パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラに負けないために、「職場内の優位性」から逃れる準備をしておく。

投稿日:2017年5月2日 更新日:

パワハラは「職場内の優位性を背景」にした、あなたに対する攻撃です。

ですから、「職場内の優位性」の影響を受けない状態を作れば、パワハラは受けなくなるのです。

つまり、”会社をいつでも辞めることができる状態をつくること”が、パワハラに負けないためには必須です。

 

【1】「職場内の優位性」は、どこにあるのか

加害者の、パワーの源は何でしょうか。

加害者はどのような「職場内の優位性」を持っているのでしょうか。

あなたが、加害者に対抗しようとするときに、躊躇してしまう理由は何でしょうか?

 

まずは、この点を明確にしてみましょう。

たとえばそれが、ただ「すぐに怒鳴って怖いから」であれば、いくらでも対応策はあります。

しかし、それが「会社の人事権を握っているから」であれば、もっと根本的な対抗策が必要です。

 

【2】職場外にいつでも出られるようにしておく

パワハラは、職場内の優位性を背景にしたものです。

ですから、職場外にいつでも出られるようにしている人は、パワハラを受け続けたりはしません。

「こんな会社、いつでも辞めてもいいんですよ」と思っている人は、パワハラを我慢したりはしないのです。

ですから、会社外に出られる準備をしておくことはパワハラ解決において大切なことです。

少なくとも、転職サイト、転職エージェントへの登録はしておくべきです。

 

【3】理想的なゴールを目指す

現在の会社を辞めようとすると、さまざまなデメリットが思い浮かぶでしょう。

たとえば、転職をする場合給料が下がる可能性がありますし、その職場がパワハラ職場である可能性もあります。

 

ただ、理想としては高く持っておくべきです。

なぜなら、パワハラ被害を受けているときは、ただでさえ視野が狭くなるからです。

ゴールを意図的に高く持つことで、視野を高くもつようにするのです。

 

長期的に考えたとき、現在の職場にいることが本当によいことなのか。

これを考えるには、まずは視野を高く持つ必要がありますので、まずはゴールだけでも高くもっておきましょう。

 

そして、高い視野を維持しながら、「職場内の優位性」から逃れる方法を考えましょう。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パワハラを防止すると、利益も上がる。

【1】抑圧的な企業分化が、利益を下げる 抑圧的な企業文化がある組織と、 自主的な企業文化がある組織では、 利益率で、750倍もの差が出たという、 統計調査があるようです。   【2】常識的に …

パワハラ・職場モラハラの加害者は、がん細胞である。

パワハラ・職場モラハラが放置される職場に 未来はありません。 一刻も早く、その職場から抜け出すことを 考えるべきです。   どうやったら加害行為をストップさせるかよりも、 どうやったらその職 …

no image

パワハラに対して、在職中の法的手段は本当に役に立つのか?

パワハラに対して「パワハラで訴えればいい」という人がいます。 しかし、それは本当に解決に結びつくのでしょうか? 【1】パワハラの法的責任 パワハラに対して、法的責任を負うのは会社と加害者です。 会社は …

no image

善人も、5日間で、悪人になれる。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】  人は、簡単に変わります。  たった5日間で、自らの哲学さえ変わるのです。 「THE WAVE」というドイツ映画があります。  これは、もともとはアメリカで実際に起きた事件をもとに作られた …

パワハラ・職場モラハラを打破するために、小さなこと、些細なことにこそ、反撃をしていく。

パワハラ・職場モラハラの解決において、 もっとも難しいのが周囲の理解を得ることです。   パワハラ・職場モラハラは、 多くの場合、小さな小さな攻撃の積み重ねです。   そのため、そ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。