パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ加害者に対する怒りを行動に結びつけられたら、とてもいい。

投稿日:

パワハラ被害にあったとき、怒りを持つのは、当然のことです。

もちろん、加害者を許したほうがあなたは気持ちが楽になるでしょう。怒りを長期的に持ち続けることはあなたの健康にとっても、よくありません。あなた自身としても、あえて怒りを持ち続けたくはないはずです。

しかし、パワハラ被害を受けたことによって、日常生活に様々な困難が出てくると、そのたびに怒りが生じるものです。「なぜ被害者である私が、このような目に遭わなければならないのか」「なぜ加害者は、普通に生活を送っているのか。」自分と加害者のコントラストによって、怒りはいっそう強まります。

このコントラストが弱まれば、つまりあなたが日常生活を取り戻し、加害者に対して報いを受けさせれば、きっとあなたは怒りを持つ機会も少なくなるでしょう。

怒りは、この2つの目標達成のための動力源となります。

【1】パワハラ加害者に怒りを持つのは、当然

パワハラ被害にあったとき、怒りを持つのは、当然のことです。

周囲の人々は、「気にしないほうがいい」、「忘れたほうがいい」と、簡単に言います。

しかし、それほど簡単に忘れられはしません。

パワハラに限らず、ハラスメント行為は拷問のようなものです。拷問を受けた人が、それを簡単に忘れられるはずがありません。それを簡単に許せるはずがないのです。

【2】被害者としても、怒りを持ち続けたくはない

もちろん、加害者を許したほうが、あなたは気持ちが楽になるでしょう。

怒りを持ち続けながら生活すると、無関係の人まで傷つけてしまうこともあります。

怒りを長期的に持ち続けることはあなたの健康にとっても、よくありません。

あなた自身としても、あえて怒りを持ち続けたくはないはずです。

怒りを手放すことができるのなら、手放した方がよいのは確かです。

【3】被害者と加害者のコントラストが、怒りを生じさせる

しかし、怒りを手放すのは簡単ではありません。

パワハラによる被害は、パワハラか起きたその後にも生じます。そのときだけの傷ではないのです。

フラッシュバックすることはよくあります。パワハラ被害によって不眠症になったり、パニック障害になったり、適応障害になったり、いわゆるうつ病になる人も多くいます。

「なぜ被害者である私が、このような目に遭わなければならないのか」という思いが、どうしても出てきます。

一方で加害者は、今まで通りの生活を送っています。「なぜ加害者は、普通に生活を送っているのか。」という思いも出てきます。

この自分と加害者のコントラストによって、怒りはいっそう強まります。

【4】コントラストを弱めることで、怒りは弱められる

このコントラストが弱まれば、つまりあなたが日常生活を取り戻し、加害者に対して報いを受けさせれば、きっとあなたは怒りを持つ機会も少なくなるでしょう。

あなたが日常生活を取り戻せば取り戻すほど、加害者が報いを受ければ受けるほど、あなたの中での怒りは弱まります。

どちらか一方だけで、怒りを手放すことができる人もいます。

両方とも叶えることで、初めて怒りを手放すことができる人もいます。

自分が日常生活を取り戻すことで、加害者に対する怒りがふつふつと蘇ってくることもあります。

【5】怒りを、動力源にして動く

怒りは、このコントラストを弱めるための動力源となります。

あなた自身の日常生活を取り戻すために行動を行っていきましょう。

あなたがパワハラ被害に遭う前までに、日常生活で行なっていたことを少しずつ取り戻していきましょう。

パワハラ被害にあってからしなくなった趣味などがあれば、それを改めてやってみましょう。

自分のことで精いっぱいで連絡をとらなくなった友人がいるなら、連絡を取ってみましょう。

手付かずだった家事などにも、取り組みましょう。

被害に遭う前の生活を思い出して、それを少しずつ取り戻していくのです。

もしくは、加害者に報いを受けさせるために、着々と準備を進めましょう。

証拠を増やし、味方を増やしてください。

録音を試みたり、被害メモを取ったりしましょう。

味方となってくれそうな人に対して、価値提供を行っていきましょう。仕事を手伝ったり、話を聞いてあげたり、相手が大切にしていることをあなたも大切にしてあげてください。

怒りを手放すために、怒りを有効活用しましょう。

怒りを、自分を破滅するために使わないように、注意してくださいね。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラの仕返しの目的は、あなたがスッキリすること

パワハラへの仕返しの目的の1つは、当然、加害者への制裁です。 しかし、現状において、加害者が罰を受けることは、ほとんどありません。 そもそもパワハラに対する認識はまだまだ甘いのに加えて、証拠も集めにく …

no image

自分も変わってきた金城さん

 沖縄でコーチをされている    金城将士(きんじょうまさし)さんに、    インタビューしました。        インタビューを申し込んだのは、    6月29日(木) …

no image

パワハラ対策として、内容証明郵便は得策なのか?

パワハラ加害者、会社への働きかけの1つとして、内容証明郵便を勧める方がいます。 たしかに、内容証明郵便という手段を知っていることは大切です。 ですが、本当に内容証明郵便は役立つものなのでしょうか? 行 …

no image

パワハラへの一番簡単な仕返しは、じっと見ること。

パワハラ加害者への、 仕返しは簡単ではありません。   仕返しをすれば、 もっとパワハラが酷くなるのではと思うと、 攻撃的な仕返しはできないでしょう。   また、あなたの性格からし …

no image

パワハラ解決の方法がないのではなく、心理的に実行ができないだけ

パワハラ解決の方法は、たくさんあります。 あなたが達成したい目的と、あなたが置かれた状況を踏まえれば、方法は見つかるものです。 誰でも今すぐ実行できるものとしては、次のようなものがあります。 被害メモ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。