パワハラ被害者にお勧めの本 『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』

読書家の方には、

今更の感があるのですが、

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

を読みました。

 

パワハラ被害を受けている方には、

ものすごくお勧めです。

 

【1】この本をおすすめする理由

まずは、なぜこの本をお勧めするのか、その理由をお伝えします。

  • GIVER(他者利益を優先する人、与える人)が成功するための必要条件が分かる。
  • TAKER(自己利益を優先する人、取る人)から、「与える人」が自分を守るための方法が書かれている。
  • 単なる著者の主観ではなくて、科学実験に基づいた主張である。

 

パワハラを受ける人は、

他者利益を優先する人、

惜しみなく与える人である、

GIVERが多いです。

 

少なくとも、

自分の利益だけを考えて

行動することに、

良心の呵責を感じる人が多い。

 

 

 

この本は、そのようなGIVERこそが、

成功できるのだと書かれています。

 

ただし、それには必要条件があります。

それは、自己利益にも関心を持つこと。

 

 

【2】自己犠牲型のGIVERは、成功しにくい

きっとあなたは痛感していらっしゃるとは思いますが、

自己犠牲型のGIVERは、やはり成功しにくいようです。

 

しかし、他者利益だけでなくて、自己利益にも関心が高いと、

GIVERは成功できると書かれています。

 

これは別の言い方をすれば、

WIN-WINを意識しようということ。

 

人に惜しみなく与えつつ、

それを自分の利益にも繋がる方法を探す。

それこそが、GIVERの成功の道だということです。

 

おそらく、「成功」というものに興味はないでしょうが、

少なくとも、利用され続ける人生からは脱却できるはずです。

 

【3】TAKERから身を守る具体的な方法

この本の中には、

TAKER(他人の利益よりも、自己利益を優先する人)から、

GIVERが自分を守るための具体的な方法も書かれています。

 

それは、「誰かの代理人になったつもりとなること」。

 

たとえば、あなたがパワハラについて、

会社の上司に相談したいけれどできずにいるとします。

それなら、家族の代理人として、

あなたの家族のために相談するのだと

思うようにすることです。

 

あなたは、家族のために、

家族の代理人として、

あなた自身のパワハラ問題について、相談をするのです。

 

GIVERは、

人に与えることや貢献感が喜びとなる人です。

ですから、「人のため」とすることが大切なのでしょうね。

 

【4】あなたはGIVERでいい。

この本は、

「あなたは、GIVERのままでいい」と、

科学的な根拠をもとに言ってくれています。

 

もちろん、相手の利益だけでなく、

自分の利益にも関心を寄せる必要があります。

ただ、直接的に自分の利益をかんがえるのが嫌なら、

家族なり、あなたの利害関係者のためだと思うようにすればいい。

 

あなたがパワハラを受け続けることで、

家族に心配をかけ続ける時間は長くなりますし、

会社としてもパワハラがなくならず、緊張感が続くことになります。

 

実際、そのような悪影響が、あなたの利害関係者に及ぶのです。

あなたは、事実上、その人たちの利益を担う代理人なのです。

 

あなたは、GIVERとして、い続ければよいのです。

ただし、あなたの利害関係者にも利益を与えられるようにする。

それを意識すればいいだけです。

 

ですから、あなたはこれからは、

あなたの利害関係者についても、意識を持つようにしてください。

そうすればあなたは、あなたの利害関係者のために、

「パワハラを耐える」ということから逃れて、

行動を起こすことができるようになるはずです。

 

〈追伸〉

もし今回の話がお役に立ちましたら、

ぜひこちらのメルマガもご登録ください。

きっとあなたのお役に立ちますし、励みにもなります。

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 「いい人」のままでも、ハッピーになれる方法, 読んでほしい本 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。