パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ問題で、診断書を出してもらうことの大切さ

投稿日:2016年8月12日 更新日:

いわゆるブラック部活による、

PTSDになってしまったと思われる事例です。

 

《2年前把握の教諭の暴言、診断書受け再調査へ》

元記事はこちら

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160803-OYT1T50058.html

 

診断書が出たことにより、

刑事事件になる可能性があり、

学校側も調査に乗り出さざるを得なくなりました。

 

パワハラで心身不調が出た場合は、

事情を詳しく説明して、

パワハラ行為によるものだと原因を記載してもらえるように、

努力しましょう。

 

基本的に閉鎖的である学校が、

再調査に乗り出すというぐらい、

診断書には力があります。

 

 

また、場合によっては、

警察も傷害罪、

または暴行罪での調査をしてくれます。

 

もしあなたがパワハラ・職場いじめで体調を崩してしまっているなら、

その旨を書いてもらっての診断書を書いてもらえるように、

医師にお願いするのを、

忘れないでくださいね。

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


  1. PICO2 より:

    今晩はいつもブログ見て頂いてありがとうございます。私はPTSDではないのですがパワハラのストレスから掌蹠膿疱症みたいなものになってしまった様なのですが来週病院に行く予定です。元々アトピーを持っているのですがここ何年かおちついていました。先々週病院に行って診てもらった所アレルギーだから様子見ようと薬をもらったのですが全く治らず逆に悪化し、水泡ができ痒くて眠れない状態です。薬が効かない事からネットで調べたら掌蹠膿疱症と症状がまったく同じでストレスからも発症すると書いてありました。治るのに3〜5年かかると書いてありました。まだ病院に行きなおしてないのではっきりとは言えませんが管理責任者からニヤつきながら嫌がらせを受けていました。わざととしか思えない状況に腹立たしくて仕方ありません。掌蹠膿疱症でも被害届け受理と訴える事出来ますか?

    • 三國 雅洋 より:

      コメントありがとうございます。
      ご信頼いただけて、勇気をもってご質問いただけたこと、光栄に思います。

      大変お辛いお気持ちはよく分かります。
      訴えたいお気持ちも、重々お察しします。

      しかしながら大変心苦しいのですが、こちらでの回答はできかねます。

      下記のリンクからお申し込みいただけますでしょうか。
      http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/9342

      ご相談を受けるにあたっての条件を御了解いただければ、ご回答できます。
      もし、条件を御了解いただけない場合でも、他の条件を提示いただければ検討いたします。

      ご連絡お待ちしております。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラで仕事を辞めたいけれど、辞められないなら、するべきこと。

パワハラを受けて仕事を辞めたい。 しかし、辞められない。 こうなると多くの人が、身動きが取れない状態になります。 そして、「耐える」という選択肢を選びがちになります。   しかし、そのような …

no image

パワハラを受けやすい人はいない。ただし、長引く人には特徴がある。

無料個別相談会のリンクです。 ⇒パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら   4人に1人が、過去3年以内にパワハラ被害を受けたことがあるとの統計があります。 ですから、パワハ …

no image

パワハラ加害者との、距離感をあなたがコントロールする。

パワハラ加害者は、 パワハラ加害者にとって、 都合のよい距離感を保とうとします。   あなたが少し距離を置こうとしても、 わざわざ近づいてきて、攻撃をしてきます。   近づけば直接 …

no image

パワハラと戦うと決めたら、するべき4つのこと

パワハラと戦うと決めたら、しておいたほうがよいことがあります。 次の4つです。 (1)セーフティーネットを作る (2)証拠を集める (3)職場内で味方を作る (4)専門家の助言を受ける。 退職に追い込 …

誰かのために時間を使うことで、自信を取り戻すことができる。

「時間の飢餓状態」から抜け出すための、 1つの有効な方法が 「他人のために時間を使うこと」だそうです。   他人のために時間を使えば、自分の自由時間が減ります。 ですから、直観的には、 さら …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。