パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

改善の兆し、兆候だけを見つめる。

投稿日:2016年9月10日 更新日:

パワハラ問題の解決は、

それほど簡単ではありません。

 

1日、2日でできるものではなくて、

何ヶ月もの時間をかけて行うものです。

 

では、どうやったらその期間を

心と強く保てるのかについて、

お伝えしたいと思います。

 

【1】まずはゴールを定める。

いつまでこの現状が続くのか分からない、

このままではどうなるかわからない、

このような不安は、とても大きなストレスとなります。

 

前に進むには、何かしらの希望が必要です。

その希望を持つために必要となるのが、

ゴール、目的地です。

 

どこか向かう先があるからこそ、

心を保ちやすくなります。

向かう先がないまま、ただ耐えることはできません。

何かのためだと思うから、耐える力が出てきます。

 

【2】許容損失を定める

ゴール達成のために、何をどこまで費やせるかを

決めましょう。

パワハラのない職場をゴールとして定めたなら、

ゴール達成のために、あなたが費やしてもよい思える

時間、労力、お金などの限度を決めるのです。

 

もし会社を辞めてもよいと思えるなら、

そのために費やせる資源は多くあるでしょう。

 

一方で、会社を辞めることはできないなら、

会社を辞めずにできる範囲内の選択肢しか選べません。

 

許容損失が、あなたの選択肢の幅を決めます。

何を賭けてもよいと思えるか、

どこまで損をしてもよいと思えるかが、

あなたの選択肢を決めます。

 

【3】資源を探す。

脳は、重要な情報だけを認識に上げます。

 

ゴールを設定し、ゴールを常に意識するようになると、

ゴールにとって重要だと思われる情報を、

認識できるようになります。

 

今までは全く気にしていなかった人、

たとえばよく自分の部署に来る人が、

実は今の職場の雰囲気を変えるキーマンだと

気付くかもしれません。

 

上司の上司が、パワハラが大嫌いな人だと

始めて気が付くかもしれません。

 

ゴールを設定することによって、

その改善に役立つものが認識できるようになってきます。

その兆し、兆候だけを意識していきましょう。

 

すると、前進していることを感じやすく、

心を保ちやすくなります。

 

【4/4】ゴール達成への兆しだけを意識に上げる

ポジティブシンキングをするのではなくて、

状況が少しずつ良くなっている事実を集めるのです。

物事をプラスに解釈するのではなくて、

その兆しを事実として見つけるのです。

 

ゴール達成の兆しを常に意識しましょう。

そして、それを活かして、新しい行動を起こしましょう。

 

パワハラ問題で一番つらいのは、

動き出しているのに改善していないように思える時期です。

ここを乗り切るには、

改善の兆しを探し、

1つ1つを改善の兆し、証拠として集めていく作業が必要なのです。

 

もし今あなたが改善を諦めて無気力になりかけているなら、

よくなってきていることを示す証拠を探してみてください。

 

もちろん、職場の改善に興味がないのにする必要はありません。

 

あなたが達成したいゴールの、

ゴール達成に進んでいる証拠を、

探してみてくださいね。

 

20160804

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

退職に関する法律(期間の定めがない場合)【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

コーチング後に、 クライアントが、自分の思い込みを外して、 イキイキ・ワクワクと行動を起こしている姿を見ると、 コーチってよい職業だなと思います。 が、今日は法律家として、退職に関する法律論を書いてみ …

no image

パワハラ解決の方法がないのではなく、心理的に実行ができないだけ

パワハラ解決の方法は、たくさんあります。 あなたが達成したい目的と、あなたが置かれた状況を踏まえれば、方法は見つかるものです。 誰でも今すぐ実行できるものとしては、次のようなものがあります。 被害メモ …

no image

パワハラを放置する会社からは、今すぐ脱出しよう。

パワハラを受けて会社を辞めるのは、たしかに悔しい気持ちになるでしょう。 なぜ加害者が仕事を続けて、自分が辞めなければならないのかと、普通は思います。 しかし、そのような気持ちを持ちながら辞めて「辞めて …

no image

パワハラは「甘え」ではないので、「甘え」の問題としても解決はしない。

パワハラを「甘えだ」という人が少なからずいます。 しかし、組織の目的から考えたときにパワハラが肯定される理由がありません。 パワハラは職場全体の生産性を下げます。 「甘えだ」と被害者の個人問題にすり替 …

no image

職場での陰口も「パワハラ」です。

無料個別相談会のリンクです。 ⇒パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら   職場での悪口、陰口について上司に相談しても、個人間の問題として「仲良くしてください」で終わる場合 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。