パワハラに対して、在職中の法的手段は本当に役に立つのか?

パワハラに対して「パワハラで訴えればいい」という人がいます。

しかし、それは本当に解決に結びつくのでしょうか?

【1】パワハラの法的責任

パワハラに対して、法的責任を負うのは会社と加害者です。

会社は安全配慮義務に基づく債務不履行責任を負うとされ、加害者は被害者に対して不法行為責任を負うとされます。

しかし、在職中にこれらの法的責任追及ができる人が、どれだけいるでしょうか?

【2】退職に追い込まれるリスク

現実的に考えたときに、在職中パワハラに対して法的責任を追及するのは、あまりにも無謀です。

法的手段を取るなら、退職へと追い込まれるリスクは考えておかなければなりません。中小企業なら、なおさらです。

【3】在職中に法的責任追及は、非現実的

パワハラを主張した従業員を退職に追い込むのは、倫理的にも法的にも問題はあります。

しかし、現実世界はそのような形式上のルールでは動いてくれません。

解決策は、現実を踏まえたものでなければなりません。在職中に法的手段を取る場合は、自分が退職に追い込まれることを覚悟して行わなければなりませんが、その覚悟が持てるのであれば、ご自身で動いたほうが早く解決できると思うのは、私だけではないでしょう。

【4】内容証明郵便の是非

「内容証明郵便を出すのがよい」という法律家もいますが、私はとっても疑問です。

パワハラ問題で、内容証明郵便を出す相手は、会社または加害者(達)です。

会社に対して内容証明郵便を出したら、まず間違いなく退職に追い込まれます。

加害者に対して出したら、まず間違いなくパワハラが、水面下で行われるようになります。

どっちにしても、いいことなんてありませんよ。

パワハラに対して、内容証明郵便を使うことの是非について、もう1つだけ書いておきます。

内容証明郵便を送れば、まず間違いなく相手方は代理人を付けることになります。つまり、法的紛争となります。

これが意味するのは、最低でも6ヶ月ほどは解決しないということです。

法的紛争は解決に時間が掛かります。言い換えると、時間的余裕がある人でないと法的紛争はできないのです。

パワハラを受けている状態で、そんな余裕なんてありません。

【5】法的紛争は、期待値の低いギャンブル

その上で、どのような結果になるかは分かりません。

法的紛争に持ち込むのは、ギャンブルと変わらないと私は思っています。

パワハラ被害の証明は、簡単ではないとされています。そのため期待値としては低いギャンブルです。

【6】現実を踏まえた解決策

パワハラに対して戦っていくとき、在職中は法的手段は最終手段と考えてください。

大切なことはパワハラの加害行為をストップさせることであり、そのための手段としてわざわざ法的手段を取る必要はありません。

もっとリスクが少なくてできる方法はいくらでもあるのです。

まずは、それらの手段を実行に移してみてください。

 

なお、具体的な解決手段については、下記の無料の動画講座で詳しくご説明しています。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

パワハラを解決したいなら、代理人を立てさせないこと。

パワハラをストップさせるためには、「代理人を立てさせないこと」が大事です。

バワハラは心理戦だからです。加害者に「コイツと関わると、自分がやばい」と思わせたらパワハラはなくなります。

このような心理戦は、代理人相手にはできません。代理人相手に心理的プレッシャーを与えても、それは本人には届かないからです。

そのため、”相手方に代理人を立てさせない工夫”が大切となります。

一番よくないのは、あなたが代理人を立てて反撃をし始めることです。あなたが代理人を立てれば、相手方も躊躇なく代理人を立てます。そうなってしまうと、論理対論理の対決となってしまい、心理戦はできなくなります。

