パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

職場いじめ・嫌がらせ対策に、証拠が必要となる理由。

投稿日:

人間の性質上、いじめ・嫌がらせは行われるものです。

だからこそ、それに対処する技術は、全員が身に付けておくべきものだと考えています。

そして、いじめ・嫌がらせに対処するために大切となるのが「証拠」です。

【1】いじめ・嫌がらせは、人間の性質上、生じるもの

人間には、自分の自己評価を脅かす存在を、排除しようとする心理傾向があります。

ですから、他者からの害意・悪意は、避けられません。学校でも、会社でも、社会でも、イジメは行われるものです。

【2】いじめ・嫌がらせ対策として、証拠を集めることの重要性

だからこそ、それに対処する技術は、誰もが身に付けておく必要があります。

そして、一番覚えておいてほしいのが「証拠を集めること」の重要性です。

イジメ・嫌がらせは、通常、証拠が残らない形で行われます。嫌味、悪口、嘲笑、無視のような言動というものであり、物理的な痕跡は残りません。

物理的な証拠がないと、その被害の程度をイメージすることが難しくなります。

人の命に関わる問題ですが、実際に流血するわけではないため、その被害の深刻さが伝わらないのです。

【3】証拠がなければ、味方を作りにくい

そうなると、味方を作るのが難しくなります。「それぐらい我慢しなさい。」と言われたり、「それぐらい社会では当たり前だよ。」と言われたりしてしまうのです。これは二次被害と言われるものですが、社会ではこのような対応が、まだまだ当たり前となっています。

そうすると、被害者は孤立しやすくなります。すると、加害行為が、エスカレートしがちになるのです。

そうさせないためには、あなたの被害の深刻さをイメージしやすく伝える必要があります。そのために必要となるのが「証拠」なのです。

【4】証拠があなたを救う

もしあなたがイジメ・嫌がらせを受けているなら、今すぐにでも証拠を集めてください。特に弱い立場にある人がイジメ・嫌がらせに戦っていく場合、証拠は必須となるものです。

証拠を集めるのは労力がかかるので、なかなか行う人がいないのが現実なのですが、実行している人はちゃんと解決できています。ですから、ぜひ実行していただけたらと思います。

三國 雅洋:パワハラ解決コンサルタント on VALU
人間には、自分の自己評価を脅かす存在を、排除しようとする心理傾向があります。
ですから、他者からの害意・悪意は、避けられません。
学校でも、会社でも、社会でも、イジメは行われるものです。

だからこそ、それに対処する技術は、誰もが身に付けておく必要があります。

そして、一番覚えておいてほしいのが「証拠を集めること」の重要性です。

イジメ・嫌がらせは、通常、証拠が残らない形で行われます。嫌味、悪口、嘲笑、無視のような言動というものであり、物理的な痕跡は残りません。
物理的な証拠がないと、その被害の程度をイメージすることが難しくなります。

人の命に関わる問題ですが、実際に流血するわけではないため、その被害の深刻さが伝わらないのです。

そうなると、味方を作るのが難しくなります。「それぐらい我慢しなさい。」と言われたり、「それぐらい社会では当たり前だよ。」と言われたりしてしまうのです。これは二次被害と言われるものですが、社会ではこのような対応が、まだまだ当たり前となっています。

そうさせないためには、あなたの被害の深刻さをイメージしやすく伝える必要があります。そのために必要となるのが「証拠」なのです。

もしあなたがイジメ・嫌がらせを受けているなら、今すぐにでも証拠を集めてください。特に弱い立場にある人がイジメ・嫌がらせに戦っていく場合、証拠は必須となるものです。

証拠を集めるのは労力がかかるので、なかなか行う人がいないのが現実なのですが、実行している人はちゃんと解決できています。ですから、ぜひ実行していただけたらと思います。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

【雑記】自信が「最善の行動」を決めるから、自信は高いほうがいい。

誰でも、その瞬間において最善の行動をとっています。その行動が、他人から見れば最悪の行動であっても、その瞬間の本人にとっては最善です。 そして、その最善は目的と自信によって決まります。 価値は、欲望・関 …

no image

パワハラの定義の使い方と6類型

前回の記事でも書きましたが、法律上は、パワハラは定義されていません。   しかし、厚労省の”職場のいじめ・嫌がらせに関する円卓会議ワーキンググループ”というところが、パワハラについて定義を出 …

no image

選手が、パワハラに勝った事例【なでしこリーグ岡山湯郷のパワハラ騒動】

なでしこリーグの4選手が、 監督と指導法についての対立があり、 退団を申し込みました。     そして、それを受けて、 監督が解任。   GMも責任を取って辞任するという …

no image

パワハラに対して「立ち止まる」は最悪の選択肢

「立ち止まる」は、現状を維持するためには最適の選択です。 ですが、パワハラにおいては現状維持では解決はあり得ません。 ですから、立ち止まっていてはいけないのです。 — パワハラ解決コンサルタント 三國 …

no image

パワハラで失いかけた自信を取り戻すために、今すぐできる簡単で効果的な方法

他者から低い評価を受け続ければ、誰でも自信を失いかけます。 他者からの言動を受け入れて、自己イメージを作っているからです。 また、人間は、他人の悪意や敵意に敏感に反応するようにできています。 ですから …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。