パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

副業を始めることで、パワハラ加害者に対して反撃ができる。

投稿日:

パワハラから脱出したいと思ったとき、最初に考えるのは「加害者の排除」でしょう。

加害者に制裁や報いを受けさせたいという気持ちもあります。

そもそも、加害者がいないなら、パワハラなんてものは起きません。

ですから、最初は加害者の排除をしたいと思うものです。

ですが、それを実行に移せる人は、ほとんどいません。

「もっとパワハラが酷くなったらどうしよう。耐えられない」と思うからです。

 

【1】報復が怖いのは当然のこと

ただでさえパワハラ被害を受けています。

「加害者への仕返しをすると、報復をされるのではないか」と、恐れるのは当然のことです。

すでに加害行為をしてきている人間に対して、仕返しをしたら、さらに加害行為がひどくなると思うのは、至極当然のことです。

 

このとき、基本的には選択肢は3つです。

「闘う」、「逃げる」、「立ち止まる」です。

 

加害者を倒そうとするか、加害者から距離を取るか、何もしないかです。

「闘う」にはかなりの覚悟が必要となり、「逃げる」は悔しい。

ですから、多くの場合、「何もしない」を選びます。

 

では、なぜ「闘う」に覚悟が必要なのでしょうか。

それは簡単で、「報復をされたら、耐えられないから」です。

 

【2】「耐えらない」となぜ困るのか

「耐えられない」場合、何が困るのでしょうか。

これは当然、次の就職先がないなど、つまりはお金のことです。

 

そうであれば、転職先を見つけておくというのが、1つの手段となります。

 

ですが、これも被害者心理として「なぜ私が辞めなければならないのか」と思います。

ですから、転職活動にも気持ちが乗りません。

転職はしたくない、と思うのが自然な気持ちなのです。

 

【3】副業をすると、屈辱感がなくなる

このような場合、もっともよいのが副業です。

私も、パワハラが始まったときから、独立に向けての動きを始めました。

だからこそ、加害者に対して、一歩も引かずに入れたのです。

 

「辞めたとしても、自分には収入を得る方法がある」と思えるのですから、恐れる必要がないのです。

むしろ、「今、辞めたら困るのは、あなただよ」という気持ちでいました。

 

このような気持ちで過ごしていると、早く辞めたいという気持ちになります。

最初は、パワハラをきっかけに辞めることが、屈辱的に感じるものです。

ですが、いつでも辞められると思えるようになると、早く辞めたいと思うようになります。

「こんなところに、私がいる必要はない」と、本気で思うようになるのです。

そうなると、加害者に対して遠慮などしなくなります。

「刺し違えてもいい」と思っているのですから、いくらでも反撃ができます。

 

【4】今すぐ、副業を始めよう

副業をすればするほど、「なぜ、ここで働かなければならないのか」と思うようになります。

時間と労力と才能を、無駄遣いしている気持ちになるのです。

 

もちろん、このような気持ちになるのは、「副業でやっていける」という自信が必要です。

 

そのために、身に付けてほしいのが、副業の技術です。

現在は、副業を始めるのは、とても簡単です。

無料サービスを使うだけで、1週間程度でスタートすることも可能です。

だからと言って簡単とは言いませんが、少なくともハードルは減りました。

 

今の、副業の一番のハードルは、労力の大きさです。

たとえば、ブログを開設し、ブログのスタイルを決めて、メニューを作り、ヘッダー画像を作成して、というようなこまごまとした作業が、大変なのです。

その点は、私にご依頼いただくことで、私がほぼすべてを行います。

これは、パワハラ被害者が、これをするのは大変だからです。

 

一度、そのようなブログができてしまえば、あとはそれほど大変ではありません。

大変なのは最初だけです。

 

ですので、専門家のサポートを受けてスタートダッシュを切れば、あとは自分で続けることも可能となります。

 

副業を始めるのは、それほど難しくはないということを、知っておいてください。

ただ、スタートダッシュは大変な時間と労力が必要です。

ですから、その点を専門家に任せるようにしましょう。

 

それにより、副業をどんどん進めれば、進めるだけ自信がついてきます。

その結果、加害者に対しても堂々と反撃ができるようになり、結果的に加害行為を止めさせることが、できる場合もあります。

「急がば回れ」になりますが、まずは副業で安全基地を作ってください。

それによって、パワハラによって削られた自信を取り戻してください。

 

パワハラから脱出するための副業をお考えの方は、こちらからお申し込みください。

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ加害者を、許さなくていい。

パワハラを受ければ、怒りを持つのが普通です。 心優しいあなたは、加害者さえも許そうとしているかもしれません。 怒りを持ち続けるのは身体にも良くないのは確かなので、自分のために許そうとしているかもしれま …

no image

「無理難題」は、定義上、パワハラに該当するか?

パワハラは、法律上、定義されたものではありません。 行政が、それぞれ独自に定義を出しています。 たとえば、厚生労働省や法務局、教育委員会は、それぞれ別のパワハラの定義があるのです。 その中でも、多くの …

no image

パワハラに対抗する小さな一歩が、置き石となる。

パワハラ行為に対抗するために、 あなたが今できることを、 全部、同時に実行してみましょう。 あなたが、行動に落とし込めば落とし込むほど、 取りうる手段が増えていきます。   【1】会社の上司 …

no image

パワハラを受けたら、死にたいと思ってしまうのは当然のこと

パワハラを受けているとき、 死にたいと思ってしまうのは当然のことです。   そして、その考えを無理やり打ち消す必要もありません。 心理学的には、打ち消そうとすればするほど、 頭に浮かびやすく …

no image

選手が、パワハラに勝った事例【なでしこリーグ岡山湯郷のパワハラ騒動】

なでしこリーグの4選手が、 監督と指導法についての対立があり、 退団を申し込みました。     そして、それを受けて、 監督が解任。   GMも責任を取って辞任するという …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。