あなたは代理人を立てないほうがよいのです。

しかし、パワハラの解決に向けて、専門家の助力はあったほうがよいです。

そのため1番よいのは、専門家の助言を得ながら、あなた本人が動くこととなりますね。

あなたのキャリアや今後の収入にも関わってくることです。

あなたが自分で解決に向けて、直接動くのが1番です。

どうやって動けばよいかは、そこはプロに任せてください。でも、動くのはあなたです。

パワハラ行為をストップさせたければ、あなた本人が専門家の助力を得ながら動くのが一番です。

間違っても最初から代理人を立てての代理戦争はしないでくださいね。

それは問題を長期化・深刻化させるだけとなる可能性がとても高い手段です。

代理人を立てるのは最終手段として選択肢に含めながらも、あなたが動いていきましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

パワハラの恐怖を乗り越えるためにするべきこと。

恐怖を乗り越えるために、動き続けることが大切です。

恐怖は基本的には行動を起こすための準備をする感情です。ですから、行動を起こしたほうが気持ちが落ち着きます。だから、何でもいいので動き続けましょう。

また、状況が変われば、取りうる手段も変わります。方法は、目的と状況によって定まるからです

解決手段が見つからないなら、「状況」を動かしていかなければ解決策は見つからないのです。

実行できることを実行に移せば、少しは状況が変わります。

状況が少し変わったら、改めてもっとよい解決策を実行に移せないかどうかを確認すればよいのです。

できることを全部やって、現状を少しずつ変えていくのです。

つまり、行動を起こすことで気持ちが収まり、さらに解決策が見えてくる可能性が出てくるということです。

そうやって動いた先に、アサーションがある人もいますし、転職がある人もいますし、訴訟がある人もがいます。

動くから選択肢が増えます。留まれば、選択肢は減ります。

パワハラに対しては、もし可能なら、アサーションを使って、”その行為をやめてほしい”と言ってほしいとは思います。

加害者は、卑怯な奴らなので反撃しない人を狙います。ですから、反論してくる人へは、嫌がらせをしなくなります。そのため、アサーティブに反論をしてほしいのです。

ですが、それが難しいならまず証拠集めをしましょう。いずれにしろ、動くことが大事!

パワハラ加害者、モラハラ加害者は、多くの場合、少しずつ攻撃度合いを強めてきます。「どこまで許されるかな」とさぐりを入れてきます。

ですから、あなたが不快に思い出したら、その時点で釘をさしておくと、それ以上にはなりません。

私もそれをしてから、快適に過ごせるようになりました。

マウンティングしてきたぐらいから、しっかりと仕返ししておくと、よいです。

私は、初対面でタメ口ではなしてくるオジサン、オバサンにはタメ口で返します。すると、不思議と敬語で話し返してきます。そんなもんです。

私はありがたいことに若く見られるので、ちょくちょくマウンティングしてくる人が出てきます。

ほとんどは無視するのですが、パブリックな場所でされた場合は、10倍返しするようにしています。やるなら徹底的に躊躇なくしないと意味がありませんからね。

もちろん、最初からこのよう行動ができたわけではありません。自分の中の恐怖と戦って、少しずつ乗り越えて、今のような行動ができるようになりました。

恐怖を乗り越えるために、無理をしない範囲でよいので動き続けましょう。動き続けることで、もっとよい解決策が見えてくるようになります。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

パワハラを耐えるのは、コスパが最悪。

ネガティブな出来事は、ポジティブな出来事の7倍インパクトが強いと言われるそうです。

ですから、ポジティブを増やそうとするよりも、ネガティブを増やしたほうがコスパがいいです。

マイナス思考だと思われるかもしれませんが、「嫌なこと」をどれだけ減らせるかが、とても大切です。パワハラを受けている日々を送っている人なら、この意味がよく分かると思います。

いかにネガティブな出来事を減らすかを考えてみてください。結果として「辞める」に行きつくと思います。

「辞める」と決めたくても決められないのは、ほとんどの場合、今働いているところ以外に収入源がないからです。

ですから、転職活動や副業を始めてみてください。特に副業は精神安定にもよいのです。”ここで頑張ればいい”と思える希望があるだけで、心が安らぎます。パワハラという「嫌なこと」を減らすのに、もっとも確実な方法は「辞めること」です。

