パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

トラウマを克服して、強みに変える 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

パワハラ被害経験者だから、わかること。

投稿日:2016年7月18日 更新日:

 私自身も、パワハラ被害を受けた経験があります。

 

 

 

 だからこそ、わかることがあります。

 

 

 

 一般的に、パワハラ問題は、

 

「被害者側のコミュニケーションの問題だ」と言われたり、

 

「お前にも責任がある。」と言われたりします。

 

 

 

 しかし、

 

 これはあまりにも、現実を知らない人たちの言葉です。

 

 

 

 私を含め、

 

 パワハラ被害者は、

 

 パワハラを受けないように、

 

 さまざまな努力をします。

 

 

 

 加害者側に従順に従ってみたり、

 

 今まで以上に丁寧にあいさつをしたり、

 

 今まで以上に仕事の成果を上げようとしたり、

 

 本当にいろいろと、試しているのです。

 

  

 

 では、それをすればパワハラが収まるかと言えば、

 

 そうではありません。

 

 

 

 加害者は調子に乗って、一層、パワハラを行ってきます。

 

 

 

 基本的には無視から始まり、

 

 孤立化させられて、

 

 仕事を奪われて、

 

 陰口・悪口を言われるようになり、

 

 その陰口が表面化してきて、

 

 最終的には直接、言われるようになります。

 

 

 

 私も、仕事を奪われるところまでは行きました。

 

 

 

 ですから、

 

 パワハラ問題を、

 

 コミュニケーションの問題と捉える人は、

 

 きっと自分がそのような状況に置かれたことがない人なのだと、

 

 思わざるを得ません。

 

 

 

 ちなみに、

 

 私のクライアントには、

 

 臨床心理士も数名います。

 

 

 

 コミュニケーション能力の問題ではなく、

 

 パワハラは発生するのです。

 

 

 

 ですから、

 

 あなたがパワハラを受けているとしても、

 

 自分のコミュニケーション能力について、

 

 悩む必要はありません。

 

 

 

 簡単に言えば、加害者側の問題なのですから、

 

 あなたが悩む必要はないのです。

 

 

 

 少なくとも、

 

 あなたが自己肯定感を下げる必要はありません。

 

 自分を責めないでくださいね。

 

 

 

 

-トラウマを克服して、強みに変える, 職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

転職・起業を決める。【職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する】

【理論編】  メンタルコントロールの技術を身に付けても、  パワハラ・職場いじめに耐えられる期間は、  長くて1年です。    その期間内に、どれだけ準備を整えることができるかが、勝負です。  できる …

no image

パワハラ被害者は”自分が悪いのではないか”と思うと、負のスパイラルになる。

パワハラ・職場いじめを受けているときに、”自分にも悪いところがある”と考え始めると、思考が負のスパイラルに入りやすいで、お勧めしません。 ”私はこのような扱いを受けるべき人ではない”と本気で思ってこそ …

no image

ビジネス初心者の情報発信においては「かっこよさ」よりも「わかりやすさ」を重視しよう。

パワハラ解決アドバイザーの三國雅洋です。 パワハラ被害で困っている人が副業・起業をする人にとって、この記事が参考になれば幸いです。 今回は、ビジネスにおける情報発信は「かっこよさ」よりも「わかりやすさ …

no image

結局、労働局は何をしてくれるのか。

複数の方から、 「結局、労働局は 何をしてくれるのですか?」という ご質問をいただきました。   先に結論を書くと、 指導・助言です。   つまり、言葉で叱ってくれるだけです。 & …

no image

メンタルが弱い人なんて、いない。【トラウマを克服して、強み(稼ぎ)に変える】

本田望結 「今年はメンタルを強くしたい」と大人顔負けの抱負をしっかり去る12月3日に行なわれた「オスカープロモーション晴れ着撮影会」に本田望結さんが出演し、新年に向けて……&# …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。