パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ加害者の言葉は、事実ではなく、意見に過ぎない。

投稿日:

【1】パワハラ加害者の言葉は、事実ではなく、意見に過ぎない。

パワハラ加害者の言葉は、事実ではありません。

加害者があなたに対して「無能だ」と言ったとしても、あなたが無能だということにはなりません。

それは単なる「意見」に過ぎないんです。

パワハラをするような人の意見を、あなたがそこまで尊重してあげる必要はありません。

【2】加害者の言葉は無視するのではなく、記録する

加害者の言葉は単なる意見にすぎません。

しかし、それを無視することはできないでしょう。

暴言を吐かれたら、傷ついてしまうのは仕方がないことです。

だから、気にしないようにすることは、お勧めしません。

気にしないようにするのではなくて、記録しましょう。

加害者の暴言内容を、できるかぎり正確にメモするんです。

それが証拠となります。

【3】証拠が多いほど、選択肢が広がる

パワハラ問題では、証拠はとても重要です。

証拠が多ければ多いほど、取り得る解決策が増えるからです。

証拠が多ければハラスメント対策部署も動かしやすくなります。労働局を味方に付けることもしやすくなります。法律家も法的手段を検討しやすくなります。証拠は多ければ多いほどよいのです。

パワハラを受けたら、誰でも傷付きます。

何も知らない人は「気にするな」とか「そんなことは、無視したほうがいい」と簡単に言います。

しかし、それができるなら苦労はしません。気になってしまうから、苦しいんですよね。

気にしたくなくても気になってしまうものなんです。

それなら、むしろ記録に残してやりましょう。証拠として残してやるんです。

被害内容を、できるかぎり詳細にメモしてあげましょう。

これに登録すると無料ダウンロードできる「被害メモテンプレート」を参考に、メモしてください。

加害者から受けた被害は、全部記録に残してやりましょう。言われたこと、されたことなど、あなたが傷ついた言動はすべて記録に残してやるんです。

パワハラ加害者が言い逃れができないように、証拠をたくさん集めましょう。

加害者の「意見」を、証拠という「事実」として残してやってください。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

【副業・起業】クライアントに、自分の情報に関心をもってもらうためにするべきこと

発信した情報のほとんどは、スルーされるもの。 だから、自分が味方にしたい人が、何に関心を持っているのかを考えることは大切。相手が昇給に興味があるのか、職場の雰囲気に関心を割いているのかなどを知っていれ …

no image

パワハラに対して「立ち止まる」人は、パワハラから脱出できない。

パワハラを受けたときに「立ち止まる」というのは、無意識の習性の1つです。コーチングでは「アティチュード」と呼ばれます。 これは”意識しなければそのような判断をしがちである”という、判断の習性の1つです …

no image

スピード起業・副業に役立つ「公開コミュニケーション」

パワハラ被害者の副業・起業には、スピードが大切となります。 そのときに大切となるのが、クライアント対象との「公開コミュニケーション」です。   たとえば、ツイッター上ではリプライというものを …

no image

パワハラ加害者に罪悪感はないので、耐えればエスカレートする。

被害者は「自分が悪い」と考え、加害者は「お前が悪い」と考えます。 パワハラはこの構図ですので、耐えるようになると必ずエスカレートします。 耐えることで問題解決にはならないのです。 — 三國雅洋:パワハ …

no image

反省なんかしなくてもいい。

パワハラなど、職場ハラスメントを受けていると、 どうしても、「自分が悪いのでは?」と、 思いますよね。   「こんなことをされるのは、 何かしら、自分が気に入らない部分があるからだ。」と、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。