パワハラの報復が怖いなら、徹底的に仕返ししておく。

パワハラに対抗したいけれど、報復が怖い。

このような感覚を持つのは、正常なことです。

ですが、それでは、耐えるか、辞めるかの選択肢になります。

 

【1】相手の加害の心を折るという、選択肢

耐えるのでもなく、辞めるでもない選択肢があります。

それが相手の、加害の心を折るという選択肢です。

 

 

牙を折ると言っても良いでしょうし、

心を折ると言っても良いでしょう。

簡単に言えば、二度と報復をさせないように、

報復心を起こさせないようにするのです。

 

【2】「あいつにちょっかいを出すとヤバイ」

このときに大切なことが、一気に徹底的にすること。

ゲリラ的に行動を起こして、相手に反撃の準備をさせないこと。

もちろん、合法的な行為に限りましょう。

 

 

合理的に考えても、

犯罪者になって会社を辞めさせられるより、

自分で辞めたほうがハッピーな人生が送れるはずです。

絶対に合法的な範囲内での仕返しに限定してください。

 

その範囲内でも、相手に抑止力を見せつけることはできます。

「あいつに触ると、こっちがケガをする」と思わせることができます。

 

【3】少しずつ反撃をしてはいけない

仕返しをするなら、一気に、徹底的に、相手の心が折れるまでやりましょう。

中途半端な仕返しが、一番あなたを不幸にします。

主導権の争いなのですから、あなたの完全勝利が決まるまで、

一気に駆け抜けるのです。

 

上司に、パワハラ相談室に、

労働局に、人権擁護委員会に相談に行きましょう。

そして、可能であれば内容証明郵便を送り付けましょう。

病院に言って診断書を書いてもらい、警察にも相談に行きましょう。

 

もちろん、その日から、

パワハラ行為には徹底的に反論し、反撃します。

 

戦闘態勢を見せたのですから、途中で引いてはダメです。

相手の心を折るまで、徹底的に攻撃をします。

 

【4】ここまでする気がないなら、仕返しはしないほうが無難

相手を徹底的に叩きのめすぐらいの覚悟がないなら、

仕返しはしないほうがよいです。

でも一度でよいので、そのような気迫を持つと、

パワハラ行為がなくなることがあります。

 

ですから、いつまで我慢するのかを、

決めてみてください。

そして、その我慢する期日を過ぎたら、

徹底的に反撃していくと心に決めてください。

 

 

それがあなたの気迫となって、

相手にも伝われば、

それだけでなくなることもありますよ。

 

冗談みたいですが、本当の話です。

日々の言動の端々に、

「まだ攻撃してくるなら仕方ない。」という殺気のようなものが、

出てしまうのでしょうね。

 

 

2016080430

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。