パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラに負けない心を作るために、法律知識を身に付けておく。

投稿日:

パワハラは心理戦です。加害者とあなたとの間で、どちらが先に相手の心を折るかの戦いです。

ですから、あなたには自分の心を守るための技術が必要となります。

そして、そのために役立つのが法律知識です。

法律知識は、あなたから迷いを取り除いてくれます。

我慢し続けているだけでは、自己肯定感を保つことはできません。

法律知識を身に付けて、その法律知識に基づいて動くことで自己肯定感を保てるのです。

【1】パワハラは心理戦

パワハラは心理戦です。

どちらが先に相手の心を折るかの勝負です。

加害者の、加害の意思を折ればあなたの勝利です。

あなたに対してパワハラをする意思を失わせることが、あなたの勝利です。

【2】自分の心を守る技術こそ必要

パワハラは心理戦であるために、大切となるのが”どうやって自分の心を守るか”です。

そのためには、さまざまな心理学的な方法論があります。たとえば、セルフトークのコントロールという心理技術があります。文章完成法に基づく、自己評価を高める方法もあります。

これらの心理技術は確かに効果的ですが、自分一人で行っても効果を実感しにくいというデメリットもあります。

【3】法律知識があなたの心を支える

あなたの心を守る方法として、効果を実感しやすいのが「法律知識を身に付けること」です。

パワハラの定義や、加害者に対して法律的にどのような責任追及ができるのかを知ることが、あなたの心理的な支えとなります。

”加害者の言動は、法的には許されないことだ”という確信を持てることで、安心できるのです。

相手の言動が社会的に悪いと言い切れないと、それがストレスとなってしまいます。

法律知識は、それを取り除いてくれます。

【4】法律知識で自己肯定感を保つ

パワハラに関する知識を身に付けて、自己肯定感を保ちましょう。

そして、法律知識が活かせるように、証拠集めを始めましょう。

被害メモや録音・録画で、パワハラの証拠を集めるようにしましょう。

そうやって動くことで、あなたは自分を肯定しやすくなります。

それが、あなたをパワハラによる悪影響から守ってくれます。

あなたなら状況を改善することができるはずです。

ぜひ、無理をしない範囲でよいので、動いてくださいね。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

反省なんかしなくてもいい。

パワハラなど、職場ハラスメントを受けていると、 どうしても、「自分が悪いのでは?」と、 思いますよね。   「こんなことをされるのは、 何かしら、自分が気に入らない部分があるからだ。」と、 …

no image

新型コロナウィルスは、パワハラ被害者をさらに追い詰める可能性が高い。

パワハラ被害から抜け出す最も確実な方法は、転職です。 しかし新型コロナウイルスの影響により、転職が難しくなってしまいました。 また、4月15日現在は、異動が決定したばかりです。次の異動を待つ場合は、1 …

no image

パワハラへの仕返しの1つの方法として、労基法違反への指導を求める。

パワハラでお困りの方は、ぜひこちらのメルマガもご利用ください。     パワハラ行為は、 必ずしも労基法違反ではありません。   そのため、労働基準監督署(労基署)は、 …

no image

パワハラ被害者こそ、エフィカシーを上げる技術が必要となる。

コーチング用語に、「エフィカシー」というものがあります。 これは、「自己のゴール達成能力の自己評価」と定義されます。   このエフィカシーをいかに上げるかが、パワハラから脱出できるかどうかの …

no image

パワハラに対して言い返せない自分を責める必要はないし、むしろ責めてはいけない。

言い返せない自分を責める必要はありません。 自分を責めるのは、自己肯定感を下げてしまいます。 自己肯定感が下がると、悪循環が起きますので、むしろ自分を責めてはいけないぐらいです。 — パワハラ解決!法 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。