パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

ゴールが、評価基準を作る。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

投稿日:

コーチングを教えているレッスン生の成長が、

半端ありません。

失敗に対する心構えができて、

どんどん、恐怖や不安に立ち向かうことが、

できるようになってきています。

これからは、もっともっと成長が加速するでしょう。

この、クライアントの急激な成長こそが、

私がコーチングをする目的であり、

本当に幸せを感じるときです。

【理論編】

ゴールが、評価基準を作ります。

職場における「よい」の基準は、

上司の命令を遂行できること、です。

しかし、起業することをゴールにした瞬間、

上司の命令を遂行できることは、必ずしも「よい」ではありません。

起業すれば上司はいません。

自分で判断を下さなくてはならないのです。

ですから、上司の命令を遂行することが、

必ずしも「よい」にはつながらないのです。

ゴールが変われば、同時に評価基準も変える必要があります。

評価基準が変わるからこそ、行動が変わるのです。

起業をすると決めたなら、

起業に向かう行動をプラスと評価するようにと、

評価基準を変えなくてはなりません。

たとえば、

収入が不安定になることをプラスに、

自分で稼ぐ力を持つことをプラスに、

評価を変える必要があります。

ゴールを決めても、評価基準を変えなければ、行動は変わりません。

ダイエットすることを決めたのに、

カロリーをまったく気にしなければ行動は変わらないでしょう。

ゴールを決めたら、そのゴールを評価基準としましょう。

ゴールにとって有益かどうか、を評価基準とするのです。

【実践編】

1 今日一日のゴールを決めましょう。
  例:ブログ記事を1つ書く。

2 今日一日のゴールに役立つかどうかで、自分の行動を思考・行動を判断しましょう。
  例:記事を書くのが面倒→ゴール達成に無益
    記事のアイデアを書く→ゴール達成に有益

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

味方は1人、いればいい。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】  人は、味方がたった1人いるだけで、  変わることができます。  もちろん、その味方というのは、 ”何があってもあなたの味方でい続けてくれる人”のことです。    多くの人は、最初は応援し …

no image

加害者は「ハラスメント」を知らないはずがなかった。その上で、「パワハラ・セクハラには当たらない」と言った。

三重県松阪市職員が、 ハラスメント行為で処分を受けました。   しかし、《市は関係者から話を聞き取った上で処分を決めたが、 課長級職員は「パワハラ、セクハラには当たらない」として、 不適切な …

no image

スピード起業・副業に役立つ「公開コミュニケーション」

パワハラ被害者の副業・起業には、スピードが大切となります。 そのときに大切となるのが、クライアント対象との「公開コミュニケーション」です。   たとえば、ツイッター上ではリプライというものを …

no image

パワハラと一緒に戦ってくれる仲間を探す。

パワハラは、一人では戦えません。 なぜなら、相手は「職場関係の優位性を背景に」しているからです。 つまり、もともと相手が有利な状況なわけです。 だから、ほぼ必ず仲間が必要となります。   【 …

no image

自分にしかできない社会貢献を見つけると、自己肯定感をすぐに取り戻すことができる。

パワハラ被害を受けているときに、 自己肯定感を保つのは、簡単なことではありません。   日々繰り返されるあなたに対する言動に対して、 まず戦わなくてはなりません。 同時に、それに対して対策行 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。