パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

2つの質問で理性を働かせる。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

投稿日:

メルマガ読者限定で、

「私のレッスン生による無料コーチング」を募集しました。

すぐに応募いただいた方が数名いらっしゃいました。

こういう小さいチャンスをつかめる方が、

大きなチャンスをつかめるのだと思います。

理性で「ほぼノーリスク」と思っていても、

なかなか行動に移せないものですからね。

【理論編】

「許容損失の原則」というものがあります。

 連続起業家について研究している、

 サラス・D・サラスバシ教授が唱えている、

 連続起業家の思考法の1つです。

 

 連続起業家は、

「このリスクは許容できるか」を考えて、行動の基準とします。

 

 人は、リスクについて考えているようで、

 実はリスクについて考えている人は、少ないものです。

 たとえば、先ほどの無料コーチングは、ほぼノーリスク。

 売り込みをかけられるという恐れは、もちろんあります。

 しかし、それは大したリスクではないでしょう。

 

 でも、申し込みをしてくる人は、やっぱり一部なんです。

 リスクではなくて、漠然とした不安で、

 判断してしまうんですね。

(もちろん、タダでもいらないものはあるでしょうけれどね。)

 最終的に結論を下すのは、もちろん感情です。

 しかし、その前に理性的に判断することが、大切。

 ですから、次の2つの質問を考える癖をつけましょう。

1 「この行動を起こすことで、自分は何を失う可能性があるか」

2 「その損失を、私は許容できるか」

 感情に従うのは、この2つを考えてからでもいいんです。
  
【実践編】

1 あなたが魅力的だけど、不安を感じている行動を1つ取りあげましょう。

2 2つの質問をしましょう。
  「この行動を起こすことで、自分は何を失う可能性があるか」
  「その損失を、私は許容できるか」

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラの意味について、行政書士が法的に解説

「パワハラ」という言葉は、日常用語となりました。 これは和製英語で、日本で作られた言葉です。   法律上に定義された言葉ではないのですが、 厚生労働省が定義を出しています。   【 …

no image

パワハラ加害者を、許さなくていい。

パワハラを受ければ、怒りを持つのが普通です。 心優しいあなたは、加害者さえも許そうとしているかもしれません。 怒りを持ち続けるのは身体にも良くないのは確かなので、自分のために許そうとしているかもしれま …

no image

パワハラ被害者のための「臆病な自分」の克服法

パワハラ被害に遭っていると、恐怖との戦いの毎日です。 「仕返ししたい!」、「言い返したい!」と思いながら、実行に移せない。 臆病な自分に嫌気が、さしてしまいます。 どうすれば恐怖を克服し、臆病な自分を …

no image

「ケンカ慣れ」していない人のための、パワハラ対処法

法的手段は、「ケンカ慣れ」している人のものです。 慣れていない人は、法的手段についてはあまり考えないほうがよいでしょう。 会社を辞めた後に法的手段を取るかどうかを考えれば十分です。   【1 …

no image

いじめ・嫌がらせを受ける「優しい人」のための、相手を傷つけない話し方

いじめ・嫌がらせを受ける人は、「優しい人」が多いです。 故意に人を傷つけることに、激しい嫌悪感を持っています。 たとえそれがパワハラ等の加害者であったとしても、傷つけることが怖くてできないのです。 で …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。