独立・起業のための副業で大切なことは、「依頼したい」と思っていただくこと

独立・起業に向けた副業をしているときに、大切となるのがマーケティングです。

マーケティングの目的は、セールスを不要とすること。

つまり、「製品・サービスを『購入したい』と思っていただけるようにすること」です。

ですから、ブログ等を書くときも、その視点が書く必要があります。

 

【1】「依頼したい」と思っていただくこと

たとえば、あなたがカウンセラー・コーチ・コンサルタントとして、独立・起業を考えているとします。

理由はもちろん、パワハラの職場からいち早く脱出するためです。

 

その場合に、常に念頭に置いてほしいのは「どうすれば『依頼したい』と思っていただけるか」です。

 

 

顧客にとって、役に立つ情報を出し続けるのは大切です。

顧客の気持ちを、軽くするような情報を出し続けるのも大切です。

あなた自身についての情報を出して、親近感を感じていただくのも大切でしょう。

でも、それぞれの最終目的を忘れてほしくないのです。

最終目的は「この人に依頼したい」と思っていただくことです。

そのために、あなたが持っている役に立つ情報を提供し、勇気づける情報を出し、あなた自身の情報を出すのです。

 

【2】感情操作を目的とすると、ダークサイドに落ちる

これは、たしかにある意味、顧客の感情を操作するものかもしれません。

しかし、感情を操作することが目的ではないのです。

感情を操作して、「購入させる」と考えるとダークサイドに落ちます。

ダークサイドに落ちた人は「Facebookはもう古い!」という商材を売って、その一週間後に「Facebookはこれからだ」という商材を売ります。

 

そのように無理やりに感情を操作するのではなくて、自然と「依頼したい」と思っていただけるように、心掛けるということです。

顧客の感情を操作するという視点ではなくて、自分を顧みる視点として使います。

「このような情報提供の仕方で、『依頼したい』と顧客は思うだろうか」のように、考えるのです。

 

 

 

【3】自分が発信している情報を、顧客視点で見直す

自分が発信している情報内容を、顧客視点で見直してみましょう。

そして、その情報を見て、あなたに依頼したいと思うだろうかと自問しましょう。

もしそうでないなら、修正をし、訂正をします。

 

あなたが貢献したい相手にとって、あなたが「依頼したい相手」であるかを確認するのです。

何度でも書きますが、これは相手を欺くために確認するのではありません。

言うなれば、チューニングです。

 

貢献したい相手に、しっかりとあなたの価値が伝わるようにチューニングをするのです。

価値を誇大に喧伝するのではなくて、ウソをつくのでもありません。

事実を適切に伝えて、価値をお伝えし、「依頼したい」と思っていただけるようにするのです。

 

これは当たり前のようですが、忘れてはいけない視点の1つです。

どうやったら顧客に依頼したいと思っていただけるかは、いつも考えておきましょう。

どれだけすばらしい商品・サービスであっても、顧客が「買いたい」と思わなければ購入はされません。

顧客にきちんと価値が伝わるように、しっかりと考えましょう。

 

もし、あなたが独立・起業を見据えた副業をお考えなら、いつでもご連絡ください。

きっと、あなたのお役に立てると思います。

ボタンを押してシェアShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三國 雅洋 について

パワハラ問題解決の専門家 行政書士・プロフェッショナルコーチ・元医療法人理事 法律・心理・経済の専門知識を使って、パワハラ問題を総合解決へと導く日本唯一の専門家
カテゴリー: 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。