その次の選択肢は、「徹底的に反撃をすること」です。これは多少リスクはありますが、しっかりと実行に移せば、パワハラはされなくなることが多いです。

最悪の選択肢は「耐えること」です。

そして、パワハラに対して、現実的な選択肢は「無理ない範囲で、解決に向けて動くこと」です。被害メモをとり、録音を取り、労働局に相談をし、専門家のサポートを得ながら、解決に向けて動いている姿を、加害者にさりげなく見せていくことです。

動き続ける人が助かります。

どれだけ証拠を集めても、それだけでは意味がありません。

証拠を集めている姿を見せることで、それが相手に対する威嚇となり、予防につながります。

ですから、何度も書いてしまい申し訳ありませんが、「その場でメモを取る」が一番簡単で効果的なパワハラ対策です。

証拠がどれだけあっても、その証拠をつかって心理的プレッシャーを与えなければ、証拠の意味は、ほとんどありません。

証拠を集めることは大切ですが、証拠を集めるだけでは、パワハラをストップさせることはできないのです。

【インターネットラジオ】パワハラ加害者に、あなたの行動を見せつけていく
パワハラ脱出支援の専門家 行政書士・コーチ・コンサルタント 三國雅洋 ●パワハラ脱出無料動画講座 http://www.reservestock.jp/subscribe/38245 ●HP(500本以上の記事を掲載) http://pawahara.info/ ●VALU(優待制度) https://valu….

「無理のない範囲」でよいので、動き続けましょう。証拠があるなら、労働局に相談に行ってみましょう。労働局に相談に行けないなら、人権擁護委員にメールで相談してみてください。

リスクがほとんどない範囲で、できることはたくさんあるんです。そして、動けば動くほど自信を取り戻せます。

耐えるのは最悪の選択肢です。現状を受け入れずに動き続けてくださいね。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

パワハラに対して「被害メモ」が大切な2つの理由

私はパワハラ被害者には、とりあえず被害メモをとってほしいとお願いしています。

そしてできれば、その場ですぐにメモ帳を取り出して、すぐにメモを取ってほしいと思っています。

被害メモは次の2つの効果があるからです。

  1. 証拠になる。
  2. 防御になる。

相手の言動をできるだけ正確に、メモしてあげましょう。それがすべてパワハラの証拠となります。

パワハラ加害者が、自称「指導」をしてきているのですから、あなたはそれをメモ記録に残してあげればよいのです。

実際に行ってみると分かりますが、メモ帳を持っている相手に対してパワハラ行為を続けられる人はいません。

あなたがパワハラ行為をメモしても、相手がパワハラ行為を止めないとしたら、その人は本気でそれを指導だと思っている可能性はあります。

しかし、その場合でもメモ帳を持っているほうが「指導」は短時間で終わります。

「その場でメモを取る」というのは、とても簡単でありながら証拠集めにもなり、パワハラ行為をストップさせることにもつながります。つまり、防御となるのです。

ですから、これは絶対におこなってほしいことの1つです。

普段の仕事から、メモ帳を取り出して、メモするようにしておきましょう。

そうしておくことで、メモする行為を自然に見せることができます。

ときどき「いつまでメモしてるんだ!」と怒る無能な上司がいるようですが、それは「もうしわけありません。」と一言だけ答えておけば大丈夫です。

私なら、メモしなくても済むように用意をしておくのですが、その上司はそういう頭が働かないかわいそうな人なのでしょう。

もし「何をメモしているんだ」と言われても、「おっしゃったことを忘れないようにメモしました」とだけ言えばよいのです。そして、メモを見せるように言われたら「プライベートなことも書いてあるので、すみません。」と言いましょう。

