パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

仕事を与えられないパワハラの脱出法

投稿日:

 仕事を与えられないというパワハラもあります。

 

 

 

 これは、会社側としてはとてもやりやすいパワハラです。

 

 直接的な攻撃ではなく、証拠も残りません。

 

  

 

 仕事ができないのだから、

 

 仕事をさせていないだけだ、という論理で、

 

 仕事を与えないこともできる。

 

 

 

 そうすると、

 

 されている側は、自分の存在意義を感じられなくなり、

 

 自然と辞めるようになる。

 

 

 

 そのときには、自主退職という形をとるので、

 

 会社側は、解雇をしたという履歴も残らない。

 

 

 

 つまり、会社にとっては、とても都合のよい

 

 パワハラの仕方なのです。

 

 

 

 では、どうやって対処すればよいのでしょうか。

 

 

 

 その方法については、

 

 こちらのメルマガで詳しくご説明していますので、

 

 こちらをご覧ください。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

誰かのために時間を使うことで、自信を取り戻すことができる。

「時間の飢餓状態」から抜け出すための、 1つの有効な方法が 「他人のために時間を使うこと」だそうです。   他人のために時間を使えば、自分の自由時間が減ります。 ですから、直観的には、 さら …

no image

パワハラ問題で、診断書を出してもらうことの大切さ

いわゆるブラック部活による、 PTSDになってしまったと思われる事例です。   《2年前把握の教諭の暴言、診断書受け再調査へ》 元記事はこちら http://www.yomiuri.co.j …

no image

日々パワハラを受けているときは、休暇は意図的にリラックスをすることが解決策につながる。

休日はゆっくりと休みましょう。 リラックスすることで、解決策が思いつくことがあります。 何もせずにぼぉ〜っとすることも、脳のデフォルト・モード・ネットワークを働かせることに役立ちます。 身体の力を抜い …

no image

行動している姿を公表することで、支援者が出てくる

こういう動画を観ると、やっぱり人気が出る人は違うなと思います。https://t.co/4lwzt8ySfW — パワハラ解決コンサルタント 三國雅洋 (@artof_challenge) 2017年 …

no image

パワハラ被害者は”自分が悪いのではないか”と思うと、負のスパイラルになる。

パワハラ・職場いじめを受けているときに、”自分にも悪いところがある”と考え始めると、思考が負のスパイラルに入りやすいで、お勧めしません。 ”私はこのような扱いを受けるべき人ではない”と本気で思ってこそ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。