パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

法律関連 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラを受けて、体調を崩し始めたらどうすればよいのか?

投稿日:2016年9月24日 更新日:

パワハラを受けて体調を崩し始めたら、

一体どうすればよいのでしょうか?

 

これについては、私の結論は1つです。

 

【1】体調を崩し始めたら、猶予はない

パワハラというのは、公になった時点で緊急事態です。

そもそもパワハラは、公にならないようにされるもの。

 

隠れて行われるものが、公になってきたということは、

パワハラ行為が一層ひどくなったか、

被害者が被害を隠し切れなくなったか、

パワハラ行為が当たり前になってしまったか、です。

 

いずれにしても、被害者にとっては緊急事態にあることは変わりません。

 

【2】公になって放置された時点で、その会社は×

パワハラが公になっているのに、

改善する動きが出てこないとしたら、

その会社はもうダメです。

 

自浄作用が働かない会社ですから、

長期的な未来はありません。

 

つまりは、あなたが耐えたところで、

パワハラがなくなる見込みは、ゼロに等しい。

私の経験上、エスカレートするのが通常です。

 

【3】辞める方法を一緒に考えよう

体調を崩しだしたあと、

そのまま耐え続ければ、

ほぼ間違いなくうつ状態に追い込まれます。

 

うつ状態に一旦追い込まれると、

そこから回復するには、多くの場合は長い時間がかかります。

 

ですから、すぐにでも辞めてほしいというのが、私の本音です。

 

もちろん、辞めるのは簡単ではありません。

しかし、ただ耐えるだけで、状況が改善することはありません。

 

ですから、一緒に辞めるための方法を考えましょう。

辞めることができる状況を、一緒に作っていきましょう。

 

あなたならできます。

会社を辞めざるを得ないところまで、自分を追い込まないでください。

会社を辞めることができる状態を目指して、一緒に動いていきましょう。

 

 

20160804

-法律関連, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パワハラ・職場モラハラについて、味方を作ろう。

パワハラ・職場モラハラから脱出したいとき、 意識して作ってほしいものが2つあります。 味方 証拠   この2つのうち、いずれかがないと ただ耐えるという選択を 選びがちになります。 &nbs …

no image

パワハラ・職場いじめの責任は、会社にもある!

パワハラを放置する会社は、 安全配慮義務違反として、 民事上の損害賠償責任を負う可能性があります。   つまりは、法的にも、 会社にはパワハラに対処するべき義務があるのです。   …

no image

【雑記】パワハラに遭っているときは、「自己開示」が役立つ

今日も22時から、YOUTUBEライブで「パワハラに負けない!ライブ講座」をしようと思います。 今日のテーマは、やはり「自己開示」になると思います。 いかにして、自己開示をすることでどんなよいことがあ …

no image

会社の上司から暴力を受けた場合の、対処法

パワハラの類型の1つに、「身体的な攻撃」というものがあります。 ”上司から、物理的な暴力を受ける”というものが、典型例となります。 今回は、転職ができないという状況だと仮定して、この暴力にどう対応して …

no image

パワハラ被害者こそ、エフィカシーを上げる技術が必要となる。

コーチング用語に、「エフィカシー」というものがあります。 これは、「自己のゴール達成能力の自己評価」と定義されます。   このエフィカシーをいかに上げるかが、パワハラから脱出できるかどうかの …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。