パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ・職場モラハラで会社を辞めたい、行きたくない。その場合に、あなたにしてほしいこと。

投稿日:2017年1月8日 更新日:

パワハラ・職場モラハラを受けたら、

誰でも仕事を辞めたい、行きたくないと思います。

そう思うのが当然のことです。

 

そういうときは、

どうやって行き続けるかを考えるのではなくて、

どうやったら辞めることができるのかを考えましょう。

 

【1】どうやったら辞められるのか

 

多くの場合、その組織を抜け出せない理由は、

経済的な理由です。

 

つまりは、お金の問題です。

 

転職ができそうなら、転職サイトにすぐ登録しましょう。

転職エージェントへの登録も必須です。

この2つは、必ずしておきましょう。

 

【2】副業・兼業を考える。

 

職場からパワハラ・モラハラをなくせるのが一番です。

しかし、それは簡単ではありません。

そもそもが、そういうことが蔓延するような組織なのです。

つまりは、組織がもつべき自浄作用が働かない組織だということです。

 

ですから、転職ができないときに考えるべきは、

別の収入源を持つこと。

つまりは、副業・兼業です。

 

【3】給料を使って、副業を始める

私は、いきなり会社を辞めることはお勧めしていません。

もちろん、会社を辞められる状態なら、辞めたほうがいいです。

 

しかし、経済的に辞められない状態なら、

会社に残りながら副業を始めるのが、

もっとも現実的だと考えています。

 

もちろん、過剰労働というパワハラを受けていると、

副業・兼業の準備も進めにくいのですが、

サポートを得ながらであれば、無理ではありません。

 

そういうサポートをするのが、私の仕事の1つです。

 

【4】副業・兼業のリスクは、ほとんどない。

パワハラ・職場モラハラを受けている状態において、

副業・兼業のリスクはほとんどありません。

 

無料サービスを使えば、費用もほとんど不要です。

匿名でも始めることができます。

 

たとえば現在ではアメブロだけで起業をしている人が、何人もいます。

そういう時代になったのです。

 

【5】短期間で起業してしまうことが大切

大切なことは、短期間で起業してしまうこと。

時間を掛ければかけるほど、疲労が蓄積して、

起業準備が進みにくくなります。

 

ですから、誰かサポートしてくれる人がいるとよいでしょう。

ですが、一人でも不可能ではありません。

 

いずれにしても考えてほしいのは、

会社内で身動きが取れなくなったら、

別の収入源を得ることを考えることです。

 

 

そのようなサポートも私は行っていますので、

もしそこまで追い詰められている場合は、

できるだけ早めにご相談いただけたらと思います。

 

きっと、お役に立てると思います。

 

 

 

実践!パワハラ・職場いじめを脱出する『副業・起業プログラム』
三國 雅洋(行政書士・コーチ),このプログラムのゴールは、
6ヶ月間で、独立起業できる状態を作ることです。
 
具体的に、あなたは6ヶ月後には・・・
バリュー・プロポジション(あなただけが社会に提供でき…

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラで会社を辞めたいと思うのは、「甘え」なのか。

パワハラを受けて、 辞めたいと思うことは当然です。 そして、それは甘えではありません。   むしろ、「辞めたい」と思いながらも、 何も行動を起こさない方が、 現状に甘えているのではないのでし …

no image

パワハラに仕返しする場合の注意点

「パワハラに仕返ししたい」 この気持ちを持つことは、当然です。 加害者が得をし、被害者が損をするのがパワハラです。 復讐心を持つこと自体は、当然なのです。   【1】辞める覚悟が必要 復讐心 …

no image

パワハラ・職場いじめを克服して、自分に自信を持つ。

 パワハラ・職場いじめを克服するには、    自分の安全確保が第一です。        たとえば、あなたが上司からパワハラを受けていて、    それに対して、そ …

no image

2つの質問で理性を働かせる。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

メルマガ読者限定で、 「私のレッスン生による無料コーチング」を募集しました。 すぐに応募いただいた方が数名いらっしゃいました。 こういう小さいチャンスをつかめる方が、 大きなチャンスをつかめるのだと思 …

no image

パワハラに対して法的手段を取れるのは、「ケンカ慣れ」している人。

あなたは、「ケンカ慣れ」していますか? もしそうであれば、加害者に対して法的手段を取ることも視野に入れましょう。 もし「ケンカ慣れ」していないなら、法的手段での解決は、きっとあなたに向いていません。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。