パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラに負けないためには、被害メモとICレコーダーの録音が必要。

投稿日:2017年4月28日 更新日:

パワハラ被害に遭っているとき、必ず集めてほしい証拠が2種類あります。

  1. 被害メモ
  2. ボイスレコーダー

この2つです。

 

memos and more tall, scott richardCreative Commons License torbakhopper via Compfight

【1】被害メモが必要な理由

 

 

ボイスレコーダーでの録音や、ビデオ録画などは、客観性の高い証拠です。

そのため、録音・録画さえあれば、パワハラの証拠は十分だと思われています。

 

しかし、パワハラの録音・録画は、被害メモがあってこそ本領を発揮できます。

被害メモに、日時と加害行為が書かれているからこそ、ICレコーダーからパワハラの言動を探せるようになるからです。

逆に言えば、被害メモがない状態で、ICレコーダーの中から加害行為を探すのは、物理的にほぼ不可能と言えます。

 

被害メモに、日時、加害行為の内容等が書かれているからこそ、ICレコーダーの録音が役立つのです。

 

【2】ICレコーダーが必要な理由

一方で、被害メモだけでも足りません。

ICレコーダーの録音があるからこそ、被害メモの内容について信ぴょう性が高くなるのです。

被害メモは、ねつ造をしようと思えば、いくらでもできるものです。

そのため、被害メモの内容が事実であることを信じてもらうためには、客観的な証拠も必要なのです。

そして、その客観的な証拠となるものがICレコーダーです。

 

【3】被害メモとICレコーダーの両方が必要

つまり、被害メモとICレコーダーは、互いにその弱点を補強する役目を持っています。

ですから、両方の証拠を集めるようにしましょう。

ICレコーダーで録音をしつつ、被害メモを書き留めていくのです。

 

そして、それが1ヶ月程度たまった時点で、専門機関に相談に行きましょう。

証拠は使ってこそ、意味があります。

 

どんどん、証拠を活用して、状況を改善していきましょう。

証拠を使うことに関しては、きっと恐怖があると思いますが、あなたなら乗り越えられます。

勇気をもって、一歩踏み出していただけたらと思います。

 

 

関連動画

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラを行政機関に相談するときは、法律家と一緒に行く。

労働局、労基署に、パワハラの相談に行くとき、可能であれば法律家と一緒に行きましょう。 法律家と一緒に行くだけで、担当者の対応が大きく変わるからです。 ELSA International via Co …

no image

パワハラによるストレスを減らし、現状打開にも役立つ心理技術がある。

自分でコントロールできないことが、もっともストレスになる。 だからこそ、「私なら、この状況を打開する能力がある」と思えることが、ストレス軽減につながる。 つまり、自己効力感がストレスを減らしてくれる。 …

no image

職場で無視される場合の対処法

【1】無視もパワハラ 無視も、厚労省の定義するパワハラに該当します。 パワハラの6類型の1つ「人間関係の切り離し」に該当する、 典型的なパワハラ行為の1つです。 【2】無視への対処法 他のパワハラ問題 …

no image

ネチネチとしたパワハラへの対処法

パワハラにもさまざまな種類があります。 暴言を言われたり、怒鳴られたりするパワハラは、証拠を取るのは簡単です。 ですが、ネチネチとした陰湿なパワハラは、証拠を取るのが難しい面があります。 また、止めさ …

no image

総合的な知識を持つからこそ、パワハラから脱出できる。

パワハラから脱出するには、3分野の知識が必要です。 法律・心理・経済の3つの分野の知識です。   この3つの知識は、相互に強く関連しています。 TEDxWandsworth TEDxWand …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。