パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

【独立・起業】「ストック」になる情報発信を心掛ける。

投稿日:

経営において重要とされる概念の1つに、「フロー」と「ストック」があります。

誤解を恐れずに言えば、フローとは「流れているもの」、ストックとは「貯まっているもの」です。

独立・起業に向かうときには、大量の情報発信が必要です。

しかし、その大量の情報発信をフローにしてはいけません。

重要なことは、発信した情報を「ストック」にしていくことです。

Castlewood Canyon WaterfallCreative Commons License Rich via Compfight

【1】フローの情報発信と、ストックの情報発信

少なくともこの記事をご覧のあなたは、毎日のように検索をしていると思います。

検索エンジンが生まれたおかげで、私達は自分にとって有益な情報をすばやく入手できるようになりました。

これは、インターネット上に情報がストックされているからこそ、可能となった現象です。

 

 

同時に、インターネット上にはさまざまな情報が、流れていきます。

一番わかりやすいのがTwitterでしょう。

新しい情報がどんどん出てきて、そしてインターネットの奥底に落ちていきます。

たった140文字の情報ですので、簡単には有益なツイートとはなりません。

 

Facebookでの情報発信も、フローです。

Facebookは、Facebook内部での情報を検索することを許していません。

ですから、Facebookで発信した情報は、基本的には一期一会のものとなります。

 

【2】TwitterやFacebookは、フロー型

TwitterやFacebookは、フロー型の情報発信です。

つまり、基本的には発信した情報は、一期一会のものとなります。

あなたが情報を発信した時に、リアルタイムで受け取った人のものと言えるでしょう。

 

 

ですから、クライアントとの交流には、とても役立つ情報発信ツールです。

 

一方で、そもそもが情報をストックすることを想定したツールではありません。

つまり、ストックを増やすことには使い勝手が悪いのです。

 

【3】ブログやYOUTUBEは、ストック型

ブログやYOUTUBEは、ストック型です。

情報がインターネット上にストックされ、検索されることを前提としています。

そのためリアルタイム性に欠けてしまい、クライアントとの交流にはあまり向きません。

しかし、一度情報発信をすれば、時間と場所を超えて情報を届けることができるのです。

ですから、ストック型の情報発信をすればするほど、あなたの情報が誰かに届く可能性が高くなります。

その名のとおり、あなたのストックとなるのです。

 

【4】フローをストックに変える

ストックが多くなればなるほど、あなたは誰かに貢献ができるようになります。

ですから、「いかに発信情報のストックを増やすか」が、大切なのです。

 

では、どうやってストックを増やすかという点で、覚えておいてほしい考え方があります。

それは、「フローをストック化する」という考えです。

 

たとえば、Twitterで発信した情報を使ってブログを書いたとします。

すると、Twitterでのフローの発信情報が、ブログによってストック型に変わるのです。

これはFacebookでも同じです。

Facebookで書いたことを、YOUTUBE動画にするだけでフローがストックになります。

 

そのようにして、フロー情報を、ストック情報に変えていきましょう。

ストックが増えれば増えるほど、あなたの発信した情報が、多くの人に届くようになります。

 

独立・起業において大量の情報発信は大切ですが、フローにしないように気を付けましょう。

フローの情報発信をするのは構いませんが、必ずストックに変えるという意識を持っておきましょう。

 

 

 

 

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

パワハラに対して怒りにまかせて反撃するのは得策ではないが、何もしないよりは絶対にいい。

パワハラに対して声を上げ、状況改善に向けて行動を起こすのは、本当に勇気がいることです。 ですから、たとえそれが怒りに任せた突発的なものであっても、声を上げることができたなら素晴らしいことです。 後悔す …

no image

パワハラ加害者に対する怒りを行動に結びつけられたら、とてもいい。

パワハラ被害に遭ったとき、加害者に対して怒りを持つのは自然なことです。「許せない」と思うのが自然であって、「許してあげよう」と思うほうが不自然です。 加害者を許す必要なんてないんです。むしろ、報いを受 …

no image

パワハラに対して、組織は事実認定を重視しすぎている。

パワハラにおいて、組織が加害者にどのように対応するかが、とても大切です。 加害者への働きかけを放置するのは論外ですが、もっとも一般的な対応はこれです。 つまり、「あの人に何を言っても変わらない」と言っ …

no image

あなただから提供できる価値がある。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

「パワハラ系有能上司」から追い込まれた 「なかなかヘビー」な被害体験とは近年問題化することが増えてきている「パワハラ」。問題が表面化すればパワハラを起こした当事者が責められ…… …

no image

「パワハラ」に関して知っておきたい、法律知識

パワハラは、法律用語ではありません。 法律用語でないというのは、法律で定義されていないということです。 そのため、パワハラへの対応には、個々の法律に基づくしかありません。 それは民法、刑法、労働基準法 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。