善人も、5日間で、悪人になれる。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】

 人は、簡単に変わります。
 たった5日間で、自らの哲学さえ変わるのです。

「THE WAVE」というドイツ映画があります。
 これは、もともとはアメリカで実際に起きた事件をもとに作られたものです。
 そこで描かれているのは、たった5日間で独裁制へと傾倒する高校生達の姿です。

 有名な「監獄実験」も、人は簡単に変わることを示しています。

 これは「あなたは看守、あなたは囚人」という風に役割を決めて、

 数日間、リアルに過ごしてもらうという実験です。

 これもたった数日で看守役はどんどん横暴になり、

 囚人役はどんどん服従的になった、という実験報告があります。

 他にも「服従実験」、別名アイヒマン実験と呼ばれるものがあります。

 これは、簡単に言えば命令さえあれば、

 人は何でもしうるという恐ろしい報告をしている実験です。

 自分はそれを実行する者である、

 というセルフイメージがあれば、それにしたがってしまうのです。

 心理学の残酷な実験結果は、

 人は外から与えられた役割によって、

 人は簡単に変わってしまうことを示しています。

 だからこそ、

 私達は自分に与えられるイメージについては、

 慎重に自分で選ぶ必要があるのです。

 セルフイメージは、自分で選ぶものです。

 他人は、あなたについて、勝手なイメージを持ち、

 勝手に役割を与えてきます。

 しかし、それに従うかどうかは、あなたが決めてよいのです。

 

 他人があなたについてどう思っているかは、

 あなたにとってはどうでもよいのです。

 そんなものにあなたを縛らせないでください。

 あなたは、自分は誰であるか、何になりつつある人であるかを、

 自分で決めてよいのです。

 今まで通り、自分に高いイメージを持ち続けましょう。

 他人から何を言われても、それをゆるがす必要は、まったくないのです。
 
【実践編】

1 ゴールを設定してください。

2「ゴールを達成しつつある自分」「ゴールを達成するために必要なことを当然にしている自分」のイメージを作ってください。

3 他人から与えらえる、セルフイメージに反する言動を、心の中で一切拒否しましょう。
  

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。