専門家に相談するタイミングの、掴み方。

専門家に相談するタイミングをつかむのは、難しいものです。

相談する前に、自分でなんとかしようと思ってしまいます。

私がおすすめの相談のタイミングは、「人から声を掛けられたとき」です。
たとえば、「大丈夫?」と声を掛けられたとします。
それは大丈夫に見えない部分がありながらも、

一方で、まだ余裕があるようにも見えるという状態です。

この状態なら、まだ余裕があるために、専門家に残された選択肢も多い。

危機が迫ってきている緊急性がありつつも、予防に向けての行動もとりやすいのです。

他人から声を掛けられたら、そのタイミングで、専門家にご相談を。
きっと、よい方向へ進むきっかけになりますよ。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 告知 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。