パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ・職場いじめは、命に関わる。

投稿日:

パワハラ・職場モラハラは、

本当に命に関わる問題です。

 

なぜ、それが理解されないのかが

私にはよく分かりません。

 

【1】パワハラは、命に関わる問題

パワハラ・職場モラハラは、

命に関わる問題です。

 

しかし、いまだに二次被害を生み出す人がいます。

ハラスメント相談室にいる相談員であっても、

被害者にも悪いところがあると、

言う人がいます。

 

これは、殺人未遂に遭っている人に、

「殺されそうになっているあなたにも責任がある」と、

言っているのと同じであることが、

どうして分からないのでしょうか?

 

【2】被害者心理を知らない相談員たち

恐ろしいことに、

ハラスメント相談員の中にも、

被害者心理を知らない人がいます。

 

それどころか、加害者が

ハラスメント相談員をしている場合さえ

あるのです。

 

加害者は、基本的には外面がよいですから、

そのような地位につきやすいのです。

 

【3】被害者救済を邪魔する外野たち

その上で、

被害者救済を業務にしようとすると、

パワハラ被害者からお金を取るなと

訳の分からないことを言ってくる人がいます。

 

もちろん、

この人たちが何かをしているわけではありません。

ただ、偽善に見える行為を批判したいだけです。

 

【4】誰が、被害者を助けられるのか

はっきり言って、

パワハラ・職場モラハラ被害者は、

現在、八方ふさがりの状態です。

 

誰も味方になってくれず、

味方になろうとしてくれる人は攻撃される。

そんな状態です。

 

そんな被害者を助けられるとしたら、

誰かと言えば、私達、被害者しかいません。

 

被害者になったことがある人しか、

被害者心理はわからないのですから、

被害者が立ち上がるしかないのです。

 

【5】あなたの情報発信が他の人を助ける

ですから、あなたも声を上げてください。

他の仲間に向かって、自分の辛い現状を情報発信してください。

それが他の人にとっての、希望となります。

 

そして、もしあなたが、

同じような被害者を助けたいと思ってくださるなら、

一緒に助けることを仕事にしていきましょう。

 

私に依頼するのは気が進まなくても、

あなたになら依頼をしたい人がいるかもしれません。

 

ぜひ、仲間のために一歩、踏み進めてみてください。

あなたのちょっとした行動が、他の人の命をつなぐかもしれません。

一歩、踏み出してみてください。

 

【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ・職場いじめの目標として、復讐や仕返しがあってもいい。

パワハラや職場いじめ・嫌がらせから脱出するには、 目標が必要です。   現状を脱出して、 どのような状況になってほしいのか、 しっかりと考えておくことが大切です。   その中の1つ …

no image

パワハラの傷とは、自己肯定感が下がった状態になってしまうこと

パワハラの傷が、自己イメージへの傷として残るというのは、無意識に自分を低く評価し続けるようになるということです。 子どもは万能感にあふれていますが、大人になるにつれてその自己評価は下がります。パワハラ …

no image

仕事が長続きしない人がやるべき1つのこと

1つの会社に長く務めるのが、どうしても苦手な人がいるんですね。 そういう人には、兼業や副業をしておくことをお勧めしています。職場を複数持っておくんです。 職場が複数あると、1つの職場に対して適度な距離 …

no image

自分を守るために、行動履歴を取っておく。

履歴がなければ、信じてなんてもらえません。   パワハラの被害を受けたら、 被害メモ、ボイスレコーダーでの録音など 証拠集めを行いましょう。   そして、同時に、解決に向けて あな …

no image

いじめ・嫌がらせを受ける「優しい人」のための、相手を傷つけない話し方

いじめ・嫌がらせを受ける人は、「優しい人」が多いです。 故意に人を傷つけることに、激しい嫌悪感を持っています。 たとえそれがパワハラ等の加害者であったとしても、傷つけることが怖くてできないのです。 で …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。