パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

「いい人」のままでも、ハッピーになれる方法 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

「いい人」がパワハラ職場を脱出する方法

投稿日:2016年12月7日 更新日:

自己犠牲的な「いい人」は、

自分が辛いときでも、

他人のサポートを受けません。

 

これは心理学のデータでも、

現れているようです。

 

自分のために、

他人の時間や労力を割いてもらうことに

罪悪感を感じてしまうからだと、

言われています。

 

【1】パワハラは、耐えても解決しない。

パワハラは、耐えても解決しません。

むしろ、エスカレートするだけです。

 

しかし、だからといって、

あなたは「仕返し」をしたいとは思わないでしょう。

 

心の中で「仕返しをしたい」といくら思っていても、

本当にそれを実行したいかと言えば、そうではない。

だからこそ、証拠集めをしていませんし、

証拠があってもそれを使おうともしないのです。

 

その状態で、転職もできないとなれば、

あなたに残された選択肢は「耐える」となります。

 

しかし、本当にそうでしょうか。

 

【2】「耐える」以外の選択肢

 

「耐える」は防御の選択肢だとすれば、

「仕返し」は攻撃の選択肢と言えます。

その上「転職」という逃げる選択肢もない。

 

ですから、「耐える」を選んでいるわけです、

 

しかし、本当に「耐える」しかないのでしょうか。

そもそも、「耐える」しか選択肢がないのは、

その会社を辞めることの不利益が大きいからです。

 

簡単に言えば、会社を辞めた後に自分が困るからです。

 

それなら、会社を辞めても困らない状況を

作ってしまえばいい。

 

【3】まずは専門家のサポートを受ける

ただ、「会社を辞めても困らない状況」を作るといっても、

それはもちろん、簡単なことではありません。

そのためには新しい行動を起こし、それを継続する必要がありますが、

なにより、現時点で新しい行動を起こす気力がないのです。

 

だからこそ、専門家のサポートを受けてほしいのです。

あなたが会社をいつでも辞められる状況作りのために、

本気であなたを応援してくれる人を見つけてほしいのです。

 

私は、その専門家である自負を持っていますが、

もちろん他の人でも構いません。

 

【4】専門家は、あなたをサポートしたい人である

 

何かの専門家を名乗る人は、

当然ですが、

そういう人たちの役に立ちたいと思っています。

 

あなたが専門家に依頼をすることが、

専門家を喜ばせることになる。

 

専門家の側から言えば、

あなたから依頼を受けることが、

専門家としての喜びなのです。

 

ですから、ぜひ専門家へと

連絡を取ってみてください。

 

その人はきっと、

あなたから連絡をいただけたことに

喜ぶと思います。

 

専門家に依頼することは、

もちろん「あなたのため」です。

しかし、それ以上に「専門家のため」でもあるのです。

 

専門家のために、ぜひ専門家へと連絡をしてみてください。

 

〈追伸〉

今回の記事があなたのお役に立ったなら、

こちらのメルマガもきっとお役に立つはずです。

ぜひ、一度ご覧ください。

 

-「いい人」のままでも、ハッピーになれる方法, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラ問題は、まずはリラックス。それから、対応策を考えよう。

Phalinn Ooi via Compfight   パワハラ問題に対応するには、 何よりもリラックスが大切です。   加害者はあなたを 恐怖によって心理的に 縛り付けようとして …

no image

パワハラ被害に遭っていても、高いエフィカシーを維持する方法

今回はコーチング編です。   パワハラ被害に遭いながら、高いエフィカシーを保つのは簡単ではありません。 そもそも、セルフイメージは、他人の言動によって作られています。 パワハラという、負のア …

no image

パワハラに負けないためには、被害メモとICレコーダーの録音が必要。

パワハラ被害に遭っているとき、必ず集めてほしい証拠が2種類あります。 被害メモ ボイスレコーダー この2つです。   torbakhopper via Compfight 【1】被害メモが必 …

no image

自己犠牲はゼロサムゲームの世界観が生み出す。

「いい人」は、自分を犠牲にして、 相手のゴール達成をサポートしようとします。   しかし、それは結局、ゼロサムゲームの中で生きていることになります。 誰かが得をしたら、誰かが損をするという世 …

no image

「パワハラは社会では当たり前」という人は、社会経験不足か指導力不足。

「社会では、パワハラなんて当たり前」だと言う人がいます。 たしかに社会では、パワハラは数多く存在します。その意味では、この言葉は正しいといえるでしょう。 しかし、「だから、パワハラを受けても我慢しろ」 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。