パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

自己肯定感を高く保つことが、何よりも大切。

投稿日:2017年1月11日 更新日:

パワハラ、職場モラハラの加害者は、

あなたの自己肯定感を下げてきます。

 

悪口・陰口・嫌味・無視など、

あなたの人間としての尊厳に攻撃をしてきます。

 

 

ハラスメント行為の本質は、

あなたの自己肯定感を下げることです。

 

ですから、あなたは

自己肯定感を高める技術を持つ必要があります。

 

【理論編】

 

あなたがミスをしたときに、

上司が「こんなミスをするなんて珍しいですね。次はもっと注意してくださいね。」と言われたら、

あなたはきっと反省するでしょう。

 

しかし、「やっぱりまたミスがありましたね。次はもっと注意してくださいね。」と言われたら、

多くの人は、怒りを感じるでしょう。

 

これは伝え方の問題ではありません。

伝え方の背景にあるものに、怒りを感じるのです。

 

一方は、あなたはミスをしない人だというイメージに基づく言葉であり、

一方は、あなたはミスをする人だというイメージに基づく言葉です。

 

あなたのセルフイメージを高めようとするものか、

あなたのセルフイメージを下げようとするものかの違いです。

 

逆に言えば、セルフイメージを高める方法を身に付けることが、

あなたの心身を守ることに大きな貢献をするのです。

 

つまり、あなたは、

自分で自己イメージ、セルフイメージを

高められるようになる必要があります。

 

セルフイメージを高める簡単な方法は、

心の中の声をコントロールすることです。

 

もっと簡単に言えば、常に心の中で

自分を高く評価し続けることです。

 

ミスをしてしまったときに、「自分らしくないな」と心の中で思うこと。

他人からの攻撃に、「あんな人の言葉を気にするなんて、自分らしくないな」と思うこと。

恐怖を感じているときに「これは武者震いだ」と捉えなおすこと。

 

これは最も安全で、効果的なテクニックの1つです。

あなたの心の中の声は、誰も聴くことができません。

そして、24時間365日実行可能なテクニックです。

 

ですから、ぜひ試してみてください。

 

【実践編】

1 あなたが尊敬する人を、1人思い浮かべてみます。

2 あなたがその人に掛ける言葉を思い出してください。

3 あなたが、尊敬する相手にかける言葉を、24時間365日自分に向けてかけてください。

 

 

【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを受けて「なぜ自分が辞めなくてはならないのか」と思ったときの考え方

本来なら、会社が加害者を退職・異動などの処分を下すべきです。 しかし、それがなされない場合、そんな会社にあなたが残る必要性があるでしょうか? パワハラを放置・容認するような会社に、あなたが残る必要があ …

no image

パワハラを受けて、体調を崩し始めたらどうすればよいのか?

パワハラを受けて体調を崩し始めたら、 一体どうすればよいのでしょうか?   これについては、私の結論は1つです。   【1】体調を崩し始めたら、猶予はない パワハラというのは、公に …

no image

【雑記】オープンにする場所が、あなたを助ける。

今さらながら、ツイッターは「オープンな場所」ではなくて、「オープンにする場所」なのだと気づく。 — パワハラ解決コンサルタント 三國雅洋 (@artof_challenge) 2017年5月16日 B …

no image

いじめは必ずしも犯罪ではないが、相談したくなるレベルは、ほぼすべて犯罪。

知っておくべき! 子ども同士のいじめ問題に弁護士が必要なワケこんにちは、佐原チハルです。 “弁護士”というと、自分の生活にはあまり関係のない職業のように感じら……… …

no image

自己犠牲は、誰のためにもならない。

パワハラ被害を受けている方の中には、家族のために、または同僚のために会社を辞めたい人が多くいらっしゃいます。 自分を犠牲にして、他の人を守ろうとされています。 これは、とても美しいことです。 ですが、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。