パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

社会貢献マーケティング 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

心理的な壁を乗り越えるサポートを、意識しておく。

投稿日:2017年1月30日 更新日:

クライアントとのミーティングをしていました。

まだ、喉の調子がイマイチなのですが、

なんとか乗り切ることができました。

 

クライアントは、すでに職場を辞めて独立されています。

高い志を持った方で、行動力がすごいです。

 

【1】障害がなければ、人は動く

志が高ければ、

確かにモチベーションもわきやすくなります。

社会のためだと思うと、やる気は出やすいものです。

 

しかし、一方で障害も多く出てきます。

 

実現するための方法はわかりませんし、

周囲の理解は得られません。

 

しかし、逆に言えば、

高い志があるとき、その障害を取り除けば、

大きく行動を起こすことができるということです。

 

【2】ゴールから障害が生まれる。

ゴールがあれば、障害があります。

 

ゴールを達成するというのは、

障害を乗り越えるということです。

 

ですから、ゴールを設定すれば

必ず障害があります。

 

ですが、ほとんどの障害は、

心の中にしか存在しないものです。

 

物理的な障害が、心理的な障害よりも先にすることは

まず、ありません。

 

【3】障害を乗り越えるサポートをする

パワハラ被害を受けているとき、

加害者に反論できないのは、物理的制約のせいではありません。

リスクの問題でもありません。

 

そもそも、パワハラは放置すればエスカレートするので、

反論してもしなくても、エスレートするのです。

 

一方で、反論することでパワハラがなくなる可能性があり、

一気にエスカレートすればするほど証拠も集めやすくもなる。

リスクなどほとんどないのです。

 

あるのは、恐怖、つまりは心理的な壁だけです。

 

だからこそ、私達が行うべきは、

心理的な壁を壊すためのサポートとなります。

 

【4】物理的な壁よりも、心理的な壁を意識しよう

私達は、障害というと物理的な壁を思い浮かべます。

しかし、実際に人の行動を制限するのは、心理的なものです。

 

心理的な障害がなければ、人は多くのことができます。

物理的な壁を乗り越えるために、

どんどん行動を起こしていくことができます。

 

私のクライアントのように、

どこまでもグングンと進んでいくことができるのです。

 

もしあなたが今、身動きが取れない状態なら、

間違いなく心理的な壁があなたを閉じ込めています。

 

心理的な壁がなくなれば、必ず

今のあなたにできることが見えてきます。

 

恐怖に負けずに、一歩踏み出してください。

恐怖に負けないでください。

 

【無料メルマガ】『パワハラ被害者を助けたい!』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 姓  名 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-社会貢献マーケティング, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「パワハラは社会では当たり前」という人は、社会経験不足か指導力不足。

「社会では、パワハラなんて当たり前」だと言う人がいます。 たしかに社会では、パワハラは数多く存在します。その意味では、この言葉は正しいといえるでしょう。 しかし、「だから、パワハラを受けても我慢しろ」 …

no image

現状維持を続けても、パワハラは解決できない事実を、認めよう。

現状維持を続けても、パワハラは解決できません。 なにかしら、現状打破に向けた行動が必要となります。   ちなみに、カウンセリングは現状打破のためのものではありません。 そもそも、カウンセラー …

no image

自分にしかできない社会貢献を見つけると、自己肯定感をすぐに取り戻すことができる。

パワハラ被害を受けているときに、 自己肯定感を保つのは、簡単なことではありません。   日々繰り返されるあなたに対する言動に対して、 まず戦わなくてはなりません。 同時に、それに対して対策行 …

no image

パワハラ・職場いじめ被害者が、副業コーチとなるためのマーケティング基礎

パワハラ被害者が、副業コーチを始めるためには、マーケティング知識が必要です。 もしあなたが、パワハラを受けていて、副業を始めたいと思っているなら、ぜひご覧ください。 今回の内容は基礎ではありますが、だ …

no image

「未熟な私が、プロと称してもよいのか」論について

独立・起業に向けて動き始めると、疑問が出てきます。 「未熟な私が、報酬をいただいてもよいのか」、もしくは「未熟な私が、プロと称してもよいのか」という疑問です。 これは、実は同じ問題です。実務上、プロと …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。