パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ被害に遭って副業を考えているあなたが知るべき「商品」と「サービス」の違い

投稿日:

ご覧いただきありがとうございます。

パワハラ問題を法律・心理・経済の3側面から解決するパワハラ解決アドバイザーの三國雅洋です。

今回は、「サービスだけでなく、商品を作ろう」と言う話をします。

ただ、大前提は「パワハラ被害に遭っているときは、転職できるなら転職したほうがよい」です。

【1】転職できるなら、転職したほうがいい

副業・起業を考えるのは、転職することが現実的ではないときだけにしてください。

たとえば、心身に障害があるなどで転職が難しい場合や、年齢的に転職が難しい場合です。

特に起業については、最終手段だと考えてもらったほうがよいです。

安定収入を得るのに最も簡単な方法が、労働です。

転職できるなら、転職しましょう。

転職ができないときは、副業から始めましょう。安定収入を得ながら、副業をするんです。

【2】副業では「商品」を常に意識する

副業をするときは、常に「商品」を意識してください。

私の「商品」と「サービス」の定義は、次のとおりです。

「商品」・・・価値の提供に時間が必須ではないもの

「サービス」・・・価値の提供に時間が必須となるもの

たとえば「商品」の代表例は、電子書籍です。電子書籍を販売するのに、私の時間は必須ではありません。実際にKindle書籍は、私が何をしなくても販売されています。

一方で「サービス」をするには、時間を確保しなければなりません。相談を受けるためには、私は必ず時間を提供することになります。

副業をするときは「サービス」ではなくて「商品」を意識するようにしてください。

副業をしているときは、ただでさえ時間がないからです。

【3】「サービス」を「商品」にする

副業をするときは、普段から「サービス」を「商品」にすることを意識しましょう。

ツイッターで発信した情報を、まとめて電子書籍にできないでしょうか。電子書籍として販売するのは難しくても、ブログ記事などにできないでしょうか。Youtubeの動画にできないでしょうか。

すぐに金銭に変わる必要はありません。大切なことは、あなたがサービスに費やした時間を、商品という形に変換することです。たとえば私は反応が高かったツイートは、botに登録しています。botに登録したツイートは定期的に自動的にツイートされ、そして一定のエンゲージメント(「いいね」やリツイート)を得ています。

それによってフォロワーが増え、メルマガ登録者が増え、結果的に電子書籍などの商品が購入されることになるのです。

【4】リサイクルをする

「サービス」や「商品」をリサイクルできないか、常に考えましょう。

私は反応が高かったツイートをbotに登録するだけでなく、それをブログ記事にします。そしてYoutubeでも動画にして、メルマガでも記事にします。さらに電子書籍にすることもあります。

あなたが過去に注ぎ込んだ時間を、何度も何度もリサイクルしてください。リサイクルすればするほど、あなたがサービスに注ぐ時間は減り、かつ商品の質は高まっていきます。どのようなものが評価され、どのようなものが評価されないかも分かるようになります。たとえば、私の場合、法律系統の情報提供よりも、心理面での情報提供が喜ばれる傾向があります。

もちろん、まったく同じ情報をコピー&ペーストするのではありませんよ。ツイッターの投稿をまとめて、ブログ記事にします。ブログ記事をリライト(書き直し)して、書籍にするんです。私も反応が高いブログ記事は、定期的に書きなおしています。そうすることで、ブログの評価がまた高まり、ブログを見て頂ける可能性が高まるからです。

【5】「ランダムなバリエーションから、優れたものを選択して残す」

見出しの言葉は『すばらしい思考法』という書籍で紹介されているドナルド・キャンベルという人の言葉です。

商品を作るときは、この考え方がとても大切です。評価されたものを選択して残すようにするのです。

ツイッターで評価が高かったものを選び、それをブログ記事にしましょう。もしくは、そのツイートをより洗練して改めてツイートしましょう。ブログ記事もリライト(書き直し)や追記をして、より充実したものにしていきましょう。

そもそもインターネットは淘汰が働く世界です。その中で残ったものは、少なくとも価値が認められているものと言えます。それを選択して残し、そして発展、改善していくようにするのです。

新しい情報発信ばかりをする必要はありません。大切なことは、評価されたものを適切に選び出し、発展・改善させていくことです。

時間的余裕も、心身の余裕もないときに副業をするのですから、「商品」を作ること、そして評価された「商品」を適切に選び出して発展・改善していくことが重要なんです。

この意識をぜひ持っておいていただきたいと思います。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラの定義に当てはまるか

今回は、ニュースを取り上げて、パワハラの定義のご説明をします。   今回取り上げるニュースは、こちらです。『「学長メールはパワハラ」 国際大教授ら撤回要求 新潟』 http://www.as …

no image

働いているところの管轄の、労働局に相談に行こう

「どこの労働局に相談をすればいいか」 実は、この質問は多いです。   答えは、あなたが働いている場所の労働局です。   労働局は、 その管轄内の事業所に対して 指導や助言をします。 …

no image

パワハラで眠れない人のための、リラックス講座

パワハラ被害を受けていると、夜、眠れなくなります。 denebola2025 via Compfight 【1】不安や怒りで、交感神経優位状態になってしまう 明日のことを考えて不安になり、もしくは当日 …

no image

パワハラ・職場いじめへの対処法は、心理戦

【1】パワハラ・職場いじめ・嫌がらせへの対処法 パワハラ・職場いじめ・嫌がらせへの対処法は、 たくさんあります。   しかし、その対処法、解決法を、 実際に実行できるかどうかが大切です。 多 …

パワハラを行政に相談に行くときは、法律家といくと対応が変わる。

労基署や労働局に相談に行くとき、 法律家と一緒に行くことで、 対応が大きく変わることがあります。   【1】電話対応から推して知るべし 行政の担当者は、労働問題の専門家のはずです。 しかし、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。