【雑記】サポートとは、心の交流のこと。

現在、『パワハラ行為をストップさせる50の方法(仮題)』という電子書籍を

作っています。

 

この電子書籍は、基本的には

このブログ記事を元にしようと思っています。

記事を元にして文章を書き直すというものです。

 

【1】記事のコピー&ペーストが大変

ブログを元にすれば、書籍なんて簡単に作れるかと言えば、

そんなことはありません。

 

まず、記事を探すのが大変ですし、

それを写し取るだけでも大変な時間が、かかります。

そして、そこから書き直すので、もっと時間がかかります。

 

素材はあるのですが、

その素材選び、素材の調理にも、

膨大な時間がかかるものなのです。

 

【2】メルマガ読者にサポート依頼をした

電子書籍は出版したいのですが、

あまり労力は払いたくない、より正確にいえば、

コピー&ペーストに時間を取られたくない。

 

そこで、サポートを求めることにしました。

 

メルマガに登録してくださっている方に、

サポートを募集したところ、

快くご協力いただける方からご連絡をいただくことができました。

 

もちろん、お礼もさせていただくのですが、

一番うれしかったのは、交流が持てることです。

 

【3】心の交流が嬉しい

サポートを求めて、サポートを得られる。

これが一番うれしいことです。

 

私はいろいろなところで情報発信をしていますが、

そこで求めているのは、

やはり心の交流なのだと思います。

 

支援業をしていると、

ラポール関係というものに敏感になります。

 

今、心がつながったと思えるときがあるのです。

私が求めているのは、それかもしれません。

 

【4】「いい人」は、たくさんいる。

世の中には、いい人とは呼べない人もたくさんいます。

倫理に反することをして何も感じない人がいます。

証拠さえ残らなければ何をしてもよいと思っている人がいます。

 

でも、「いい人」もたくさんいるのです。

私は、その人たちのサポートを受けて、

いま、書籍作りを勧めることができています。

 

支援を求めてみましょう。

サポートを求めてみましょう。

そうすれば、誰かが手を差し伸べてくれるかもしれません。

 

あなたのことを見守ってくれている人が、必ずいます。

ですから、一度、声を出してみてください。

 

きっと、誰かがあなたのもとにやってきてくれると、

私は思います。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。