パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラに負けない心を作るために、法律知識を身に付けておく。

投稿日:

パワハラは心理戦です。加害者とあなたとの間で、どちらが先に相手の心を折るかの戦いです。

ですから、あなたには自分の心を守るための技術が必要となります。

そして、そのために役立つのが法律知識です。

法律知識は、あなたから迷いを取り除いてくれます。

我慢し続けているだけでは、自己肯定感を保つことはできません。

法律知識を身に付けて、その法律知識に基づいて動くことで自己肯定感を保てるのです。

【1】パワハラは心理戦

パワハラは心理戦です。

どちらが先に相手の心を折るかの勝負です。

加害者の、加害の意思を折ればあなたの勝利です。

あなたに対してパワハラをする意思を失わせることが、あなたの勝利です。

【2】自分の心を守る技術こそ必要

パワハラは心理戦であるために、大切となるのが”どうやって自分の心を守るか”です。

そのためには、さまざまな心理学的な方法論があります。たとえば、セルフトークのコントロールという心理技術があります。文章完成法に基づく、自己評価を高める方法もあります。

これらの心理技術は確かに効果的ですが、自分一人で行っても効果を実感しにくいというデメリットもあります。

【3】法律知識があなたの心を支える

あなたの心を守る方法として、効果を実感しやすいのが「法律知識を身に付けること」です。

パワハラの定義や、加害者に対して法律的にどのような責任追及ができるのかを知ることが、あなたの心理的な支えとなります。

”加害者の言動は、法的には許されないことだ”という確信を持てることで、安心できるのです。

相手の言動が社会的に悪いと言い切れないと、それがストレスとなってしまいます。

法律知識は、それを取り除いてくれます。

【4】法律知識で自己肯定感を保つ

パワハラに関する知識を身に付けて、自己肯定感を保ちましょう。

そして、法律知識が活かせるように、証拠集めを始めましょう。

被害メモや録音・録画で、パワハラの証拠を集めるようにしましょう。

そうやって動くことで、あなたは自分を肯定しやすくなります。

それが、あなたをパワハラによる悪影響から守ってくれます。

あなたなら状況を改善することができるはずです。

ぜひ、無理をしない範囲でよいので、動いてくださいね。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

辛い思いをした人こそ、ハッピーに

【1】辛い思いをした人ほど、ハッピーになってほしい 私は、パワハラ・職場いじめの被害者には、 今後の人生がハッピーであってほしいと思っています。   もちろん、辛い現状から抜け出してほしいの …

no image

パワハラ問題で、診断書を出してもらうことの大切さ

いわゆるブラック部活による、 PTSDになってしまったと思われる事例です。   《2年前把握の教諭の暴言、診断書受け再調査へ》 元記事はこちら http://www.yomiuri.co.j …

no image

パワハラを受けて、死にたいと思うことは恥ではない。

パワハラを受けると、死にたいと言う気持ちが出てきます。 それは自然なことで、恥じることでもなんでもありません。 本当に恥じるべきは、加害者です。 あなたが自分を恥じる必要は、何一つありません。 — パ …

no image

職場いじめに負けないメンタルを、メンタルトレーニングなしで今すぐに身に付ける。

パワハラ・職場モラハラ・嫌がらせに負けないメンタルは、 誰でも身に付けられます。   そこにはメンタルトレーニングは不要です。   職場いじめに打ち勝っている自己概念(セルフイメー …

no image

退職を考えているパワハラ被害者は、同僚・顧客・取引先の心配をする必要はない。

パワハラ被害に遭っていても、「同僚や顧客に迷惑を掛けたくないから、辞められない」という方がいらっしゃいます。 その誠実さは素晴らしいです。 ただ、本来それは組織の課題です。辞められて周囲に迷惑が掛かる …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。