パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラで会社を辞めたいけれど、同僚に迷惑をかけたくない。

投稿日:2017年4月24日 更新日:

パワハラに遭っている人には、優しくて、勤勉で、有能な人が多いです。

ですので、責任感が人一倍強い傾向があります。

そのため、迷惑をかけたくないと思って、辞められない人が多いのです。

 

会社に迷惑を掛けたくない。

同僚に迷惑を掛けたくない。

顧客に迷惑を掛けたくない。

会社を紹介してくれた人に、迷惑を掛けたくない。

そして、家族に迷惑を掛けたくない。

 

たしかに、退職すれば、さまざまな人に迷惑が掛かるかもしれません。

しかし、そもそも、退職することの良し悪しは、「あなたの働く目的」によって定まります。

 

あなたの働く目的が、顧客に価値提供をすることだとします。

その場合、その職場にいることは「よいこと」なのでしょうか。

あなたが全力を発揮できないような職場にいるのが、本当に「よいこと」なのでしょうか。

 

あなたの働く目的が、家族を養うことだとします。

その場合も、その職場にいることは「よいこと」なのでしょうか。

あなたの心身を壊してまで、働くことが家族のためなのでしょうか。

 

あなたの働く目的を思い出しましょう。

そして、その目的に照らして、今の職場に居続けることが「よいこと」かどうかを判断しましょう。

 

きっと、「よい」とは言い切れないはずです。

冷静に、目的に照らし合わせて、価値判断をしてみましょう。

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「殺すぞ」は、当然にアウトのパワハラ

厚生労働省は、パワハラの6類型を出しています。 その中でも、「精神的な攻撃」は、   原則として、 パワハラに該当する類型だと言われています。   【1】「殺すぞ」は「適正な業務の …

no image

パワハラを受けた怒りを、無理に忘れる必要はない

不自然に怒りを抑圧する必要もないし、不自然に忘れようとする必要もありません。 ゴールを見据えて、そこに動き続けることで、自然と忘れます。 私達の脳は手抜きをしたがるので、重要でないことまで覚えていては …

no image

パワハラで仕事を辞めたいけれど、辞められないなら、するべきこと。

パワハラを受けて仕事を辞めたい。 しかし、辞められない。 こうなると多くの人が、身動きが取れない状態になります。 そして、「耐える」という選択肢を選びがちになります。   しかし、そのような …

no image

パワハラ・職場いじめの目標として、復讐や仕返しがあってもいい。

パワハラや職場いじめ・嫌がらせから脱出するには、 目標が必要です。   現状を脱出して、 どのような状況になってほしいのか、 しっかりと考えておくことが大切です。   その中の1つ …

no image

パワハラに負けない心を作るために、法律知識を身に付けておく。

パワハラに心が折れそうなときこそ、被害メモや録音・録画などの証拠集めをしましょう。 ただ我慢し続けるだけでは、自己肯定感を保つことはできません。 証拠を集めている行為が、あなたの心を支えてくれます。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。