングを受けられたことは、本当によかったと思います。   カウンセラーの役割は、「健康にすること」だと言えます。 この役割は大切ですが、それだけでは会社を辞めることはできません。 むしろ、会社を続けてしまうようになります。 会社を辞めたいと思いつつ、カウンセリングを受けて健康に戻る。 そうすると、通常は「まだ会社に行ける」と思ってしまうものなのです。 つまり、カウンセリングを受けても、会社を辞める決断はできません。   では、なぜコーチングを受けると、会社を辞めることができるのでしょうか。 それは、コーチングの役割は「現状打破」だからです。   【3】コーチの仕事は、現状を変えること 私も、会社を辞めたいと思っているタイミングで、コーチングを受けていました。 このとき、コーチからは全面的なバックアップを受けたという印象が残っています。 ”何があっても味方でいてくれる人が1人いることが、これほどまでに心強いことなのか”と思ったのを、覚えています。   もともと、コーチの重要な仕事の1つが、現状を変えることです。

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 「いい人」のままでも、ハッピーになれる方法 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。