パワハラ脱出プロジェクト|福井県敦賀市パワハラ問題解決の専門家による被害者のための総合情報提供ブログ

福井県敦賀市のパワハラ解決コンサルタント(行政書士・コーチ・コンサルタント)による、被害者のための総合情報提供サイト

職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

【独立・起業】フローをストックに、ストックをフローに。

投稿日:

独立・起業においては、「フローをストックに、ストックをフローに」が合言葉です。

日々の活動は、ほぼすべて「フロー」ですが、それをいかに「ストック」にしていくか。

そして、「ストック」をいかに「フロー」に変えていくか。

この2つを常に意識することで、雪だるま式に生産量を増やすことができます。

Bath TimeCreative Commons License Bob Jenkin via Compfight

【1】フローをストックにする

日々の活動は、フロー(流れていくもの)です。

たとえば、毎日、顔を洗い、歯磨きをしても、そこに明確に残るものはありません。

仕事をしても、過去のマニュアルに沿って活動を行うだけならフローです。

日々の活動を、マニュアルに反映させて初めて、会社としてはストックとなります。

 

独立・起業を目指すときの情報発信も同じです。

ツイッターでどれだけツイートしても、それはフローです。

Facebookでどれだけ記事を書いても、それはフローです。

それらをブログやYOUTUBE動画とすることで、ストックとなります。

 

フローをストックに変えることで、ストックをどんどん増やしましょう。

 

【2】ストックをフローにする

フローをストックにすることは、独立・起業においては日々考えることです。

日々のマーケティング活動をストックに変えることは、特に意識しておく必要があります。

しかし、それだけでは不十分です。

 

ストックをフローに転換することも、心掛けましょう。

たとえば、ブログ記事やYOUTUBE動画をツイッター、Facebookに掲載しましょう。

 

ストックをフローに転換することで、ストックは活かされるのです。

 

【3】新しいフローを作る

日々のフロー活動をストックに変えていくと、ストックがどんどんたまっていきます。

同時にストックをフロー活動に転換していくことをすると、ストック-フロー転換だけで、毎日を終わらせられるようになります。

これはつまり現状への最適化が済んでしまった状態です。

フローからストックが増えない日々であり、何をしても面白くない日常の始まりです。

 

そうならないためにも、常に新しいフローを作っていきましょう。

新しい挑戦を始めるのです。

そして、また新しいフローをストックに変える日々を始めましょう。

 

そうすることで、またストックを急激に拡大することができるようになります。

 

まずはフローをストックに、ストックをフローにして、日々のフローとストックを最大活用する。

そして、フローとストックからもう得られるものがないと思ったら、新しいフローを作る。

 

このフロー、ストックの活動を意識してみましょう。

これだけで、やるべき活動が大きく変わってくるはずです。

-職場いじめ・嫌がらせ・パワハラを克服する

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

自己評価が高い人だけが、パワハラに対抗しつづけられる。

自己評価というのは、現実においても大切。 自分を低く評価している人は行動を起こせないし、続けられない。 反対に、自己評価が高い人は積極的に行動を起こすし、障害があっても簡単にはあきらめない。 — パワ …

no image

能力否定は、「精神的な攻撃」に該当するパワハラ

「無能」、「仕事ができない」など能力否定は、「精神的な攻撃」という類型のパワハラです。 厚生労働省は、パワハラについての定義を出すとともに、パワハラの類型を出しています。 その中で、「精神的な攻撃」の …

no image

パワハラを相談するときに、必要な証拠とは?

パワハラ・職場いじめ・嫌がらせについて相談するときには、 どのような証拠が必要かはご存知でしょうか? 今回は、行政書士として、必要な証拠の集め方についてご説明します。   【1】証拠の基本は …

no image

いじめは必ずしも犯罪ではないが、相談したくなるレベルは、ほぼすべて犯罪。

知っておくべき! 子ども同士のいじめ問題に弁護士が必要なワケこんにちは、佐原チハルです。 “弁護士”というと、自分の生活にはあまり関係のない職業のように感じら……… …

no image

パワハラの報復が怖いなら、徹底的に仕返ししておく。

無料個別相談会のリンクです。 ⇒パラハラから脱出する現実的な解決策を知りたい方は、こちら   パワハラに対抗したいけれど、報復が怖い。 このような感覚を持つのは、正常なことです。 ですが、そ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。