その場でメモを取る行為は、証拠づくりにも役立ちますし、パワハラ行為をストップさせることにも役立ちます。

ですから、絶対に行っておきましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

【雑記】ニコニコ動画に投稿しました。

ある生徒との約束で、ニコニコ動画の投稿をしました。

動画のテーマについてFacebookで相談したところ、「役に立つものが見たい」「学び方や教え方のものが見たい」「問題の解き方を説明する動画を見たい。」などのお声をいただくことができました。ありがたいことです。

そこからいろいろと検討して、高校卒業程度認定試験の過去問題の解説をすることにしました。これは、私が別途行っているオルタナティブ・スクール『ワクノソト』にも関連すると思ったためです。

テーマを決めてから何本か試しに撮ってみたのですが、どうも真面目になりすぎてしまいます。20本近くはと撮ったと思います。しかし、分かりやすいとは思うのですが、面白みがないと、自分でも思わざるを得ませんでした。

そこで、妻の協力を得て撮影し、できたのが次の動画です。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32529399

ゆるい雰囲気で、ちゃんとわかりやすいものができたと思っています。

素に近いが私が出ているとも思うのですが、もしよければ見ていただき、コメントなどいただけたら嬉しいです。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

パワハラは、あなたのセルフイメージについての戦いだ。

パワハラは心理戦です。

そして、より具体的に言えば、これは「あなた」とはどのような人かの戦いです。

加害者は、「あなたは無能」「あなたは仕事ができない」などと決めつけてきます。そして本人は、あなたが本当にそのような人だと思い込んでいます。

あなたはこの決めつけと、戦うのです。

もしあなたが、その決めつけに負けず、むしろ決めつけだったと相手に分からせれば、あなたの勝ちです。しかし、反対に相手の決めつけどおりの人間になってしまえば、あなたの負けです。

パワハラとの戦いは、あなたのセルフイメージについてのディベートのようなものなのです。

あなた自身のセルフイメージについての戦いである以上、最終的なジャッジをするのもあなたです。

ですから、理論上はあなたは必ず勝つことができるのです。

しかし、もともとセルフイメージは他人の言動に基づいて作られるため、よほど注意をしなければ負けてしまいます。

相手の中にある「あなた」のイメージと、あなたが自分で思う「あなた」のイメージの、どちらにリアリティが強いかによって、勝敗が決まります。実際にどのような人であるかは関係ありません。提示された2人の「あなた」のどちらがリアリティがあるかの勝負です。

相手のいう「あなた」がどれだけリアルであっても、相手が見ているあなたは、「職場で知るあなた」という、かなり限定的なものです。ですから、本来は「あなたの知る私は、職場での私の一部分ですよね。それで人格を決めつけるなんて、馬鹿なんですね」で終わりの話です。

あなたがジャッジするディベートですから、理論上は絶対に勝つことができるはずです。しかし、多くの人は勝つことができません。それは、「いい人」だからです。

「いい人」は、人の言動をよく解釈しようとする傾向があります。しかしそれは、相手の言動を受け入れていることと同じです。「たしかに、そのようなところがある」と思ってしまいます。

しかし、どんなものでも「あるかないか」で言われたらあるものです。「あなたは優柔不断だ」と言われて、そうではないと言い切れる人はあまりいないでしょう。ないと言い切るのは難しく、あるというのは簡単なのですが。

相手からの決めつけに対して「あるかないか」のレベルで勝負をしてはいけません。その勝負をすると、ほぼ間違いなく負けてしまうからです。ですから、戦うときは、その相手の発言内容ではなく、発言の意図に対して反撃をしましょう。

相手から「仕事が遅い」と言われたら、それが事実かどうかではなく、相手の意図を考えるのです。そうすれば、あなたは発言内容についての争いから逃れることができます。そして、「わざわざ人前で、『仕事が遅い』というのだから、ネガティブイメージを周囲に植え付けたいのだろう」と意識に上げることができるようになります。そうすれば、あなたのセルフイメージを守ることも簡単になりますし、周囲への働きかけが必要であることもわかるようになります。そして何より、あなたが理性的でいられます。

