パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ・職場いじめは、命に関わる。

投稿日:

パワハラ・職場モラハラは、

本当に命に関わる問題です。

 

なぜ、それが理解されないのかが

私にはよく分かりません。

 

【1】パワハラは、命に関わる問題

パワハラ・職場モラハラは、

命に関わる問題です。

 

しかし、いまだに二次被害を生み出す人がいます。

ハラスメント相談室にいる相談員であっても、

被害者にも悪いところがあると、

言う人がいます。

 

これは、殺人未遂に遭っている人に、

「殺されそうになっているあなたにも責任がある」と、

言っているのと同じであることが、

どうして分からないのでしょうか?

 

【2】被害者心理を知らない相談員たち

恐ろしいことに、

ハラスメント相談員の中にも、

被害者心理を知らない人がいます。

 

それどころか、加害者が

ハラスメント相談員をしている場合さえ

あるのです。

 

加害者は、基本的には外面がよいですから、

そのような地位につきやすいのです。

 

【3】被害者救済を邪魔する外野たち

その上で、

被害者救済を業務にしようとすると、

パワハラ被害者からお金を取るなと

訳の分からないことを言ってくる人がいます。

 

もちろん、

この人たちが何かをしているわけではありません。

ただ、偽善に見える行為を批判したいだけです。

 

【4】誰が、被害者を助けられるのか

はっきり言って、

パワハラ・職場モラハラ被害者は、

現在、八方ふさがりの状態です。

 

誰も味方になってくれず、

味方になろうとしてくれる人は攻撃される。

そんな状態です。

 

そんな被害者を助けられるとしたら、

誰かと言えば、私達、被害者しかいません。

 

被害者になったことがある人しか、

被害者心理はわからないのですから、

被害者が立ち上がるしかないのです。

 

【5】あなたの情報発信が他の人を助ける

ですから、あなたも声を上げてください。

他の仲間に向かって、自分の辛い現状を情報発信してください。

それが他の人にとっての、希望となります。

 

そして、もしあなたが、

同じような被害者を助けたいと思ってくださるなら、

一緒に助けることを仕事にしていきましょう。

 

私に依頼するのは気が進まなくても、

あなたになら依頼をしたい人がいるかもしれません。

 

ぜひ、仲間のために一歩、踏み進めてみてください。

あなたのちょっとした行動が、他の人の命をつなぐかもしれません。

一歩、踏み出してみてください。

 

【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

職場での陰口への対処法

職場における陰口も、 場合によっては、パワハラに当たるものです。   厚生労働省が定義するパワハラでは、 「職場内の優位性」が、条件の1つとなります。   しかし、この「職場内の優 …

no image

パワハラ被害を相談して二次被害を受けたら、感謝を述べた上で、別の人に相談する。

パワハラ被害を相談して、「あなたにも悪いところがある」と言われたら、その相手は信用してはいけません。 もちろん、あえて敵に回す必要はありません。ですから、まずは丁寧に感謝を述べましょう。 その上で、別 …

no image

パワハラ・職場いじめを受けた、あなたが100%悪いのか?

パワハラ・職場いじめ問題において、 誰かが100%悪いということはありません。   私は加害者が95%悪いと思っていますが、 それでも被害者側にも5%の非があると思っています。   …

no image

パワハラに当たるかどうかを直観的にチェックする方法

厚生労働省は、パワハラを次のように定義しています。 職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体 …

no image

パワハラへ反撃するときに、覚悟するべきこと

パワハラに反撃をするときは、あることを覚悟しなければなりません。 それは、「加害者からの報復を受けること」です。 加害者は、ほぼ間違いなく報復をしてきます。 自分の行為をパワハラだと認めて反省し、謝罪 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。