パワハラで会社を辞めたくても、辞められないときは

【1】辞められないときの対処法

私が、クライアントに必ず言うのが、

「辞めても困らない状況を作りましょう」と、

言うことです。

これは理想論ではなくて、

現実的に考えて、

それしかないからです。

もし、パワハラ行為を放置して、

改善するならよいのですが、

それは経験上あり得ません。

エスカレートするだけです。

 

【2】辞められない理由から、中間目標を作る

まず最初にするのが、

辞められない理由のヒアリングです。

まずなぜ辞められないのか、

その理由を明確にする。

そして、そこから中間目標を作ります。

たとえば、転職が難しいということであれば、

副業や起業など会社外で、

定期収入を得ることを中間目標に掲げます。

 

【3】目標があるから耐えられる

ここはプロフェッショナル・コーチとしてですが、

人は何かを”ただ耐える”ということはできません。

目的があるからこそ、耐えられるのです。

「会社を辞めたい」とただ思いながら、

毎日を耐えていこうとするほうが、

よほど非現実的。

それは、人間の心理性質に反しているのです。

 

【4】「目標のためにできること」が、心を守る

目標のためにできることをすることで、

自分が前進している感覚を得ることができます。

 

そして、それが心の支えになるのです。

どれだけカウンセラーのカウンセリングを受けても、

現状打破のための行動を何も行わず、

ただ毎日耐えていて、心が耐えられるわけがないのです。

 

辞めたくても辞められないという、

ジレンマを解消するために、

何でもよいからできることを実行していること、

それがあなたの心を守ってくれます。

そして、あなたの自己肯定感を取り戻してくれます。

 

ですから、できることを全部してください。

何をすればよいのかわからないときは、

下の画像をクリックして、

メルマガを見てみてくださいね。

 

20160804

 

関連動画

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。