パワハラは「あなたはどういう人か?」についての戦いです。あなたがジャッジすることですから、戦い方さえ間違わなければ、絶対に勝てるのです。それは、相手の発言内容ではなく、発言の意図に注目することです。「お前は無能だ」と言われたとき、その発言内容ではなく、意図に注目してみるのです。そうすることで「この人は、、私にコンプレックスを与えたいのだな」というように一つ上から相手の言動を解釈できるようになります。このような技術を使って、あなたのセルフイメージを守り抜きましょう。そうすればあなたの勝ちは揺るがないのです。

あなたが、相手からの決めつけを自分に取り入れてそのような人間になる必要はまったくありません。

相手の意図を見抜き、その意図を実現を妨害してやりましょう。そしてできれば、相手に本当のあなたを見せつけてやりましょう。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

パワハラのゴーレム効果から、逃れる。

心理学でゴーレム効果と呼ばれるものがあります。これはピグマリオン効果の逆の効果です。

これらの効果は大雑把に言えば、「あの人は○○な人だ」という思い込みが、その相手をそういう人に変えてしまうというものです。

天才だと扱われたらそうなるし、無能だと扱われたらそうなるということです。

プラスの影響をピグマリオン効果、マイナスの影響をゴーレム効果と呼びます。

この他人からの「お前は○○な人だ」という決めつけや思い込みから、悪影響を受けないようにするには、対抗するための心理技術が必要です。

ゴーレム効果と心理学的に名前がついているということは、意識的に対抗しなければ、相手の思い込みのとおりになってしまうということです。無自覚であれば、ゴーレム効果があなたに表れてしまいます。

あなたがセルフイメージを自分で守ろうとしなければ、相手が決めつけたあなたにさせられてしまうということです。「無能だ」と言われ続けて、意識的に対抗しなければ、本当に無能になってしまいます。

自分のセルフイメージは、自分で守らなくてはなりません。

ピグマリオン効果もゴーレム効果も、「当人のセルフイメージは、他人の言動によって決まる」と言っているに過ぎません。

だからこそ、どのように他人から扱われるかが大切となるのです。環境が大切だと言われるのは、このためです。

誰でも他人の言動を取り入れて、セルフイメージを作っています。

しかし、自分でセルフイメージを作ることもできるのです。他人から無能だと言われても、自分は天才だというセルフイメージを作ることはできます。他人の言動から、自分のセルフイメージを守ることもできるのです。

セルフイメージは、あなたが自分に対してもつものだからです。あなただけが、あなたのセルフイメージを決定することができるのです。

具体的にはセルフトークのコントロールという心理技術を使います。このセルフトークについては、ステップメールのほうで詳しく説明しているので、そちらをご覧ください。

あなたが、セルフトークのコントロールなど、自分で自分のセルフイメージを作れば、ゴーレム効果から逃れることはできます。

相手の思い通りの人間に、なってあげる必要なんてありません。あなたは、あなたでセルフイメージを用いる、それを実現していけばよいのです。

ゴーレム効果になんか負けないでください。相手の思い通りになんか、ならないでくださいね。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

副業は「片手間でできる」ことが大切

会社を辞めたいけれど、転職も難しいときは、副業を考えておきましょう。

副業というのは、そもそもが本業がある前提のものです。そのため、それに時間も労力も大きく割くことはできません。片手間にならざるを得ないのです。

言い換えれば、副業は片手間でもできるものを選ぶことが大切です。本業をしながらも、継続できるものを選びましょう。

本業をしながらビジネスを行っていき、それでも発展するならば、そのビジネスには可能性が高いということです。それは少ない資源投入で発展させることができる商品・サービスであるということであり、言い換えると高付加価値なものだと言えるからです。

本業をしながらでも実行することができる高付加価値なサービスとしては、カウンセラー・コーチ・コンサルタントがあります。これらの仕事は、もちろん専門知識と技術が必要ではありますが、本業をしながらでもできるものの代表例といえるでしょう。

