パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ被害者のための「臆病な自分」の克服法

投稿日:2017年4月27日 更新日:

パワハラ被害に遭っていると、恐怖との戦いの毎日です。

「仕返ししたい!」、「言い返したい!」と思いながら、実行に移せない。

臆病な自分に嫌気が、さしてしまいます。

どうすれば恐怖を克服し、臆病な自分を変えられるでしょうか。

今回は、これについてお話ししたいと思います。

 

【1】セルフイメージ

まず、大切となるのが「セルフイメージ」という概念です。

これは「自分らしさ」と言ってもよいでしょう。

あなたにとって「自分らしい自分」が、セルフイメージです。

 

このセルフイメージは、他者があなたに対して持つイメージと、必ずしも一致しません。

他人があなたを「明るい人」と思っていても、あなたは自分では「暗い性格」と思っているかもしれません。

しかし、あなたにとって、どちらがリアリティがあるかと言えば「暗い性格」なのです。

つまり、セルフイメージとは、自分にとってよりリアルに感じる自分のことです。

 

【2】セルフイメージを作るもの

あなたにとって、セルフイメージは現実です。

他人があなたを勇敢な性格だと思っていても、あなた自身が「臆病者」だと自己評価していれば、あなたにとって、あなたは臆病者なのです。

ですから、あなたの悩みを消すには、セルフイメージを変えなくてはなりません。

「自分は勇敢な性格」だと思うことができて初めて、「臆病者でなくなりたい」という悩みから解放されるのです。

 

では、そのセルフイメージを作るものは何でしょうか?

それは、セルフイメージの本質を考えると分かります。

 

セルフイメージの本質は、リアリティです。

リアリティは、イメージと臨場感から生まれます。

つまり、セルフイメージとは、あなた自身に対するイメージと、それに対する臨場感で作られているのです。

【3】イメージと臨場感

つまり、パワハラ加害者に対して、冷静に、かつ徹底的に反撃をしている自分に、リアリティが持てるかどうかが、大切なのです。

 

過去のあなたが、どのような行動をとったかは関係がありません。

自分が本当に取りたいと思う行動を取っている自分を、それこそが自分だとリアルに感じられるかどうかです。

 

頭の中だけでも、最初はいいのです。

まるでその場にいるかのように感じながら、あなたが加害者に対して取りたい行動をイメージしてください。

これを、スポーツではイメージトレーニング、またはビジュアライゼーションと言います。

頭の中で、あなたが取りたい行動に慣れるようにするのです。

 

こういう小さな行動の積み重ねが、本当の行動につながります。

そして、それはあなたのセルフイメージにつながります。

 

騙されたと思って、イメージトレーニングを続けてみてください。

ノーリスクで効果的な方法論の1つです。

ぜひ試してみてください。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自己肯定はトレーニングによって身に付ける【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

一番必要なメンタルトレーニングは、自己肯定のトレーニングです。自分には存在する価値があると認め、自分にはゴールを達成する能力があると信じる、心の中でのトレーニングです。 — 臆病者のための『挑戦する技 …

no image

いつでもできる心理テクニックを身に付けて、職場いじめから、自分の心を守る。

日々、職場いじめに遭い、 これは本当に辛いことです。   日々、仕事に行くことを思うと身体が拒否反応を示し、 職場についてからも、臨戦態勢を続けなくてはならない。   【1】役立つ …

no image

行政に「言い訳」を与えることで、行政は動く。

厚労省はパワハラの定義を出しています。   定義を出している以上、 厚労省の相談員は、 そのパワハラの定義に当たる以上は パワハラだと認識します。   しかし、認識したとしても、 …

no image

パワハラ解決に本当に内容証明郵便が役立つのか?

個別メール相談のリンクです。 ⇒パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら   先に結論を言えば、組織や加害者に対して内容証明郵便を送れる人なら、そもそも、それほど深刻化しませ …

no image

パワハラは、「加害者が100%悪い」と思っていればいい。

パワハラ被害者にとりあえず覚えておいてほしいのは、「加害者が悪い」と思っておけばよいということ。 加害者が「自分にも悪いところがあると思うけれど」と言わない限りは、そう思っておいていい。 — パワハラ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。