パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

辛い思いをした人こそ、ハッピーに

投稿日:

【1】辛い思いをした人ほど、ハッピーになってほしい

私は、パワハラ・職場いじめの被害者には、

今後の人生がハッピーであってほしいと思っています。

 

もちろん、辛い現状から抜け出してほしいのですが、

それだけでは、まだ不公平だと思うんです。

 

【2】マイナスが、ゼロになったらハッピーか?

パワハラや職場いじめがなくなったとして、

それはハッピーなことでしょうか?

それはマイナスがゼロになっただけ。

 

一見、ハッピーになったように見えますが、

そこに費やした労力を考えると、

まったく割に合わないはずです。

 

【3】専門家に依頼するなら、プラスになってこそ

専門家に依頼するなら、

プラスにならないと不公平ではありませんか?

そして、相手がとことんマイナスにならないと、

心がおさまらないのではありませんか?

 

人の不幸は蜜の味ではありませんが、

せめて報いを得させないと許せないのでは

ありませんか?

 

 

相手はとことんアンハッピー、

自分はとことんハッピーになってこそ、

公平だと私は思います。

 

【4】望まないことはしないけれど

 

クライアントが望まないことはしませんが、

少なくともクライアントにはハッピーになってもらわないと、

私は納得できません。

 

だから、もし今は辛いけれど、

その状況を脱出してハッピーになりたいなら、

ぜひお手伝いさせてください。

 

法律とコーチングを使って、

あなたがハッピーになるお手伝いをします!
20160804

-いじめ・嫌がらせ体験をプラスに変える。, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ被害者にメンタルコントロール技術が必要な理由

パワハラ被害者には、カウンセリングだけでは不十分です。 なぜなら、カウンセリングでは現状は変わらないからです。 【1】カウンセリングでは必要だが、十分ではない 傷ついた心を癒すための、カウンセリングは …

「いい人」は、「自分ではない、誰かのため」を意識するようにする。

「いい人」は「自分ではない誰か」のために動きます。 ですから、身動きが取れないときにこそ、 「誰かのため」を考える必要が出てきます。 「いい人」が自分を大切にするために、何より大切となるスキルがありま …

no image

辛い現状を変えるためには、そのための特別な心理技術が必要。

辛い現状にあるとき、カウンセリングは必須です。 ですが、カウンセリングだけでは、現状を変えることはできません。 カウンセリングの目的がそもそも、元の状態に戻すことだからです。 マイナスをゼロの状態に戻 …

no image

行政にパワハラ相談に行く前に、電話相談をしておこう

行政機関(労働局・労基署)にパワハラ相談をするときは、 まずは電話相談をするようにしましょう。 予約を取らずに行くことも可能な場合が多いですが、 まずは電話で相談しておくほうが、さまざまなメリットがあ …

no image

パワハラを目撃したら、「ソレハラ」を使ってみよう。

パワハラを目撃したとしても、それを「パワハラだ」と指摘するのは難しいことです。 「自分がターゲットになるのではないか・・・」、「社内での居場所がなくなるのではないか」との不安が出てくるからです。 私の …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。