パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラで辛いときに、思い出しておくべきこと

投稿日:2016年11月10日 更新日:

パワハラ被害を受けていると、

どんどんエネルギーを失われていきます。

 

日々のパワハラによる

エネルギーの消耗をいかに減らし、

そして、いかに回復するか。

 

 

【1】心身を自分で守ることの大切さ

パワハラは日々のことです。

心身の消耗を防ぎ、回復力を高めること。

この2つをしていかなければ、

日々、心身をすり減らしていくことになります。

 

我慢したり、耐えたりして、状況が良くなることはありません。

それどころか、これまであなたを支えてくれた人も、

あなたから離れていきます。

 

内部であなたを支えていた人は、

自らがターゲットになることを恐れたり、

自分で改善できなかったことに責任を感じたり、

自らの保身をしようとして、あなたから離れていきます。

 

外部の人が離れていくのは、疲れてしまうからです。

パワハラ被害者をサポートするのは、

やはりそれなりのエネルギーが必要となります。

 

ですから、ある程度は自分で回復できるようになっておく必要がある。

 

【2】周囲は、あなたの態度に反応する

周囲の人は、あなたが示す態度に反応します。

 

あなたが、パワハラに屈しない態度を示し続ければ、

それが実現するように、手伝ってくれる人も出てきます。

 

しかし、パワハラを耐え続けている姿を示し続けると、

周囲の人は、あなたへの協力はしなくなります。

 

あなたが動く必要があるのです。

そのためにも、心身を守り、素早く回復しておく必要があります。

 

【3】あなたが覚えておくべきこと

周囲は、あなたが成長しようとするとサポートしてくれます。

辛い状況を打破しようとしたり、精神的に強くなろうとしたり、

パワハラに屈せずに前に進もうとして、

その意思を行動で表し続ければ、サポートしてくれます。

 

しかし、あなたが打ちひしがれているときには、

あなたを支えてはくれません。

 

それができるのは専門家だけです。

辛い状況にある人を支え続けるには、

専門的な技術が必要となるのは当然ですが、

それ以上に支える精神力が必要となるのです。

 

ですから、あなたは、周囲に対して、

自分は現状に不満を持ち、改善しようとしている姿を

見せていく必要があります。

 

これは簡単なことではありませんが、

あなたがやらなければならないことです。

 

具体的に何をすればよいかは、こちらをご覧ください。

方法論について、体系的に書いてあります。

 

辛いとは思いますが、

自分が動くことの大切さは、忘れないでください。

 

あなたが動くことを止めたとき、周囲もあなたへの支援をしなくなります。

ですから、目に見える成果がないときでも、

改善に向けた行動を、起こし続けましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

鏡の法則で、自己肯定感を下げないでくださいね。

 パワハラや職場で嫌がらせを受けている人で、    鏡の法則を信じている人は大勢います。        鏡の法則そのものを信じていなくても、    他人は自分の …

no image

パワハラ加害行為に対して「自分が悪い」と思わないためにも、パワハラについての基礎知識を身に付けておく。

個別メール相談のリンクです。 ⇒パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら   「自分が悪いのではないか」と思ってしまう被害者の方は多いのですが、そういう人にこそ法的な知識を持 …

no image

血圧を簡単に下げる方法【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

小学校のオープンスクールに行ってきました。 「起立!」「礼!」「着席!」がなくなっていたことが、 一番うれしいことでした。 古い軍隊式の方法では、 命令を忠実にこなす人は育っても、 自分で考えられる人 …

no image

パワハラと戦う勇気は、パワハラと一緒に戦う仲間から生まれる。

パワハラ被害者に勇気を持ってほしいとは、ずっと思っています。しかし、どうやったら勇気を持てるのかを考えて続けていて、今日、やっと結論が見つかった気がします。仲間を持つことです。つまり、勇気を持つという …

no image

いじめは必ずしも犯罪ではないが、相談したくなるレベルは、ほぼすべて犯罪。

知っておくべき! 子ども同士のいじめ問題に弁護士が必要なワケこんにちは、佐原チハルです。 “弁護士”というと、自分の生活にはあまり関係のない職業のように感じら……… …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。