もちろん、価格に似合う価値を提供することは必須です。もしそれができないなら、するべきではありません。少ない資源投入で、価格に見合う価値提供をするのです。

このような商品・サービスを提供するのは簡単ではありませんが、副業はこのようなものを探すべきなのです。

片手間でもでき、社会に価値提供をしながら、かつ、継続・発展するようなビジネスを探しましょう。

片手間ではできないような副業は、ビジネススタイルとしてはあまりよくないことが多いので、必ずチェックしてみるようにしていただきたいです。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする

【Sarahahご回答】辞めるために、できることは何でもしてみる。

 状況も状況であり、明日にでも退職をしたいとのことですから、どうやったら辞められるかを考えるのが最善だと思います。

もうすでに始められているとは思いますが、転職活動は必ず行っておいていただきたいです。年齢的に転職が難しいと思われるかもしれませんが、現状維持をするほうがリスクが高いためです。定期的に有給を取って、転職活動を進めていただきたいです。

副業として、バイナリ―オプションや仮想通貨の投資をされているとのことですが、定期収入を得る方法としてはリスクが高いと思われます。独立・起業ができるような副業を始められるほうがお勧めですが、いずれにしても転職活動は必須だと思われます。

いずれにしても退職することを望まれているのであれば、作られた報告書を持参のうえ、労働局への相談もぜひ行っておいていただきたいです。労働局に相談に行っておくことで自己肯定感を取り戻しやすく、結果的に精神状態が良くなりやすいからです。

また、モラハラ行為が行われるたびにメモ帳を取り出して、その場でメモをとっていただけたらありがたいです。メモ帳を前にして、モラハラ行為を続けられる人はいません。自分が被害を受けた事実を、その場で記録に残してください。

その場でメモを取るのが難しいのであれば、間違いなく”恐怖による支配”が強くなってしまっています。医師の治療は当然に受け続けてほしいですが、それとは別にコーチングを受けていただきたいとは思います。

どのような解決策であれ、解決策を実行するにはリスクがあります。しかし、リスクが許容範囲内でもあるのに実行できないとすれば、それは心理的な障害(ハードル)です。そのため、それを超えるための働きかけが必要となります。その心理的ハードルを越えるための働きかけをするのが、コーチングです。

今回、次のような行動案をお出ししました。

  • 有給を取って、転職活動を進める。
  • モラハラ行為が行われたその場で、メモ帳を取り出しメモを取る。
  • 作成済みの報告書を持参して、労働局に相談に行く。
  • バイナリ―オプション等ではなく、独立起業が可能な副業を始める。

しかし、いずれの案も実行に移すとなると、不安や恐怖が強く出てきます。さまざまなところで申し上げていますが、労働局に相談に行くことはほぼリスクがゼロです。それでも、それを実行に移せない人のほうが多いのです。

ですから、最終的には心理的な技術が大切となります。不安や恐怖を乗り越えるための技術です。それが今回お勧めしているコーチングです。

もちろん、上記の案を実行したとしても、すぐに解決に至ることはないとは思います。しかし、上記の行動を実行に移していただくことで、状況は間違いなく変わります。具体的には労働局に相談したという事実が生まれ、より詳細な被害メモが手元にあります。また同時に、加害者はあなたが被害メモを取り続けることで、ハラスメント行為をしにくくなっていきます。さらにハラスメント行為に対して立ち向かうことにより自己肯定感が取り戻せるようになります。

ただ、何度も申し上げますが、最終的には心理的ハードルを乗り越えられるかどうかです。以上でご提案した行動案はいずれもリスクはほぼゼロに等しいものです。ですから、実行するに当たっての一番大きな障害が心理面となります。

パワハラは心理戦です。ですから、心理面では負けないのだという意思だけは、どうか忘れないでいただきたいです。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する | コメントする