職場いじめで辞めたいときに、あなたが取るべき行動。

職場いじめを受けているとき、

最初に考えることは、なんとかやり過ごすこと。

 

次に、上司になんとかしてもらうことを考えて、

それでもダメなら、転職を考えることになります。

 

ただ、年齢的に転職が難しい場合などは、

”我慢しつづける”という選択肢を選びがちです。

 

つまり、その場その場での対処になっていて、

かつ、そのときに取る対応策の数も少ない。

 

これが、パワハラを長期化させる原因なのです。

 

 

スポンサードサーチ

【1】短期決戦を心掛ける

職場いじめを解決するには、

短期決戦しかありません。

 

今、あなたが取りうる対抗策を、

すべて同時に実行するぐらいの気持ちが必要です。

 

そもそも、長期化すればするほど、

あなたの心身は削れてしまうのです。

 

【2】まず、ゴールを設定しましょう。

短期間で解決することを条件として、

まずはゴールを設定しましょう。

 

あなたがいう職場いじめの解決とは、

どのような状態を指すのでしょうか。

 

加害行為を止めさせることでしょうか。

加害者を退職に追い込むことでしょうか。

加害者から損害賠償を得ることでしょうか。

それとも、加害者と仲直りすることでしょうか。

 

方法とは、ある状況において、特定の目的を達成するための手段のこと。

つまりは、目的=ゴールが決まっていないと、

方法を考えることさえできないのです。

 

【3】できることを全部書き出す

ゴールを決めたら、次に達成方法を考えます。

 

ゴール達成のために、

あなたが今、できることはなんでしょうか。

思いつくかぎりで、全部書き出してみてください。

 

15個以上、書き出しましょう。

 

書き出すことが大切です。

書き出した内容を読むことで、新しい解決策が思いつきます。

 

目的を意識して、

どうすればその目的を達成できるか、

そのための方法を全部書き出してみましょう。

 

【4】解決策を全部同時に実行に移す

書き出した解決策は、

全部、同時に、並列的に実行に移しましょう。

 

1つ1つ実行に移すのではありません。

短期決戦で勝負を決めるために、全部同時に実行するのです。

 

たとえば、次のようなリストを作ったとします。

  • 上司に相談する
  • 同僚に相談する
  • パワハラ相談窓口に相談に行く
  • 行政書士に相談をする
  • パワハラ解決の書籍を買う
  • 労働局に相談に行く
  • 証拠を集める
  • 弁護士に相談する

このようなリストを作ったら、全部実行するのです。

どれから実行するかなんて考える必要はありません。

全部、実行するのです。

優先順位なんてつけなくてよいのです。

 

大切なことは実行に移すこと。

全部を同時に実行に移すからこそ、周囲も事の重大さに気付くのです。

 

あなたができる範囲で構いません。

できる範囲でよいので、できることは何でも全部やりましょう。

 

それがあなたを、職場いじめの苦しみから脱出することにつながります。

動かなければ、何も変わりません。

 

また、少し動いたところでも何も変わりません。

あなたが取りうる解決策を、全部同時に、並列的に

一気に、徹底的に行動に移して始めて、変わり始めるのです。

 

動いてください。

どうすればよいのかと考える暇もないほど、

動いていきましょう。

 

動けば動くほど、あなたが使える資源が増えますし、

自己肯定感も高まっていきます。

動いていない状態がもっとも危険です。

動き続けてください。

 

今回の話は以上ですが、

もし今回の話があなたのお役に立ったのなら、

このメルマガもきっとお役に立つはずです。

ぜひ、一度、お目通しください。

 

 

【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。