パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

「仕事が辛いから辞めたい」と思ったときは

投稿日:

仕事が辛くて辞めたいと思ったとき、「逃げ」なのではないかと思いがちです。

仕事が辛いから辞めたいと思うのは、悪いことなのでしょうか。

私は、むしろ、そのような状況にいることのほうが、悪いことだと考えています。

ppt miranda melanie lola layla rosalynn rosie mylne 2016-09-09Creative Commons License Miranda Mylne via Compfight

【1】仕事は、社会における役割を果たすこと

仕事をするということは、社会における役割を果たすことです。

医者は、病気を治すという役割を担っています。

車メーカーは、車を作るという役割を担っています。

社会が求める価値があって、それを作り出す役割のことが、仕事です。

 

【2】「辞めたい」と思っているとき、生産性は下がる

当然のことですが、「辞めたい」と思っているときは、生産性が下がります。

逆に言えば、あなたが本来提供できる価値が、提供されていないということです。

社会からすれば、本来提供されるはずの価値が、提供されないようになっている状態です。

 

【3】あなたの価値がわかるところで働こう

あなたが「辞めたい」と思いながら働くことは、社会からすると、むしろ迷惑です。

ですから、辞めることに対して罪悪感を持つ必要はありません。

むしろ、辞めないことに罪悪感を持つぐらいでよいのです。

 

あなたの価値が、もっと活かされる仕事があります。

今の会社なり、職場が、あなたの価値を理解していないなら、そのようなところで働いていてはいけません。

あなたを活かすことができない職場からは、できるだけ早く辞めてください。

あなたはもっともっと、高い生産性を発揮できるはずです。

それができていないということが、社会からするともったいないのです。

 

【4】辞めることに罪悪感を持つ必要はない

あなたの価値を活かすことができない職場は、できるだけ早く辞めましょう。

もちろん、辞めることによるデメリットは多くあるため、今すぐ辞めることは難しいかもしれません。

ですが、辞めるための準備は始めましょう。

転職活動であったり、転職が難しければ副業を始めましょう。

辞めることに罪悪感を持つ必要はまったくありません。

 

あなたが「辞めたい」と思った時点で、生産性は下がっています。

そして、その低い生産性のまま、職場に行き続けることのほうが、問題です。

 

社会の視点から、考えてみましょう。

そうすることで、き会社を辞めることへの罪悪感は減るはずです。

 

社会のために、あなたの価値を活かせる仕事をしてください。

あなたを最大限に活かすことができる仕事を、堂々と探してください。

 

関連動画

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラは、カウンセリングだけでは解決できない。

カウンセリングだけで、パワハラやいじめ問題が解決できるでしょうか? 先に結論を言えば、それはまずできません。 【1】カウンセリングの基本方針は、元に戻すこと カウンセリングの基本方針は、”元の心理状態 …

no image

【雑記】プロセスを共有することで、仲間が増えていく

コーチで、YOUTUBEのリンクコラボという企画を立ち上げました。 この一連の流れを見ていただくことで、ゴールとプロセスの共有がいかに大切かを理解していただけたらと思います。仲間を作るプロセスというの …

no image

パワハラの解決に向けての行動が移せないときは

  パワハラを解決するために役立つ方法は、何十個もあります。 ただ、多くの人は実行に移せません。 だから、解決に向かうことができないのです。   もちろん、リスクがある行動を実行に …

no image

パワハラから抜け出すためには、無理をしてはいけない。

無理をしないように気を付けましょう。許容できるリスクのみを、とっていくようにするんです。 うまく行かなくても問題ないこと、またはうまく行かなかったときリカバリーできることだけをするようにするんです。 …

no image

「パワハラをされるのは嫌だ!」がパワハラ解決の出発点になる。

パワハラを受けている状態なら、まずはそれが嫌だということを認めてください。 そして、どうすればその嫌なことを減らせるのかを考えましょう。 嫌だという本音にフタをする必要はありませんし、我慢する必要もあ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。