パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

ボランティア活動をしている人のほうが、ビジネスに向いている。

投稿日:

パワハラ被害を受けていて、転職も難しい方には、副業・起業を考えるようにお伝えしています。

もちろん、転職活動を止める必要はありません。

転職活動を続けながら、副業・起業に向けた行動もとってもらいたいのです。

そうであっても「自分には無理だ」とおっしゃる方が多数です。

おそらくそれは「ビジネス=戦争」という刷り込みのせいだと思っています。

【1】ビジネスは、社会貢献である

社会的には「ビジネス=戦争」という刷り込みがあります。

「経営戦略」、「事業戦略」、「マーケティング戦略」など、経営に関する言葉は戦争に関する言葉ばかりであり、この「戦争の喩え」が無意識に「ビジネス=戦争」という刷り込みを作っています。

しかし、ビジネスの本質は社会貢献です。

社会の人々が望んでいる価値を提供することであって、本質はボランティアと同じです。

【2】ビジネスとボランティアの違い

ビジネスとボランティアの違いは、たった1つです。

それは「価値交換」が仕組みとして用意されているかどうかです。

ボランティア活動は、一方的に価値提供をすることが前提とされています。反対から言えば、価値交換が予定されていないため、価値交換の仕組みが用意されていません。

一方で、ビジネスは価値交換が予定されているため、そのための仕組みが存在します。たとえば、自動車販売会社が町の草むしりというボランティア活動をした場合、その「草むしり」という行為自体は同じです。しかし、自動車販売の仕組みが用意されていることによって、そのボランティア活動は単なるボランティア活動ではなくなります。

【3】「価値交換」の仕組みを作るだけでいい

ビジネスとボランティアの違いは、価値交換の仕組みの有無です。

ですから、ボランティアをビジネスにしたければ「価値交換の仕組み」を用意すればよいのです。

あなたが傾聴ボランティアをしているなら、たとえば別に有料の「傾聴ボランティア講座」などを用意しておくのです。

そうすることで、あなたのボランティア活動はすべて自然とマーケティング活動になります。

今までどおりボランティア活動をすればよいのです。

それがすべて、ビジネスのための活動に自然と繋がります。

【4】ボランティア活動をしている人は、ビジネスに向いている

ボランティアとビジネスを分けるのは、「価値交換」の仕組みの有無です。

そして、価値交換の仕組みさえあれば、すべてのボランティア活動はビジネスの活動となります。

ただボランティア活動をすることが、自然とビジネスにおけるマーケティング活動になるのです。

ですから、ボランティア活動をしている人ほど、ビジネスがしやすいのです。

ビジネスとボランティアの本質が社会貢献であるからこそ、ボランティア活動をしている人のほうがビジネスに向いています。

ですから、「私にはビジネスは無理だ」なんて思わないでください。

ただ「価値交換」の仕組みを用意するだけで、あなたもビジネスを始められます。

もし転職ができずに困っているなら、ぜひ今あなたがしているボランティア活動をもとに、ビジネスを始めてください。

あなたならできます。

パワハラ脱出 副業・起業プログラム
(一般)副業・起業コース コーチ副業・起業コース 料金は、個別説明会(無料)にて公開します。 お申し込みは、下記のフォームからお願いいたします。 お問い合わせは、こちらをご利用ください。 プログラムに詳細説明は、このページの下部にあります。 なお、このプログラムについては、電子書籍・有料動画プログラムもあります。金銭面でご不安な方は、こちらをまずご利用ください。 【電子書籍】 パワハラ・職場いじめを脱出するための副業・起業プログラム 【動画プログラム】 実践!パワハラ・職場いじめを脱出する『副業・起業プログラム』 【個別説明会お申し込みフォーム】 【厚労省は副業を促進している。】 厚生労働省は平成30年1月に副業・兼業についての新しいガイドラインを出しました。 それが『副業・兼業の促進に関するガイドライン』です。 【このプログラムの対象】 このプログラムは、次のような方を対象としています。 パワハラなどによって、退職・転職を考えている。 職場内での人間関係に疲れている。 年齢のため転職することが難しい。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


  1. 島津 より:

    私はボランテァア活動とまではいきませんが、陸上関係のお手伝いをしています。
    記事を見させて頂き、価値交換の仕組が詳しく教えて頂きたいと思いました。
    宜しくお願い致します。

  2. 島津 より:

    価値交換の仕組詳しく教えて頂きたいと思いました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

上司を見れば、会社がわかる。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

なぜ、あの人が役職につけたの? 疑問でしかたない私の上司のダメダメ・エピソード一般的に能力が高くなければなれない「役職者」ですが、みんながみんな「あの人こそ上に立つべき人」とまわ…&#82 …

no image

パワハラに負けないための、セルフコーチング

  辛い状況にあるとき、コーチングは必須です。 そして、セルフ・コーチングの本も、少しずつですが増えてきたと感じています。 しかし、セルフ・コーチングについては、まだまだ誤解されている部分も …

no image

パワハラは、「加害者が100%悪い」と思っていればいい。

パワハラ被害者にとりあえず覚えておいてほしいのは、「加害者が悪い」と思っておけばよいということ。 加害者が「自分にも悪いところがあると思うけれど」と言わない限りは、そう思っておいていい。 — パワハラ …

no image

パワハラを行政機関に相談するときは、法律家と一緒に行く。

労働局、労基署に、パワハラの相談に行くとき、可能であれば法律家と一緒に行きましょう。 法律家と一緒に行くだけで、担当者の対応が大きく変わるからです。 ELSA International via Co …

no image

パワハラと戦うと決めたら、するべき4つのこと

パワハラと戦うと決めたら、しておいたほうがよいことがあります。 次の4つです。 (1)セーフティーネットを作る (2)証拠を集める (3)職場内で味方を作る (4)専門家の助言を受ける。 退職に追い込 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。