自己犠牲はゼロサムゲームの世界観が生み出す。

「いい人」は、自分を犠牲にして、

相手のゴール達成をサポートしようとします。

 

しかし、それは結局、ゼロサムゲームの中で生きていることになります。

誰かが得をしたら、誰かが損をするという世界です。

 

私達が住むべき世界は、そういう世界ではありません。

両者が、自分のゴールに近づくような接触を心掛けましょう。

 

Win-win SituationCreative Commons License One Way Stock via Compfight

【1】「いい人」の多くが、自己犠牲的な「ギバー」

「いい人」にも、2種類あると、アダム・グラントという心理学者が言っています。

 

「いい人」は、他者利益の関心が高い人ですが、

自己利益の関心が高い人と、低い人がいます。

 

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本) | アダム グラント, 楠木 建 |本 | 通販 | Amazon

 

このうち、他者利益への関心が高く、自己利益への関心が低い人を、

アダム・グラントは「事後犠牲的なギバー」と名付けています。

 

一方で、他者利益への関心も、自己利益への関心も高い人を、

「他者志向的なギバー」と呼んでいます。

 

「いい人」が目指すべきは、この「他者志向的なギバー」です。

 

【2】「自己犠牲的なギバー」は、ゼロサムゲームの世界に生きている

ゼロ和(ぜろわ、英: zero-sum)とは、複数の人が相互に影響しあう状況の中で、全員の利得の総和が常にゼロになること、またはその状況を言う。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%AD%E5%92%8C

 

自己犠牲的なギバーは、その世界観にあるのはゼロサムゲームです。

つまり、誰かが得をするためには、誰かが犠牲にならなければならないということです。

 

しかし、これは本当でしょうか。

西條剛央先生は、価値を次のように定義しています。

「価値」とは「欲望や関心、目的に応じて(相関的に)立ち現れる良し悪しに関する意味」

https://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/32706/1/WasedaKokusaiKeieiKenkyu_42_Saijo.pdf

つまり、欲望や関心、目的に応じて、価値は変わるということです。

 

相手にとって価値あることと、あなたにとって価値あることは違います。

昔のあなたと、今のあなたでさえでも、価値は違うのです。

 

つまり、相手に価値を提供しつつ、

あなたにも価値あることをすることは可能だと言うことです。

 

【3】両者にとって価値があることを探す

価値は、欲望や関心、目的に応じて、見出されるものです。

 

 

「すべての価値は、欲望や関心、目的といっ たことと相関的に(応じて)立ち現れる」

https://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/32706/1/WasedaKokusaiKeieiKenkyu_42_Saijo.pdf

ですから、両者の欲望や関心、目的を知ることが重要となります。

これを知ることによって、ゼロサムゲームから抜け出すことができるようになります。

 

抜け出した先にあるのは、価値が増える世界です。

たとえば、それが仕事であるなら、

1回の仕事で最大限に価値を生み出したということです。

 

逆から言えば、相手が得をして、自分が損をする取引をしたというのは、

もっともっと生み出すことができた価値を、失ったということでもあります。

 

【4】あなたはもっと価値を生み出せる

あなたが周囲から「いい人」だと思われているなら、

そして、自己犠牲的な性格だと思っているなら、

あなたにはもっともっと価値を生み出せるということを、

心に刻んでおいてください。

 

そして、あなたがもっともっと価値を生み出せるのに

生み出していないなら、それは社会にとって損失であることも、

忘れないでください。

 

あなたなら、もっともっと価値を生み出せますし、

もっともっと人の役にも立てるはずです。

 

自分にとっても、相手にとっても価値あることを、

両者の欲望・関心・目的に適うものを探して、

価値を最大限に生み出す努力を行ってみましょう。

 

 

 

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。