パワハラの恐怖を克服するための第一歩とは?

パワハラは、恐怖との戦いです。

 

パワハラへの対抗策は数多くありますが、恐怖感情が邪魔をします。

逆に言えば、恐怖感情を克服できれば、

それだけで多くの選択肢が生まれます。

 

【1】恐怖感情を克服する方法

恐怖感情を克服するための第一歩は、リラックスすることです。

 

危険を感じたときに恐怖を感じるのは当然のことですが、

生じた感情は、理性によってコントロールが可能です。

 

ですから、まずは理性優位状態にするのが得策です。

そして、理性優位状態=副交感神経優位状態なので、

つまりはリラックスすることが大切なのです。

 

【2】どうやってリラックスするか

しかし、恐怖を感じているときに、リラックスするのは、

それほど簡単なことではありませんね。

 

上司に、怒鳴られながらリラックスできる人は、

それほど多くはないでしょう。

 

ですから、リラックスできる技術を覚えておいてください。

「逆腹式呼吸」と呼ばれるものです。

 

これは、息を吐きながら、身体の力を抜いていくだけです。

 

人間は、息を吸いながら力を込めることはしません。

力を込めたいときは、息を吐くか止めるかします。

 

ですから、息を吐くときにだけ注意をしながら、力を抜いていくと、

自然と身体が緩んでいくのです。

つまり、身体がリラックスモードに入りやすくなります。

 

また、心理学的に1分間に4~6回の呼吸にすると、

脳が自然とリラックスモードに入ることが分かっています。

ですから、ゆっくりと深呼吸をしながら、息を吐くときに意識的に力を抜いていけば、

リラックスモードに入ることができるのです。

 

【3】意識してリラックスしよう

呼吸を整えることは、いつ、どこでもできることです。

他人から呼吸を止められるようなことは、まずありません。

つまり、上記の逆腹式呼吸は、いつどこでもできるリラックス法なのです。

 

恐怖感情を感じたときに、意識してリラックスするようにしてください。

恐怖を感じたら深呼吸をすると、ルールを作っておいてもよいでしょう。

こうすることで、リラックスの仕方を思い出しやすくなります。

 

リラックスしていないと、恐怖をコントロールできません。

無理に抑え込もうとしても、抑え込めなくてますます焦るだけです。

ですから、まずは深呼吸をしてリラックスモードにすることを

心掛けてください。

 

【4】ネガティブ感情とリラックス動作を結び付けよう

もし可能であれば、あらゆるネガティブ感情と逆腹式呼吸を結び付けておきましょう。

「悲しくなったら、まず逆腹式呼吸をする」という風に、ルールを決めておくのです。

「不安が生じたら、まず逆腹式呼吸をする」とするのもよいでしょう。

そうやって、ネガティブ感情と逆腹式呼吸を結び付けておけば、

自然と恐怖感情が生じたときも、逆腹式呼吸ができるようになります。

つまりは、無意識にリラックスモードに戻りやすくなるのです。

 

恐怖感情に支配されないために、リラックスを習慣付けしておきましょう。

そうすることで、冷静にパワハラに対抗することができるようになります。

それは、あなたが取りうる選択肢が増えることにつながり、

きっとよい方向に進むための、きっかけとなるでしょう。

 

関連動画

 

 

 

20160804

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。