パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラの相談をすることさえ、最初は怖い

投稿日:2016年10月26日 更新日:

パワハラについて専門家に相談することさえ、

最初は怖いものです。

 

ですから、加害者に言い返したり、

できるはずがない。

 

でも、だからといって

何もできないわけではありません。

 

【1】今、できることを全部することの大切さ

パワハラ問題においては、

実行可能なことを、

全部同時に実行に落とし込んでいくことが、

何より大切です。

 

加害者に言い返すことができなくても、

被害メモは取ることができます。

ボイスレコーダーで録音することも可能かもしれません。

 

匿名で、労働局に電話をしたり、

法律家に電話をしたりできるかもしれません。

 

今、実行可能なことを実行に移しておくことが、

あなたがパワハラを受けて入れているわけではないという、

明確な証拠となるからです。

 

【2】行動が次の行動を呼ぶ。

被害メモがあれば、

専門家に相談しやすくなります。

 

専門家に相談すれば、

どんな証拠が必要となるかが、より詳しく分かります。

もっと証拠として役立ちやすい証拠を、集めやすくなります。

また、「専門家に相談した」という事実を作ることができます。

 

一般的に、行政機関や会社は、

一個人が動いている場合と、

専門家のバックアップがついている場合では、

対応が大きく変わります。

「専門家に相談をした」という事実は、

会社がパワハラ解決に向けて動き出す大きなプレッシャーとなるのです。

 

【3】行動が自信を生む

何かしらの目標があり、そのための行動を起こしていれば、

自尊感情を保つことができます。

しかし、何もせずにいて自信を保ち続けることは困難です。

 

つまり、今、できることがどんなに小さなことであっても、

それを全部同時に実行していることが、

あなたの自信を取り戻し、維持し、高めてくれるのです。

 

ですから、できることを全部実行していくことは、

何より大事なことです。

 

【4】できないことはできないでOK

できないことはできなくてOKなんです。

大切なことは、できると思えることを、行動に移すこと。

頭の中で考えるのではなくて、行動に落とし込んでいくことです。

 

行動を起こせば起こすほど、できると思えることが増えてきます。

だから、最初はどれだけできることが小さくてもいい。

できることを実行に移していきましょう。

 

小さな一歩でよいので、実行に移してください。

その一歩が、あなたの次の一歩を作り出してくれます。

20160804

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラで会社を辞めたいけれど、同僚に迷惑をかけたくない。

パワハラに遭っている人には、優しくて、勤勉で、有能な人が多いです。 ですので、責任感が人一倍強い傾向があります。 そのため、迷惑をかけたくないと思って、辞められない人が多いのです。   会社 …

no image

解決策を1つずつ検証してはいけない。

【1】回復するのにエネルギーが消費         パワハラや、    職場で嫌がらせを受けていると、    どんどん行動力が奪われていきます。   …

「いい人」をやめずに、パワハラ職場を脱出する方法(1)

「いい人」であればあるほど、   パワハラから抜け出すのが難しくなります。   そうすると、「いい人」をやめようという主張がなされます。 しかし、そんなに簡単に 「いい人」をやめら …

no image

貢献したい相手は、何に関心を持っているか【人の役に立つためのマーケティング】

独立・起業に向けた、副業を考えている方には、必須の話です。 今回の話は、マーケティング。 特に関心とマーケティングの話です。   副業をするということは、マーケティングを日常業務にすることと …

no image

パワハラを受けても、あなたは善人のままでいい。

パワハラは、加害者が得をします。 悪人が得をする社会だと思いたくもなります。 ですが、あなたは善人のままでいいのです。   悪人が存在することを前提としても、 善人がきちんと報われる方法があ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。