パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ被害者にとって、インプット-アウトプットより大切なもの

投稿日:

パワハラ被害者にとって、

インプット-アウトプットよりも、

重視すべき大切なものがあります。

 

【1】インプットは、もちろん大切

大前提として、インプット-アウトプットは大切です。

パワハラの定義、6類型、法律上のパワハラの扱いなど、

これらの知識は知っておくことはとても重要です。

 

そして、パワハラ被害を受けたときに、

どのような行動をとるべきかの知識についても、

知っておくことが重要です。

 

そして、入手した情報を、

パワハラからの脱出に向けて活用することも

もちろん大切です。

 

【2】アウトプットも、もちろん大切

あなたが受けている被害が、

パワハラに該当することが分かり、

相談先についても知り、

相談先がどのような情報を知りたがっているかも分かった。

もしくは、どのように言い返していけばよいかがわかった。

 

しかし、やはりそれを行動に移さないと

あまり意味はありません。

もともとの目的である、パワハラからの脱出という目的達成には

最終的には行動というアウトプットが必須です。

 

【3】インプットとアウトプットを繋ぐもの

しかし、一番大切なものは、

インプットした情報を、アウトプットにつなげるもの。

つまりは、思考回路です。

 

どのように思考するかが、

アウトプットの量と質を決めます。

 

行動量と、行動の成果を決めるのは、

思考回路によるのです。

 

【4】ゴールに最適化させることの重要性

現状打破のためには、

現状打破をするための思考回路が必要です。

 

ゴールを達成するために

最適な思考回路にならなければなりません。

 

たとえば、許容損失の原則、全部同時実行の原則などです。

 

私はさまざまな人の相談を受けていますが、

このような思考回路を持ち合わせていないままでは、

短期間での解決はできません。

決断ができないからです。

 

インプット、アウトプットをしているけれど、

まったく現状打破につながらないとしたら、

おそらくそれは、思考回路の問題だと思われます。

 

ぜひ、自分が

何を認識し、

認識したものをどのように評価し、

どのように判断をしているかを、

冷静に見つめ直してみてください。

 

 

そして、それらが自分のアウトプットを

どのように制限してしまっているかを

一度、見つめ直していただけたらと思います。

20160804

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラは「甘え」ではないので、「甘え」の問題としても解決はしない。

パワハラを「甘えだ」という人が少なからずいます。 しかし、組織の目的から考えたときにパワハラが肯定される理由がありません。 パワハラは職場全体の生産性を下げます。 「甘えだ」と被害者の個人問題にすり替 …

no image

パワハラを解決したいなら、代理人を立てさせないこと。

パワハラをストップさせるためには、「代理人を立てさせないこと」が大事です。 バワハラは心理戦だからです。加害者に「コイツと関わると、自分がやばい」と思わせたらパワハラはなくなります。 このような心理戦 …

no image

パワハラ脱出のためにゴールが近づいてきたら、すぐに更新する。

今回は、コーチング編です。 浅田真央さんが、引退されました。 《自分を支えてきた目標が消えて、選手として続ける気力がなくなりました》とのことです。 http://news.line.me/issue/ …

no image

厚労省パワハラ6類型「個の侵害」の例

厚生労働省は、パワハラを下記のように定義しています。 職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身 …

no image

「パワハラ」に関して知っておきたい、法律知識

パワハラは、法律用語ではありません。 法律用語でないというのは、法律で定義されていないということです。 そのため、パワハラへの対応には、個々の法律に基づくしかありません。 それは民法、刑法、労働基準法 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。