パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

重要で”ない”分野のゴールを立てることで、辛い現状を抜け出せる。

投稿日:2017年5月3日 更新日:

現状から抜け出したいときに大切となるのが、ゴール設定です。

 

目的地を決める、到着点を決める、と言ってもよいでしょう。

ゴールがあるからこそ、現状を抜け出すためのモチベーションが生まれます。

 

そして、同時に大切なことが、今の自分にとって重要で”ない”分野のゴールを立てることです。

自分にとって重要でないゴールを立てることで、問題解決がしやすくなるからです。

George Salmon (Provost)Creative Commons License Michael Coghlan via Compfight

【1】人間は、重要な情報だけを認識に上げる

人は、現状の自分にとって重要な情報だけを認識に上げています。

たとえば、誰でも自分の鼻の頭が視界に入っています。

しかし、それを一日中、認識に上げている人はほとんどいません。

なぜなら、それは現状において重要な情報ではないからです。

 

【2】認識できないなら、現状の自分にとって重要ではない

問題の解決法についても、同じことが言えます。

もし解決策が認識できないのだったら、その解決策は”現状の自分にとっては重要でない”のです。

少なくとも、現状の自分にとっては重要とは、思えないのです。

そのため、もし解決策を教えてもらったとしても、すぐに忘れてしまうようになります。

 

【3】「現状の自分にとって、重要でないゴール」の重要性

だからこそ、意図的に現状の自分にとって重要でないゴールを、立てることが重要なのです。

辛い状態にいるとき、辛い状態の後のことは重要ではないと思うかもしれません。

まずこの状況をなんとかしたい、と思うでしょう。

ですが、だからこそ、乗り越えたあとについて「こうなっていたい」というゴールを設定すべきです。

 

同様に、辛い状況にあるときは、趣味のゴールを立てる余裕などないと思うかもしれません。

だからこそ、趣味のゴールを立てるべきなのです。

 

現状の自分にとって重要でないゴールを立てるからこそ、今まで認識できなかったことが、認識できるようになります。

現状の自分にとって重要でないゴールを、立てましょう。

そして、そのゴールの実現に向けて動き出しましょう。

すると、新しい解決法が見えてくるようになります。

無駄なこと、無理だと思うことにこそ、取り組んでみてください。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラの証拠を使って、仲間を集める

パワハラ解決に向けて行動を起こすときに大切となるのが仲間です。 仲間が多ければ多いほど証拠を集めやすくなりますし、精神的にも強くいられます。 しかし、一般的にはパワハラ被害者は孤立させられますし、そも …

no image

パワハラから逃れることを、諦めてはいけない。

《「自分で考えることを放棄したら、すでにある道を進むしかない。」》 (時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人 SMARTCUTS』)   ハイネマイヤー=ハンソンという人の言葉 …

no image

加害者に対して心理的に優位に立つために、パワハラに関する法律を知っておく。

パワハラから脱出する場合に、法律そのものを使うことは、ほとんどないはずです。 そもそも、パワハラは法律上は定義されていません。 それでも、パワハラに関連する法律を知っておくのは、心理的に優位に立つため …

no image

パワハラ解決に役立つことは、全部同時に実行する。

解決策は、全部同時に並列的に実行しましょう。   目的地を設定し、許容損失を設定して、 そこから解決策を出したのなら、 全部同時に実行していくのです。   【1】取りうる解決策は、 …

no image

パワハラの対処に「どうすれば?」に迷っている人に知っておいてほしいこと。

パワハラにおいて「上司に相談したが何もしてくれなかった」は、日本全国で起きている現象ですが、上司に相談したからこそ社内窓口に相談しやすくなります。 できることを1つすることが、次にできることを増やして …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。