パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラに仕返しする場合の注意点

投稿日:2016年10月12日 更新日:

「パワハラに仕返ししたい」

この気持ちを持つことは、当然です。

加害者が得をし、被害者が損をするのがパワハラです。

復讐心を持つこと自体は、当然なのです。

 

【1】辞める覚悟が必要

復讐心を持つことは、悪いことだとは思いません。

しかし、復讐する、仕返しをする場合には、

辞める覚悟が必要です。

 

会社を辞めてもよいと思えない限りは、

仕返しをすることは避けた方がよいでしょう。

言い換えれば、仕返しを始めるとしたら、

「もう辞めてもよい」と思えたあとだけです。

 

【2】徹底的に仕返しをすること

一度、仕返しを始めたなら、

徹底的にやりましょう。

これは、仕返しへの仕返しをさせないためです。

「あなたに手を出したら、自分が損をする」と思わせないといけません。

社会的に抹殺するぐらいの気持ちでやらないと、

あなたはきっと、さらなる報復を受けることになるでしょう。

 

【3】証拠を集めること

しかし、仕返しをするには、やはり証拠が必要です。

特に権力を動かすには、しっかりとした証拠が必要。

被害メモをこまめに書き、ボイスレコーダーで録音して、

 

パワハラ行為の証拠を徹底的に集めましょう。

 

証拠がなければ、権力を動かすことはできません。

権力が動かなければ、どうしても仕返しの詰めが甘くなります。

 

 

【4】覚悟の問題

最終的には、仕返しをできるかどうかは覚悟の問題です。

そして、覚悟ができるかどうかは、許容損失の問題です。

どこまで損を被ってもよいと思えるかです。

 

会社を辞めてもよいと思っているなら、

周囲の人にどう思われてもいいと思っているなら、

仕返しをすることはできます。

 

でも、会社を辞めることができない、

周囲の人に嫌われたくないと思っていたら、

仕返しなんてできません。

 

方法の問題ではなくて、メンタルの問題です。

「仕返しをしてスッキリしたい」と思うなら、覚悟を決めましょう。

覚悟を決めないと、法律なんて使えません。

 

 

 

20160804

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラと戦うには、行政(労基署・労働局)の後ろ盾が必須

パワハラと戦うときに、労基署、労働局、人権擁護委員などの後ろ盾は必須です。   法律家に依頼をしても、相手方に対しては大したプレッシャーとはなりません。 なぜなら、相手も法律家に依頼すれば済 …

no image

パワハラ被害者は、組織に対して、組織的な対応を望んでいる。

パワハラ被害者が望んでいるのは、個人的な対応ではなく、組織的な対応です。 トップが個人的に被害者の話をどれだけ聞いても、組織として動かないのであれば、それは被害者にとって、パワハラに適切に対応したこと …

no image

パワハラを訴えるよりも、加害行為をさせないようにするほうが簡単だ。

パワハラは心理戦です。 ですから、重要なのは、”相手の心理にどのような影響を与えたか”の1点です。 どれだけ地味な行動であっても、それが加害者の心理に大きな影響を与え、あなたが有利になるならいいんです …

no image

リラックスがあなたの心を守る。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

退職できないジレンマを抱えている間、リラックスする技術は必須です。 リラックスすることによって、理性的になることができるからです。 リラックスできていない状態では仕事のパフォーマンスも下がり、さらにパ …

no image

【パワハラ・職場での嫌がらせ解決01】 本当に仲良くなりたい?

 パワハラや職場での嫌がらせを解決したいときに、    最初にしてほしいことは、目標設定です。        どんな状態を望んでいるのを明確にすることで、   …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。