辛い状況は、IQを下げ、視野も狭くする。まずは、リラックスが必要だ。

辛い現状にいるときは、

できるだけリラックスを意識しましょう。

 

緊張状態は、IQは下がります。

また、視野狭窄を生み出し、

失敗を引き起こします。

 

スポンサードサーチ

【1】「闘争・逃走」モードから抜け出す

辛い状況にいるとき、

人は「闘うか・逃げるか・立ち止まるか」の状態にあります。

短期的にこの場をどう乗り切るかだけが、

意識に上がっている状態です。

 

実際にIQも下がるそうですし、

視野も狭くなることがわかっています。

 

辛い現状を抜け出すためには、

まずリラックスモードを取り戻す必要があります。

 

長期的視野に立って、計画を立てられるように

する必要があるのです。

 

【2】長期的視野に立つには?

長期的な視野に立つには、

脳が「休止・計画モード」になっている必要があります。

簡単にいえば、これはリラックスしている状態です。

 

洞窟の中で、

どうやってマンモスを捉えようかを考えている状態であり、

どこに行けば果物があるかを考えている状態です。

 

【3】辛い状況で、リラックスするには?

リラックスするのに本当に役立つのが、深呼吸です。

1分間に4~6回の呼吸にすると、リラックスできます。

これは私も、いつも心がけています。

 

身体の緊張状態も意識しましょう。

頭から順番に力が入っていないかを確認して、

力が入っているところは抜いていきます。

緊張をとけば、リラックスできるのです。

 

【4】さらにリラックスを深めたいなら?

リラックスをより深めるのに役立つのが、

イメージングです。

 

正確にはビジュアライゼーションと言います。

ゴール達成している自分を、

臨場感を持って想像することです。

 

ポジティブな想像は、

強いリラックス効果があるのが

心理学的にもわかっています。

 

【5】仕事中に想像はできない?

仕事中に、ニタニタと想像しているなんて、できないでしょう。

しかし、深呼吸と、身体の緊張状態のチェックなら、

いつでもできるはずです。

 

ゆっくりと深く呼吸をするように、

いつも意識してみましょう。

身体の緊張状態も意識に上げてください。

 

この2つは、いつでもできるものであり、

かつ、効果的なリラックス法ですから、

いつでも心がけてほしいです。

 

【実践編】

1 1分間に4~6回のペースで、呼吸をします。5~7秒かけて吸って、5~7秒かけて吐きます。

2 身体に力が入っていないかどうか、意識しましょう。そして、力が入っていたら抜いていきましょう。

3 上記の2つを、常に意識しましょう。

 

【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。