パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラに対して「立ち止まる」は最悪の選択肢

投稿日:

【1】「立ち止まる」は、現状維持のための選択肢

「戦う」「逃げる」「立ち止まる」の3つの選択肢のうち、「立ち止まる」は現状維持のための選択肢です。

正常な組織であれば、「立ち止まる」によってパワハラが解決することもあります。

誰かが匿名でハラスメント対策室に通報をしたり、加害者に対して注意をしてくれることで、自然と治癒するのです。

ですが、それがない職場にいるならば、現状維持は最悪の選択となります。

 

【2】現状維持では、エスカレートする

パワハラを受けていて、かつ、組織がそれを放置すれば、必ずパワハラはエスカレートします。

加害者がパワハラに飽きてしなくなるということは、まずありません。

パワハラは無視から陰口になり、陰口が悪口になり、悪口が暴言になります。

放置すればするほど、より直接的なものへとエスカレートするのです。

 

【3】「戦う」または「逃げる」を選ぼう

「立ち止まる」では、現状維持です。

そして、現状維持ではエスカレートするだけです。

そこから脱出するには、リスクを取って「戦う」か「逃げる」かをしっかりと選ぶ必要があります。

どちらの選択肢を選んでも、当然、リスクはあります。現状維持をしない選択肢には、リスクはつきものです。

 

【4】ノーリスクでの、現状打破はできない

ノーリスクで現状を打破することはできません。ノーリスクでパワハラをなくすことはできないのです。

あなたがリスクをとって行動を起こすからこそ、現状を変えていくことができます。

リスクを取らなければ現状維持が続きます。それによってあなたは短期的には、大きな損失はないでしょう。しかし、その損失は長期的になり、長期的にあなたの心身を蝕むことになります。

リスクをとって動き出せば、現状が変わります。周囲の人も味方になってくれる可能性もあります。取るリスク以上の結果が生まれる可能性があるのです。また、あなたも自己肯定感を高めることができるでしょう。

ぜひ、適切にリスクを取るという選択肢を選んでください。適切にリスクを取り、適切な行動を続ければ、パワハラを脱出することはできるのです。「立ち止まる」という選択肢だけは取らないでください。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラをすると、指導力を高めることができなくなる。

指導力を高めたければ、恐怖による指導をしないと決めることです。 少なくとも、減らすと決めることです。 【1】恐怖による指導は誰でもできる 指導相手を脅したり、傷つけたりするのは、誰でもできます。指導に …

no image

「いい人」こそ、自分らしさを大切にするべきだ。

「いい人」は、自分よりも相手を優先しようとします。 その結果、自分らしさを表現できなくなっていきます。   それが、攻撃する側にとっては、 恰好の攻撃材料となるのです。   加害者 …

no image

パワハラは、あなたのセルフイメージについての戦いだ。

パワハラは心理戦です。 そして、より具体的に言えば、これは「あなた」とはどのような人かの戦いです。 加害者は、「あなたは無能」「あなたは仕事ができない」などと決めつけてきます。そして本人は、あなたが本 …

no image

労働局に相談することを躊躇したら、このことを思い出そう

メルマガで、 ”労働局に相談しよう”と書きました。   すると、複数の方から、 本当に労働局に相談してもよいのかと ご質問を受けました。   このお気持ちは、よく分かります。 なぜ …

no image

パワハラをエスカレートさせない、簡単で効果的な方法

パワハラを受けて、その場で適切に対処できる人は多くありません。「言い返そう」と心に決めていても、できないことのが普通です。 まずはその場でメモ帳を取り出すことから始めてください。メモ帳にメモしている姿 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。