パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ解決には、SNSが役立つ

投稿日:

【1】SNSで専門情報を手に入れる

パワハラ解決に限らず、問題解決において、もっとも役立つツールがSNSです。

たとえば、SNSの走りであるTwitterにはさまざまな分野の専門家がすでにいます。Twitterを使えば、その人たちと気軽につながることができますし、専門情報を継続して得ることもできます。

【2】専門家と交流をする

SNSが役立つのは、ただ専門情報を集められるからではありません。専門情報を集めるだけなら、検索すれば済む話です。

SNSが問題解決に役立つのは、SNSでは「交流」ができるからです。

Twitterに限らず、SNSを使えば、簡単に「交流」を生み出すことができます。

この「交流」の機能が、問題解決にはとても大切なのです。

どのような問題にも専門家は数えられないほどいます。しかし、多くの問題が放置されています。それは、専門家との交流ができないからです。

専門家を事前に判断できないので、専門家に依頼することができないのです。

【3】SNSはコミュニケーションツール

SNSは、専門家とクライアントの交流を簡単にするものです。距離感を一気に縮めてくれます。

これは専門家にとっても、クライアントにとっても、両者にとってよいことです。

専門家は人助けをしたくて、専門家をしているのです。クライアントとの距離が近づくのは、ありがたく嬉しいことです。

【4】相互貢献の精神が重要

ただ、難しいところは、いくら距離が近くても専門知識や技術はやはり有償であることです。

しかし、有償=お金ではありません。スキル交換でもよいのです。

これはお金の問題ではなくて、相手に損をさせない気があるかどうかの問題です。

SNSを活用して問題解決をしたい場合は、少なくとも「相互貢献」の精神が必要だということです。

【4】「いい人」が報われる時代が来ている

これからの時代は「相互貢献」の時代です。

つまり、「いい人」がちゃんと報われる時代だということです。

相互貢献の気持ちを持って接触を試みれば、必ず専門家はあなたの味方になってくれます。

たとえば、私の場合「スキル交換」という制度による相談受付も行っています。

先ほども書いた通り、専門家は人助けがしたくて、専門家になっているのです。ですから、どんどん接触を試みてください。

【5】パワハラの専門家と繋がろう

パワハラにおいても、さまざまな専門家がSNSを利用しています。

ですから、相互貢献の気持ちをもって、少なくとも「損をさせたくない」という気持ちを示して、接触を試みましょう。

何度も書きますが、お金の問題ではありません。あなたが専門家になにかしらの貢献、対価を払う意志があるかどうかが、ポイントです。

その意志を見せれば、専門家はあなたの力になってくれます。

専門家に相談するのは怖いかも知れませんが、勇気をもって一歩踏み出してみてください。

https://twitter.com/artof_challenge

image

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

職場いじめへの対処法のリスト

職場いじめを解決するためには、 「今、できることを全部実行すること」が必須です。   全部同時に実行していくので、 解決策の数が多ければ多いほど、 解決が早くなることは当然ですね。 &nbs …

no image

行動している姿を公表することで、支援者が出てくる

こういう動画を観ると、やっぱり人気が出る人は違うなと思います。https://t.co/4lwzt8ySfW — パワハラ解決コンサルタント 三國雅洋 (@artof_challenge) 2017年 …

うつ病にするのは、犯罪です。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

社労士が「社員をうつ病にして追放する方法」を公開・・・こんなこと許されるの? ■社労士とは? 「社員をうつ病に罹患(りかん)させる方法」と題した文章をブログに公開したとして、愛知…&#82 …

no image

パワハラの定義の使い方と6類型

前回の記事でも書きましたが、法律上は、パワハラは定義されていません。   しかし、厚労省の”職場のいじめ・嫌がらせに関する円卓会議ワーキンググループ”というところが、パワハラについて定義を出 …

no image

パワハラを行政機関に相談するときは、法律家と一緒に行く。

労働局、労基署に、パワハラの相談に行くとき、可能であれば法律家と一緒に行きましょう。 法律家と一緒に行くだけで、担当者の対応が大きく変わるからです。 ELSA International via Co …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。