パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラに対して「立ち止まる」は最悪の選択肢

投稿日:

【1】「立ち止まる」は、現状維持のための選択肢

「戦う」「逃げる」「立ち止まる」の3つの選択肢のうち、「立ち止まる」は現状維持のための選択肢です。

正常な組織であれば、「立ち止まる」によってパワハラが解決することもあります。

誰かが匿名でハラスメント対策室に通報をしたり、加害者に対して注意をしてくれることで、自然と治癒するのです。

ですが、それがない職場にいるならば、現状維持は最悪の選択となります。

 

【2】現状維持では、エスカレートする

パワハラを受けていて、かつ、組織がそれを放置すれば、必ずパワハラはエスカレートします。

加害者がパワハラに飽きてしなくなるということは、まずありません。

パワハラは無視から陰口になり、陰口が悪口になり、悪口が暴言になります。

放置すればするほど、より直接的なものへとエスカレートするのです。

 

【3】「戦う」または「逃げる」を選ぼう

「立ち止まる」では、現状維持です。

そして、現状維持ではエスカレートするだけです。

そこから脱出するには、リスクを取って「戦う」か「逃げる」かをしっかりと選ぶ必要があります。

どちらの選択肢を選んでも、当然、リスクはあります。現状維持をしない選択肢には、リスクはつきものです。

 

【4】ノーリスクでの、現状打破はできない

ノーリスクで現状を打破することはできません。ノーリスクでパワハラをなくすことはできないのです。

あなたがリスクをとって行動を起こすからこそ、現状を変えていくことができます。

リスクを取らなければ現状維持が続きます。それによってあなたは短期的には、大きな損失はないでしょう。しかし、その損失は長期的になり、長期的にあなたの心身を蝕むことになります。

リスクをとって動き出せば、現状が変わります。周囲の人も味方になってくれる可能性もあります。取るリスク以上の結果が生まれる可能性があるのです。また、あなたも自己肯定感を高めることができるでしょう。

ぜひ、適切にリスクを取るという選択肢を選んでください。適切にリスクを取り、適切な行動を続ければ、パワハラを脱出することはできるのです。「立ち止まる」という選択肢だけは取らないでください。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラの恐怖を乗り越えるためにするべきこと。

恐怖を乗り越えるために、動き続けることが大切です。 恐怖は基本的には行動を起こすための準備をする感情です。ですから、行動を起こしたほうが気持ちが落ち着きます。だから、何でもいいので動き続けましょう。 …

no image

コーチングとアサーションの違い

「コーチングとアサーションの違いって何ですか?」という質問がありました。 まったく違うのですが、抽象的に話してもわかりにくいでしょう。 私がサポートしているパワハラ問題の例で言います。   …

no image

パワハラはやっぱり許せない。

 EXILEの所属事務所のパワハラ騒動が、    ニュースで取り上げられていました。    http://asajo.jp/excerpt/14214   《しかし、報道があってか …

no image

「脳と心」の使い方を応用して、仲間や味方をつくる

電子書籍『パワハラによる孤立から脱出する方法』に、5つ星レビューを頂きました。 http://amzn.to/2qh4IhP コーチングは、人間の「脳と心」の使い方を学ぶものです。 ですから、それを応 …

no image

いつでもできる心理テクニックを身に付けて、職場いじめから、自分の心を守る。

日々、職場いじめに遭い、 これは本当に辛いことです。   日々、仕事に行くことを思うと身体が拒否反応を示し、 職場についてからも、臨戦態勢を続けなくてはならない。   【1】役立つ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。