パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

2つの質問で理性を働かせる。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

投稿日:

メルマガ読者限定で、

「私のレッスン生による無料コーチング」を募集しました。

すぐに応募いただいた方が数名いらっしゃいました。

こういう小さいチャンスをつかめる方が、

大きなチャンスをつかめるのだと思います。

理性で「ほぼノーリスク」と思っていても、

なかなか行動に移せないものですからね。

【理論編】

「許容損失の原則」というものがあります。

 連続起業家について研究している、

 サラス・D・サラスバシ教授が唱えている、

 連続起業家の思考法の1つです。

 

 連続起業家は、

「このリスクは許容できるか」を考えて、行動の基準とします。

 

 人は、リスクについて考えているようで、

 実はリスクについて考えている人は、少ないものです。

 たとえば、先ほどの無料コーチングは、ほぼノーリスク。

 売り込みをかけられるという恐れは、もちろんあります。

 しかし、それは大したリスクではないでしょう。

 

 でも、申し込みをしてくる人は、やっぱり一部なんです。

 リスクではなくて、漠然とした不安で、

 判断してしまうんですね。

(もちろん、タダでもいらないものはあるでしょうけれどね。)

 最終的に結論を下すのは、もちろん感情です。

 しかし、その前に理性的に判断することが、大切。

 ですから、次の2つの質問を考える癖をつけましょう。

1 「この行動を起こすことで、自分は何を失う可能性があるか」

2 「その損失を、私は許容できるか」

 感情に従うのは、この2つを考えてからでもいいんです。
  
【実践編】

1 あなたが魅力的だけど、不安を感じている行動を1つ取りあげましょう。

2 2つの質問をしましょう。
  「この行動を起こすことで、自分は何を失う可能性があるか」
  「その損失を、私は許容できるか」

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ・モラハラを受けて、身動きが取れなくなったときは。

パワハラ・モラハラ加害者は、 小さな嫌味、悪口などにより、 被害者を身動きがとれない状態に追い込みます。   被害者は、いつの間にか どうすることもできない状況へと 追い込まれています。 & …

no image

パワハラ加害者の攻撃には、こうやって対処する。

最近は、一発アウトのパワハラはほとんどありません。 陰湿で、間接的なものが、ほとんどです。   このパワハラの特徴は、あいまいであること。 非言語的であり、多義的であることです。 Chris …

no image

休職や連休を利用して、パワハラへの対応策を冷静に考えることで、道は開ける。

パワハラ職場からの脱出を考えている方は、ぜひこの連休を使って冷静に戦略を立ててほしいです。 改めてどのような解決を望んでいるかを書き出してみて、そのための方法論も書き出してみましょう。 冷静になって考 …

no image

同じ専門家として、専門家と繋がりを持つ。

パワハラからの独立・起業において、大切なのはスピード。 そのスピードを持つために必要なものは、すでにある専門家のネットワークに入ることです。 では、どうすれば専門家とつながることができるのでしょうか。 …

no image

公立学校の部活動顧問での時間外労働の強要は、一般社会ではパワハラに当たる。

文部科学省のHPに、『時間外勤務に関する法令上の根拠』が書かれています。   上記のHPは、とても理解しやすいですので、 ご一読いただくのがよいでしょう。   これによると、 公立 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。